2pac(トゥパック)の人気曲ランキングTOP20!【名曲やアルバムも!】

2pac(トゥパック) 人気曲ランキング

今回は伝説的なHIP HOPアーティスト2Pac(トゥパック)代表曲についてご紹介していきます。個人的にめちゃくちゃ好きなアーティストなので興味のある方はより好きになっていただき、知らない方はこの機会にお気に入りの曲を見つけていただけると幸いです。

今更聞けない!?2Pac(トゥパック)とは?

まずは出身や誕生日・経歴について紹介します。
2Pacは1971年生まれ、ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム地区の出身で91年にラッパーとしてデビューしています。
92年には俳優としての才能も発揮し、映画「Juice」に主演します。
東西抗争が続く96年に銃撃に遭い、若くして死亡します。25歳の頃でした。
伝記映画「ALL EYEZ ON ME」では彼の生涯や死の裏側を紐解いています。
死後も人気は衰える事なく、未発表音源など多くの作品がリリースされています。一方で楽曲の所有権問題が起きた事も報道されています。
彼に影響を受けたと語るラッパーは数え知れず。90年代を代表するヒップホップアーティストの1人です。

2pacのすごさはどんなところ?

2pacの死後も尚、彼のファンは増え続けています。
魅力の秘訣はまず、リスナーの興味を引く楽曲トピックの多さです。
ハードな曲からメロウな曲まで、2pacの得意ジャンルです。加えて、卓越したラップスキルも挙げられます。
抜群のリズム感で歌うリアルな描写は、簡単には真似できません。
そこにDr.Dreをはじめとした一流プロデューサーが加われば高いクオリティの楽曲が生まれる事も必然でしょう。
壮絶な人生を送った彼のラップミュージックは聴き手を引き込む要素をたくさん持っています。

2Pac(トゥパック)の人気曲ランキング

ここからはおすすめランキングTOP20を紹介していきます。ランキングはYoutubeの再生回数やアップルミュージックのランキング・おすすめを参考にしています。曲紹介は10位までしており、ランキングは25位まで掲載しています。
10位以下は動画は添付しておらず本文内のテキストを押すとオフィシャルYoutubeにリンクします。

順位 タイトル YouTube再生回数 Appleミュージックランキング おすすめ
1位 Hit ‘Em Up 4.6億再生 3位 ★★★★
2位 California Love 3.5億再生 1位 ★★★★★
3位 Dear Mama 3.2億再生 4位 ★★★★
4位 Changes 2.3億再生 5位 ★★★★★
5位 Hail Mary 2.2億再生 7位 ★★★
6位 Ghetto Gospel 1.5億再生 10位以下 ★★★★
7位 Ambitionz Az A Ridah 8716万再生 2位 ★★★
8位 Life Goes On 1.3億再生 10位以下 ★★★★
9位 I Get Around 7008万再生 10位 ★★★★★
10位 Brenda’s Got A Baby 4606万再生 10位以下 ★★★
11位 All Eyez On Me 3974万再生 9位 ★★★★
12位 Do for Love 3450万再生 10位以下 ★★★★★
13位 So Many Tears 3098万再生 10位以下 ★★★
14位 Pac’s Life 2289万再生 10位以下 ★★★★
15位 I Ain’t Mad At Cha 2153万再生 10位以下 ★★★
16位 Keep Ya Head Up 1589万再生 6位 ★★★★
17位 So Many Tears 1416万再生 10位以下 ★★★
18位 Picture Me Rollin’ 1247万再生 10位以下 ★★★
19位 Baby Don’t Cry 1153万再生 10位以下 ★★★★
20位 Me And My Girlfriend 930万再生 10位以下 ★★★
21位 How Do U Want It 735万再生 8位 ★★★
22位 To Live And Die In LA 635万再生 10位以下 ★★★
23位 Can’t C Me 685万再生 10位以下 ★★★
24位 2 Of Amerikaz Most Wanted 674万再生 10位以下 ★★★
25位 2 of Amerikaz Most Wanted 675万再生 10位以下 ★★★

1位:Hit ‘Em Up

再生回数 4.6億再生
AMランキング 3位
おすすめ ★★★★

アルバム「Greatest Hits」収録。96年リリース。客演:Outlawz。
The Notorious B.I.G へのディスソングです。

実名で容赦なく罵る冒頭のラップパートは、一聴の価値ありです。
バックトラックに噛み付く様な、2pacのライミングに圧倒されます。
2人のビーフが非常にハードだった事が伝わります。
一説ではB.I.Gがアンサー曲を返さなかった理由は、2Pacとの和解を望んでいた為とされています。
※ディスソング=相手を否定する曲
※ライミング=韻を踏みラップする事
※ビーフ=お互いを挑発しあいケンカをする事

2位:California Love

再生回数 3.5億再生
AMランキング 1位
おすすめ ★★★★★

アルバム「Greatest Hits」収録。95年リリース。客演:Dr.Dre、Roger Troutman。
出所後のカムバック曲、Joe Cockerの「Woman to Woman」をサンプリングしています。
Roger Troutmanの歌うサビ部分は聴き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
とにかくノリの良いカリフォルニア賛歌は、20年以上経った今も色褪せません。
収録アルバムの「Greatest Hits」は500万枚以上のセールスを記録しました。
※サンプリング=過去の曲や音源の一部を流用し、再構築して新たな楽曲を製作する音楽製作法

3位:Dear Mama

再生回数 3.2億再生
AMランキング 4位
おすすめ ★★★★

アルバム「Greatest Hits」収録。95年リリース。
母への想いを綴った名曲、「Dear Mama」。
2Pacと母・アフェニ・シャクールの関係は順風満帆とは言えずその様子は映画「ALL EYEZ ON ME」の中でも描かれています。
ドラッグに溺れたアフェニの更生をきっかけに作った曲であり愛に溢れた歌詞は多くのリスナーの心に響きました。
Joe Sampleの定番曲「In All My Wildest Dreams」をサンプリングしたメロウなトラックも聴きどころです。

4位:Changes

再生回数 2.3億再生
AMランキング 5位
おすすめ ★★★★★

アルバム「Greatest Hits」収録。98年リリース。
Changesは2Pacの死後にリリースされた未発表曲です。各国のチャートでトップ10入りし、代表曲の1つとなりました。
Bruce Hornsbyの「The Way It Is」をサンプリングした疾走感のあるビート上で、人種差別について歌います。
ピアノの美しいメロディが、彼のメッセージをより際立たせます。

5位:Hail Mary

再生回数 2.2億再生
AMランキング 7位
おすすめ ★★★

アルバム「The Don Killuminati: The 7 Day Theory」収録。96年リリース。客演:Outlawz、Prince Ital Joe。
「Hail Mary」も死後に発表されたアルバムからのシングルカット曲です。
アルバムは400万枚以上のセールスを記録しました。鐘の鳴るダークなトラックを、ラップで乗りこなす2pacが印象的です。
意味深な収録アルバムタイトルは、リスナー達に噂をされ生存説が囁かれるきっかけにもなりました。
イタリアの哲学者「Niccolò Machiavelli」の影響を受け当時、2Pacは「Makaveli」と改名しています。

6位:Ghetto Gospel

再生回数 1.5億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

アルバム「Loyal To The Game」収録。04年リリース。
Elton John の「Indian Sunset」を引用したメロウチューンです。自身のコミュニティへ向け、希望を歌詞に込めています。
オーケストラの演奏を思わせる美しいトラックですが2Pacのラップが乗ると、途端にヒップホップへと変わります。
この曲も死後発表された未発表曲です。熱心にラップに取り組んでいたとはいえここまで死後のリリースが続くアーティストはいません。
収録アルバムの総合プロデュースにはEminemが参加し話題になりました。

7位:Ambitionz Az A Ridah

再生回数 8716万再生
AMランキング 2位
おすすめ ★★★

アルバム「All Eyez On Me」収録。96年リリース。
生前最後に発表したアルバムの1曲目を飾る人気曲です。
闇を切り裂く様なスネアドラムが、スリリングに鳴り響きます。
攻撃的な歌詞も迫力満点です。
18年に人気の若手ラッパーJoey Purpがフリースタイルでこのトラックを使用し、最注目されるきっかけになりました。
映画「ALL EYEZ ON ME」の冒頭でもこの曲が流れます。
※フリースタイル=即興でラップをする事

8位:Life Goes On

再生回数 1.3億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

アルバム「All Eyez On Me」収録。96年リリース。
O’Jays「Brandy」をサンプリングした「Dear Mama」に続くメロウソングです。
心地よい女性コーラスが感動を助長します。ストリートの現状を憂う歌詞に心打たれます。
ハードな人生を歌う2Pacですがメロウで聴きやすいバックトラックが多い点も、彼の人気の秘訣でしょう。

9位:I Get Around

再生回数 7008万再生
AMランキング 10位
おすすめ ★★★★★

アルバム「Strictly 4 My N.I.G.G.A.Z…」収録。93年リリース。客演:Shock G、Money-B。
この曲を収録した2ndアルバムは、プラチナディスクを獲得しました。性的な内容の歌詞は、賛否両論がありました。
しかし、それ以上にノリの良いこの曲は人気が高く多くのアーティストがカバーしてきました。
2pacにはカバーやオマージュなどの関連曲が多くあり聞き比べる事で面白みが増します。

10位:Brenda’s Got A Baby

再生回数 4606万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★

アルバム「2PACALYPSE NOW」収録。91年リリース。
若者の妊娠、出産について歌う、この曲には悲しい結末が待っています。その様子はPVでも描かれています。
罪のない犠牲者を生むコミュニティの現状は、彼のラップテーマの一つです。
心境を吐露する為にも、ラップをアウトプットの手段として選んだのではないでしょうか。
一貫してリアルなストリート事情を歌う姿勢に支持が集まる事は納得できます。
収録アルバムのタイトルは地獄の黙示録をもじっています。

11位:All Eyez On Me

再生回数 3974万再生
AMランキング 9位
おすすめ ★★★★

【公式】All Eyez On MeのPV動画はこちら>>

12位:Do for Love

再生回数 3450万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★★

【公式】Do for LoveのPV動画はこちら>>

13位:So Many Tears

再生回数 3098万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★

【公式】So Many TearsのPV動画はこちら>>

14位:Pac’s Life

再生回数 2289万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

【公式】Pac’s LifeのPV動画はこちら>>

15位:I Ain’t Mad At Cha

再生回数 2153万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★

【公式】I Ain’t Mad At ChaのPV動画はこちら>>

その他:2Pac(トゥパック)について

先ほどまではおすすめの曲のランキングなどについて紹介していきました。
ここからがその他2Pac(トゥパック)についての情報を紹介していきたいと思います。

2Pac(トゥパック)のおすすめのアルバムTOP3

1位 Greatest Hits

2枚組25曲収録。ラップアルバムのベスト盤として史上最高の売上を記録しほとんどの人気曲が収録されています。
その為、2pacの入門編として聴くには充分過ぎるアルバムです。

2位 R U Still Down? (Remember Me)

2枚組26曲収録。未発表曲をまとめた裏ベスト盤とも呼べるアルバムです。
「Greatest Hits」を聴き、物足りない方へオススメの1枚です。

3位 2PACALYPSE NOW

13曲収録。2pacの1stアルバムでありキャリア後期とは雰囲気の違うファンキーな作品です。
ベストアルバム、未発表曲集と聞いた上で、更に深堀したい方はデビュー当時の彼の音源も、チェックしてみてはいかがでしょうか。

2Pac(トゥパック)の死因は?

2pacの死因について、未だ明確な結論は出ていません。
・東西抗争
・銃撃時、同席していたSuge Knightを狙った犯行だった
・社会的な事を歌う彼を、邪魔に思う国家が暗殺した
・生存説
etc…
96年の死後、様々な憶測がファンの間で飛び交っています。
今後も新たな説が噂される事でしょう。
2pacに興味を持っている方には生涯を描く映画「ALL EYEZ ON ME」をオススメします。
背景をよく知る事で、より彼の音楽へ引き込まれます。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須