EMINEM(エミネム)の最強人気曲ランキングTOP30!

EMINEM(エミネム)

今回は恐らく誰もが知っているであろうEMINEM(エミネム)についておすすめ曲や人気曲をランキング形式で紹介していきます。
映画8マイルを見たことがある方や別記事の元気がでる洋楽をまとめ!【新旧ジャンル別に一挙紹介!】でも紹介している Lose Yourselfを知っている方も多いと思うので是非、今回の記事を読んでよりエミネムの素晴らしい曲に触れていただけると幸いです。
※画像で使用している人はエミネムではなくエミネムっぽいフリー画像の人です。(笑)

EMINEM(エミネム)とは?名前の由来や経歴・人気の理由は?

エミネムは1972年アメリカ合衆国ミズーリ州で生まれました。
本名はマーシャル・ブルース・マザーズ3世(Marshall Bruce Mathers III)と言います。
本名のイニシャルである「
M&M」を早口でいうと「Eminem(エミネム)」と聞こえるところからその名が定着していきました。
貧しい母子家庭で育ち、その母親から虐待さえうけていたという、壮絶な幼少期を過ごしていたエミネムにとって唯一の安らぎがラップでした。
14歳の頃から、本格的にラッパーとしての活動を始めます。数々のラップバトルに参加し、アルバムを自主制作するなどの活動を行っていたエミネムは、その類い希なセンスをヒップホップ界の大物プロデューサーであるドクター・ドレーに見いだされ、1999年メジャーデビューを果たします。デビューアルバム『ザ・スリム・シェイディ LP(The Slim Shady LP)』は、米ビルボードチャート2位を記録、さらには「グラミー賞最優秀ラップアルバム部門」を受賞しました。
2002年には、3作目となるアルバム『ザ・エミネム・ショウ(Eminem Show)』が、その年、世界で最も売れたアルバムとなりました。同年秋、エミネムは半自伝的映画「8マイル」に主演します。主題歌である「ルーズ・ユアセルフ(Lose Yourself)」は、エミネム初の全米No.1ヒット曲になり、アカデミー歌曲賞を受賞しました。エミネムを代表する曲ですね。
その後のエミネムは、プロデューサー業に軸をずらしていき、表だった活動を控えるようになりましたが、スーパースターゆえにエミネム関連のニュースは絶えることなく登場し続けます。

エミネムの人気の理由はどこにあるのか?

彼が白人であったことが人気の理由のひとつにあげられます。黒人のカルチャーであったヒップホップの世界で、黒人にもいないクレイジーなラッパーと評され早くから注目されました。もちろん、人気の理由はそれだけではありません。幼少のころからの壮絶な経験に裏打ちされた過激な歌詞、マシンガン級高速ラップと抜群のメロディセンス、そして独特のブラックユーモアセンス、これらがなによりもエミネムの魅力であり、エミネム人気の最大の理由です。

EMINEM(エミネム)の最強人気曲ランキングTOP30!

ここからは人気曲をランキング形式で紹介していきます。10位までは曲の紹介と動画を添付して紹介しており、それ以降は表にまとめてあるのでそちらをご覧ください。(データは2022年3月時点の内容になっています。)

順位 タイトル YouTube再生回数 iTunesランキング おすすめ
1位 Love the Way You Lie 23億再生 10位以下 ★★★★★
2位 Not Afraid 15億再生 10位以下 ★★★★★
3位 Without Me 12億再生 8位 ★★★★★
4位 Lose Yourself 11億再生 6位 ★★★★★
5位 Rap God 12億再生 10位以下 ★★★★★
6位 The Monster 8億再生 10位以下 ★★★★
7位 The Real Slim Shady 6億再生 5位 ★★★★★
8位 Mockingbird 5.7億再生 10位以下 ★★★★
9位 No Love(feat. Lil Wayne) 5.6億再生 10位以下 ★★★★
10位 GodZilla(feat. Juice WRLD) 4.3億再生 2位 ★★★
11位 Stan 4.7億再生 10位 ★★★★★
12位 Venom 5億再生 10位以下 ★★★★
13位 Beautiful 4.2億再生 10位以下 ★★★★
14位 Like Toy Soldier 4.1億再生 9位 ★★★★
15位 Forever 3.1億再生 4位 ★★★★
16位 Just Lose It 2.7億再生 10位以下 ★★★★
17位 Berzerk 2.5億再生 10位以下 ★★★
18位 We Made You 2.3億再生 10位以下 ★★★★
19位 My Name Is 2.1億再生 10位以下 ★★★
20位 The Way I Am 1.7億再生 10位以下 ★★★
21位 Survival 1.7億再生 10位以下 ★★★
22位 Lucky You 1.6億再生 3位 ★★★★
23位 Forgot About Dre 1.5億再生 7位 ★★★★★
24位 Superman(feat. Dina Rae) 1.2億再生 10位以下 ★★★
25位 Kamikaze 3766万再生 10位以下 ★★★
26位 ‘Till I Collapse (feat. Nate Dogg) 1421万再生 1位 ★★★★
27位 Crack a Bottle 1404万再生 10位以下 ★★★
28位 Those Kinda Nights(feat. Ed Sheeran) 1396万再生 10位以下 ★★★
29位 Lock It Up(feat. Anderson .Paak) 1142万再生 10位以下 ★★★
30位 Yah Yah(feat. Royce da 5’9”, Black Thought, Q-Tip & Denaun) 596万再生 10位以下 ★★★

1位:Love the Way You Lie

再生回数 23億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★★

グラミー賞を受賞したアルバム『Recovery』(2010年)からのシングルカット曲。世界的女性トップシンガーであるリアーナとのコラボ楽曲です。全米1位を獲得。
悲しげなリアーナの歌声とエミネムの荒々しいラップで、男女の歪んだ愛憎を歌いあげています。

リアーナのコーラスメロディがとても印象的。スーパースター同士の夢の楽曲ですね。

2位:Not Afraid

再生回数 15億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★★

1位の Love the Way You Lie と同じくアルバム『Recovery』(2010年)からのシングルカット曲。
こちらはアルバム発表前の先行シングルとしてリリースされています。初登場
1位です。
いろいろ言ってくる奴がいるが、俺は怖くなんかない。誰がなんと言おうと俺はやるんだ、というエミネムらしい曲です。

3位:Without Me

再生回数 12億再生
AMランキング 8
おすすめ ★★★★★

2002年世界で最も売れたアルバムとなったエミネム3作目のアルバム『The Eminem Show』からのファーストシングル。
ヒップホップ界は結局オレがいなければダメだろ、と歌っています。エミネムの曲の中でもかなりキャッチーな楽曲で、自然と体がリズムに乗ってきます。PVもユーモアセンスたっぷり。個人的にはエミネムの曲の中で大好きな曲の
1つです。オレがいなければダメだね、なんて言ってみたいものですね。

4位:Lose Yourself

再生回数 11億再生
AMランキング 6
おすすめ ★★★★★

2002年、自ら主演した映画『8 Mile』の主題歌。全米チャートでは12週連続1位。アカデミー歌曲賞も受賞。
エミネムの代表曲です。エミネムを知らない人でもこの曲は
1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
ラッパーとしてのし上がっていく様を歌った曲です。死ぬ気で取り組め、すべてを捧げよ。
何かに挑戦をしようとする人みなこの曲の歌詞を聞けば、鼓舞されること間違いなし。PVも数々の賞を受賞しています。

5位:Rap God

再生回数 12億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★★

2013年にリリースされたアルバム『The Marshall Mathers LP 2』からのシングル曲です。
曲タイトルどおり、エミネムは「ラップの神になったような気分だ」と歌っています。この曲の凄さは、曲後半の高速ラップです。
「もっとも単語数の多いヒット・シングル」としてギネス世界記録にも認定されました。
(この記録は後にエミネム自身によって破られます)。まさに神です。

6位:The Monster

再生回数 8億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

5位のRap God と同じくアルバム『The Marshall Mathers LP 2』(2013年)からのシングル。リアーナとのコラボ曲です。
ロック調の疾走感あふれる格好良いこの楽曲は、当時ほぼ無名だった女性シンガーソングライターのビービー・レクサにより作曲されました。この曲をきっかけにビービー・レクサはレーベルと契約し、デビューを果たします。
曲の内容は、名声を得たけどプライバシーを失ったエミネムの不安と葛藤を歌った曲です。俺はモンスターと友達さ。 

7位:The Real Slim Shady

再生回数 6億再生
AMランキング 5
おすすめ ★★★★★

2000年にリリースされたアルバム『The Marshall Mathers LP』からの先行シングル曲。
Slim Shady(スリム・シェイディ)」とはエミネムの中に存在する別人格としての道化師の名前です。
Slim Shady(スリム・シェイディ)」がエミネムに代わって言いたい放題言いまくるという設定です。有名人をディスったりした歌詞内容から、いくつかの訴訟騒ぎにまで至っています。そんな物議を醸したことも含めてエミネム初期の代表曲と言えます。
キャッチーなコーラスが楽しく、大好きな一曲です。

8位:Mockingbird

再生回数 5.7億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

2004年リリースされた4枚目のアルバム『Encore』からのシングル曲。いつもの過激な歌詞内容とは異なり、娘ヘイリーに対する愛情をうたった一曲です。パパとママはいろんなことがあったけど心配しないで、大丈夫だよと娘に語りかけています。
もの悲しいピアノのバックトラックも印象的。エミネムの曲の中ではこの曲が
1番好きという人もいます。

9位:No Lovefeat. Lil Wayne

再生回数 5.6億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

2010年リリースされた6作目のアルバム『Recovery』からのシングル曲。アメリカ人ラッパーのリル・ウェインとのコラボ曲です。
この曲はPVの映像とともにぜひ聴いてください。半端ないほどの感情移入、曲終盤クライマックスに至る高揚感、ユーモアや悪ふざけなしの、とにかく力強くかっこいい楽曲です。

10位:GodZillafeat. Juice WRLD

再生回数 4.3億再生
AMランキング 2
おすすめ ★★★

2020年リリースされたアルバム『Music to Be Murdered By』からのシングル曲。前年、21歳で亡くなったラッパー、ジュース・ワールドをフューチャーした曲です。この曲の特徴は、エミネム史上最速の高速ラップです。
以前、
Rap Godという曲で披露した高速ラップの記録を自分で超えてしまいました。エミネムの真骨頂、超高速ラップをご堪能あれ。

その他:エミネムについて

先ほどまではエミネムについての紹介や人気曲について紹介してきましたが、ここからはちょっと気になる情報について紹介していきます。

エミネムが死んでしまったのか?

20208月、ツイッター上でエミネムが死んだという噂が流れました。
発端は、あるユーザーが「i have killed Eminem(エミネムを殺した)」とツイートしたことによります。
そのユーザーは、「#
RIPEminem」のハッシュタグを付けたツイートを何度も繰り返し、そのツイートが拡散し世界中に広まったと言われています。多くのファンがフェイクニュースに踊らされた出来事でした。RIPとは「安らかに眠れ」という意味です。
エミネムは、2022年アメフト年間王者を決めるスーパーボウルのハーフタイムショーに、出演、代表曲である「ルーズ・ユアセルフ(Lose Yourself)」を披露し健在ぶりをアピールしています。

エミネムとスヌープドックが喧嘩?

DREファミリーの中にいるスヌープドックがエミネムについてラジオ中に「エミネムは史上最高のラッパー10人のうちに入らない」とディスったことで、エミネムと確執が生まれる自体となりました。ただ、スヌープドックはその後きちんと謝罪しており今は仲直りしたことを公の場で公言していました。そして先ほど軽く触れましたがーパーボウルのハーフタイムショーでDREファミリーとして共演しており圧巻のパフォーマンスをしています。

まとめ:エミネムのお気に入りの曲を見つけよう

いかがだったでしょうか?
個人的にはふざけている点や韻の踏み方は他を寄せ付けない個性があり、どの曲も好きなので数えきれないほど聞いています。
特にWithout MeやThe Real Slim Shadyがお気に入りです。
皆さんはどの曲がお好きでしょうか?
今後もエミネムについて新しい情報が入り次第追記していきますのでお楽しみに。

洋楽魂LINE登録バナー

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります