最高にテンション上がる洋楽ランキング【最新版】

各ジャンルに分けてテンションが上がるおすすめの洋楽ランキングを紹介しています。

曲が多すぎて紹介し切れないので特に人気のある曲を選別し軽く紹介しています。

ドライブや気分を上げたい時におすすめなので是非参考にしてみてください。

目次

POP編】MAXにテンションが上がる!洋楽おすすめランキング!

No tears left to cry/Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

この曲は4thアルバム「Sweetener」に収録されています。

2017年5月22日のマンチェスターでのライブ終了直後に爆破テロに遭遇し、

テロ事件の悲しみを乗り越え、前へ進んでいこうと呼びかける気持ちが描かれています。

等身大の心情と、世界に向けた「強い心を持ち、元気に生きていこう」というメッセージが込められた一曲となっています。

今回は違う曲を紹介しましたが、他にもBreak Freeと言う曲も盛り上がります!

I Like Itfeat.J Balvin,Bad Bunny/ Cardi B(カーディ・B

全米シングルチャート1位を獲得しています。(hip-hopに近い曲)

3週連続首位の「Bodak Yellow」に続いて全米首位を獲得。

全米首位を記録した史上5人目の女性ラッパーとなり、全米首位を2曲獲得した史上初の女性ラッパーとして彼女を飛躍させました。

ラテン系のノリで軽く体を揺らすのにおすすめ。

元ネタはラテン曲のアーティスト「Pete Rodriguez」が1967年にリリースした「I Like It Like That」です。

この曲は多くのアーティストがカバーしています。

Finesse (Remix) / Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)

Finesse」は、ブルーノ・マーズの3rdアルバム「24K Magic」に収録されている曲です。

間違いなく体が動いてしまう一曲です。

I LIke Itで紹介したカーディ・Bのラップを追加したリミックスバージョンが20181月にリリースされました。

ブルーのマーズらしい90年代ポップの雰囲気とファンクな音楽に、カーディ・Bのラップがマッチしている幅広い層に人気の曲です。

Shape of You / Ed Sheeran(エド・シーラン)

窪田正孝主演のドラマ(僕たちがやりました)の洋楽挿入歌として使われた「Shape of You」。

世界最大手音楽サービスspotifyでも「史上最多再生回数の記録」を取った人気曲。

「Oh!oh!oh!」の部分では思わず口ずさんでしまうと思います。

この曲は純粋に恋する少年の淡い気持ちとちょっぴりのエロティックを表現した、男性の正直な欲望が描かれたピュアな一曲です。

【公式】SugarのPV動画はこちら>>

アメリカ出身のロックバンドで有名曲が多すぎて紹介し切れませんが、軽くノリノリな気持ちで聞くにはこの曲はとてもおすすめです。

Billboardチャートという非常に新陳代謝の激しい場所でチャートの頂点に君臨し続けているモンスターバンドで聞いたことがある人も多いと思います。

結婚式で使われたりしており、好きな人とデートの時に少し気分を上げたい時におすすめの一曲です。

Baby/Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)

【公式】BabyのPV動画はこちら>>

世界的なスタージャスティス・ビーバーがデビューして有名になった代表曲です。

若かりしジャスティンが女の子を誘うシーンがいい感じです。

好きな人とのドライブにおすすめの一曲です。

この他にも「What Do You Mean?」「Where Are Ü Now? with Justin Bieber」などもおすすめ。

今のジャスティンとイメージは違いますが、フレッシュで若さはじけるノリノリな一曲です。

Yeah3X/Chris Brown(クリスブラウン)

歌詞がまさにパーティーの時間で盛り上がろうという内容なので盛り上がるのにぴったりな一曲です。

爽やかなドライブに聞いたら間違いなくテンション上がるのでおすすめです。

PVでキレキレのダンスがかっこいいです!

上記の曲以外にも「Turn Up the Music」なんかは盛り上がると思います。

【ロック編】MAXにテンションが上がる!洋楽おすすめランキング!

ハードロックから比較的新しい曲まで紹介しています。

Smells like teen spirit/ Nirvana(ニルヴァーナ)

【公式】Smells like teen spiritのPV動画はこちら>>

私は兄の影響でロックは死ぬほど聴いていますが、物心ついた頃から日常的に聞いていた名曲です。

YouTube10億回視聴を突破しており、この曲は世界各国で1位を獲得し全世界3,000万枚以上の売り上げを誇るニルヴァーナの不朽の名盤『Nevermind』に収録されています。

彼らの世界的ブレイクのきっかけとなり、音楽業界に衝撃をもたらした重要な楽曲です。

その伝説的な楽曲を、かず多くのアーティストがカバーしていますが、EDM界のスターR3habAmba Shepherd がカバーしているのも有名です。
関連記事:EDM人気アーティスト紹介(R3hab)

American Idiot/ Green Day(グリーンデイ)

【公式】American IdiotのPV動画はこちら>>

アメリカの3人組パンクロックバンド、グリーン・デイの7thアルバム「American Idiot」の代表曲です。

タイトルの「アメリカン・イディオット」を直訳するとバカなアメリカ人となります。

この楽曲は、ちょうどこの前年にはじまったイラク戦争に対して不安定な社会情勢を目の当たりにし、戦時中の自国民に対する想いだけでなく現代を生きる人々にも通ずるメッセージを込めた曲である。

Immigrant Song/ Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)

【公式】Immigrant SongのPV動画はこちら>>

イギリスのロックバンド レッド・ツェッペリンの3rdアルバム「Led Zeppelin III」に収録されている楽曲。

様々なシーンで使われているので一度は聞いたことがあると思います。

この曲は北米のヴァイキング達がアメリカ大陸に渡るときの事を歌詞にしているそうです。

「ah-a」というターザンのようなロバート・プラントの叫び声が印象的で、特にイントロ部分の雄たけびは、ツェッペリンの事を知らなくても知っている人が多いのではないでしょうか。

Smoke on the Water/Deep purple(ディープ・パープル)

【公式】Smoke on the WaterのPV動画はこちら>>

超大御所による超有名曲です。(私はこの曲を幼稚園くらいの頃から聞いて育ちました)

ライブ中のカジノが火事で全焼した時にこの曲ができたそうです。

重みのあるハードロックでパンチが欲しい時に聞きたい一曲です。

Numb/Linkin Park(リンキン・パーク · リンキン・パーク)

盛りあがりますしめちゃくちゃかっこいいです。理想の自分と現実の自分のギャップを歌ってます。

サビは大声で歌いたいので一人でのドライブかカラオケにオススメです。

I’ve become so numb, I can’t feel you there(もう感覚が麻痺している。お前達、本当にそこにいるのか?)

Become so tired, so much more aware(もう疲れたし、気づいたんだ)

By becoming this all I want to do(俺はなりたい自分になるんだ)

Is be more like me and be less like you(お前のようではなくもっと自分らしくなる)

Counting Stars/OneRepublic(ワンリパブリック)

ポックロックで2010年頃に有名になったアーティストです。この曲は長期間人気だった曲で歌詞が印象的です。

I-I-I-I feel something so wrong

Doing the right thing

I couldn’t lie, couldn’t lie, couldn’t lie

Everything that drowns me makes me wanna fly

PVも金ばかり数えていないで目を覚ませよ!ってメッセージが汲み取れます。

Century/Fall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ )

【公式】CenturyのPV動画はこちら>>

男はこの曲と歌詞が好きなはずです。

「リメンバミー!センチュリー!」の部分が叫びたくなります。

勉強中や何かこれから勝負するぞって時にテンションをあげる時にぜひ聞いてください。

ラップロックを流行らせたのはこの方々でしょう。

デスノートでもレッチリの曲が使われているので名前や曲を知っている方も多いはず。

グラミー賞を何回とるんだってくらいの超大御所です。

かなり激しい幼少期を過ごし薬物にも手を出していますが異常なほどの生命力に溢れています。

【ヒップホップ・ラップ編】MAXにテンションが上がる!洋楽おすすめランキング!

古い曲が多いですがおすすめ曲を紹介しています。

Bring Em Out/T.I. (ティー・アイ

クラブ定番の曲ともいえる「Bring Em Out」。

リリース当初はあまり注目されていなかったものの、半年程かけてジワジワとブレイクし、最終的には特大ヒットしています。

クラブでの盛り上げ番長曲として連日クラブプレイされたいました。

男性ラッパーを代表する存在ともいえる超実力派ラッパー、ティーアイの切れの良いラップや歌詞は聞くものを魅了しています。

この曲は絶対に盛り上がること間違い無しです!

Ante Up/M.O.P.(エム・オー・ピー)

2000年にリリースされ、MCバトル用のビートとしても有名です。

この曲がブチ上がります!

未だにバトルで使用される程の名曲です。

この曲が含まれているアルバム「Warriorz」は、Billboard 200で最高25位までランクインされたヒットアルバム。

ノリも良く、ワイワイ盛り上がりたいときにピッタリの一曲です!

Get Busy/Sean Paul(ショーン・ポール)

ショーン・ポールと言えばこの曲!というイメージを持つ人も多いでしょう。

この曲が出た頃、ビルボードのチャートでレゲエが1位に入ることが珍しかったのですが、それをものにした楽曲。

ヒップホップというよりもしかするとレゲエかもしれませんが当時のクラブは連日この曲で盛り上がっていました。

ジャマイカ出身アーティストのジャマイカ録音の作品として史上初の記録を打ち立てた、レゲエ界の帝王としても有名なショーン・ポールですが、数々のヒット曲とともに帝王としての地位を揺るぎないものにしている一曲です。

Be Faithful/Fatman Scoop(ファットマン・スクープ)

【公式】Be FaithfulのPV動画はこちら>>

迫力のある声量を武器に多くの人から支持を集めるラッパー、ファットマンスクープ。

世界が誇るグラミー受賞アーティストとしても名をあげた彼が一番有名なのがこの曲だともいえる程の人気曲。

パーティーの盛り上げ曲として欠かせない楽曲となっています。

Come Baby Come/K7 

【公式】Come Baby ComeのPV動画はこちら>>

1993年にリリースしたこの曲は、HIP HOPという枠を超えての盛り上げ系定番曲。

懐かしい感じのサウンドではあるが、盛り上がり曲にはぴったり。

ブルーノ・マーズ好きな90年代の懐かしいディスコ曲が聞きたい人におすすめの楽曲です。

Let’s Get Dirty/Redman (レッドマン)

【公式】Let’s Get DirtyのPV動画はこちら>>

ニュージャージー州出身のラッパー。

DJやレコードプロデューサー、俳優などのあらゆる顔を持っているレッドマンがリリースしたこの名曲は、2000年代の間では鉄板曲

当時のクラブやパーティーなどでは欠かせない一曲でした。

Got What You Need/Eve(イヴ)

【公式】Got What You NeedのPV動画はこちら>>

イヴの2004年リリースのアルバム、「Scorpion」に収録されているのがこの一曲。

高いスキルに似つかわしくないほどの美貌とファッション・センスを持つ女性ラッパーとして有名です。

この曲も当時のクラブではマストな一曲でした!

言わずもがなニューヨークのラッパーとしてはもはや説明は不要なほどのレジェンド的存在です。

名曲が多すぎて紹介し切れませんが、色褪せない格好良さがあるのでこの曲を紹介します。

Lose your self/Eminem(エミネム)

8マイルという映画の主題歌で歌詞がかっこいいです。

これからやるぞって人は聞いてテンションを上げてください!

諦めない気迫と歌詞がとにかくかっこいいです。

EDM編】MAXにテンションが上がる!洋楽おすすめランキング!

EDMは別の記事でもいくつか紹介しています。

もっと知りたい方はEDM人気アーティスト50選以上!【世界で活躍するDJ一覧】をチェックしてみてください。

Beautiful now/Zedd(ゼッド)

の曲は2枚目のリードシングルとして20155月にリリースされた、ゼッドがプロデューサーした楽曲。

歌い手はアメリカのシンガーソングライターのJon Bellion(ジョン・ベリオン)。

日本でも知名度は高く知っている人も多いかと思います。

歌詞には「限りあるこの瞬間を精一杯生きる事が美しい」というメッセージが込められています。

Zedd(ゼッド)については【Zedd(ゼッド)でおすすめの人気曲ランキング23選!天才DJの名曲集】でより詳しく紹介しています。

wake me up/Avicii(アビーチ)

今は亡き天才DJアヴィーチーの名曲、「wake me up」。

69ヶ国で1位を獲得し、EDMの中でもズバ抜けたカリスマ性を発揮している楽曲です。

この曲でAviciiを知った方も多いのではないのでしょうか。

この曲は、青春時代特有の色々な感情が伝わる歌詞となっており、耳に残りやすい独特のサウンドが特徴的。

28歳という若さで人生を終えてしまいましたが、人々の心の中にいつまでも生き続ける存在だと思っています。

アビーチについては【厳選】Avicii(アビーチ)のおすすめ人気曲ランキング20選以上!でより詳しく紹介しています。

The Only Way Is Up/Martin Garrix & Tiesto 

EDM界では超有名な若手プロデューサーのマーティン・ギャリックスと大御所のティエストがコラボした楽曲。

実はこの曲、炭酸飲料の「7UP」とのコラボ曲なんだそうです。

曲調は心地よいビートの走りで、聴き心地の良い一曲となっています。

Too Originalfeat.Elliphant & Jovi Rockwell)/Major Lazer 

【公式】Too OriginalのPV動画はこちら>>

EDM界で一癖ある曲を発表し続けているメジャー・レイザー。

この「Too Original」は古いニューオーリンズジャズのようなサウンドも取り入れ、独特な雰囲気の楽曲です。

シンセポップ歌手エリファントと、ジャマイカ出身のレゲエ歌手ジョヴィ ロックウェルという予測不能な組み合わせ。

独特な雰囲気ではあるが、盛り上がる曲間違いなしです!

Rock The House/Afrojack(アフロジャック)

【公式】Rock The HouseのPV動画はこちら>>

この曲は2012年にリリースされ、今でも定番の名曲です。

ドロップとメロディアスな展開を繰り返し耳に残りやすい曲調。

MVには会場が一体になって盛り上がっているのが分かり、オフショットにはファンと戯れたりするシーンがあったりと、とても微笑ましい作品となっています。

Toulouse/Nicky Romero (ニッキー・ロメロ)

オランダの大スター、ニッキー・ロメロがリリースしたこの曲は、現在に至るまで、世界のフェスティバルやクラブで長年プレイされ続けてきた、これぞ「ダンスミュージックの代表曲」と言っても過言ではない名曲。

ハッカー集団のアノニマスの仮面をつけたMVも有名です!

ニッキー・ロメロのまとめは作成中です。

Bad ft. Vassy/David Guetta & Showtek (デビッド・ゲッター)

オーストラリア出身のシンガーVassy(バッシー)を迎え、中毒性のあるボーカル・サンプルにゲッタならではのビートと攻撃的なシンセサウンドが突き刺さる一曲。

衝撃的なMVとなっていますが、アップテンポな曲とコミカルなアニメが特徴で、とにかくテンションを上げたい時におすすめです!

ニッキー・ロメロのまとめ記事は作成中です。

Bangarang feat. Sirah/Skrillex(スクリレックス)

54回グラミー賞で主要4部門のひとつである最優秀新人賞(Best New Artist)にノミネートされたスクリレックスの代表Bangarang feat. Sirah」。

ロックなリズムにノイジーなメタリックノートが乗っかった、人気曲となっています。かず多くのアーティストに影響を与えているアーティストです。

We’ll Be Coming Back ft. Example/Calvin Harris(カルヴィン・ハリス

【公式】We’ll Be Coming Back ft. ExampleのPV動画はこちら>>

MySpaceで自身の楽曲をアップロードし注目を浴びた、スコットランド出身のDJカルヴィン・ハリス。

代表曲は、2011年に発表した「Feel So Close」で、全米シングルチャートにて最高12位まで上昇。

そんな人気DJがリリースしたこの曲は、自分のした選択、行動に後悔しながらも、前向きに生きていく様を表現した一曲となっています。

Don’t You Worry Child ft. John Martin/Swedish House Mafia(スウェディッシュ・ハウス・マフィア)

【公式】Don’t You Worry ChildのPV動画はこちら>>

YouTubeで再生数が7億回を突破するなど世界中で人気の3人組グループ「スウェディッシュ・ハウス・マフィア」。

この曲は3人の代表曲で、キャッチーな曲調かつ一気にサビではじける王道展開で、これからEDMを聴き始める人にもおすすめ。

EDM界で有名な3人グループだが、残念な事に2013年に解散してしまいました。

Animals/Martin Garrix(マーティン・ギャリックス

アメリカマイアミで開催された世界最大級のダンスミュージック・フェスティバル(Ultra Music Festival)では、史上最年少の19歳でヘッドライナーを務めたマーティン・ギャリックス。

この曲は典型的なEDMですが、耳に残りやすく、やみつきになってしまう人も多いはず。

当時は至る所でかかっていたことを思い出します。

Dare You/Hardwell feat. Matthew Koma(ハードウェル)

【公式】Dare YouのPV動画はこちら>>

マシューコーマとハードウェルがコラボしてリリースされたシングル曲。

人気EDM曲で、疾走感あふれるトラックに、マシューコーマの透き通る美しい歌声がマッチした注目の一曲です。

【その他編】MAXにテンションが上がる!洋楽おすすめランキング!

Troublemaker/Olly Murs(オリー・マーズ

【公式】TroublemakerのPV動画はこちら>>

オリー・マーズの代表作ともいえる「Troublemake」。

3枚目のアルバムに収録され、イギリスのチャートで1位を獲得した4枚目のシングル。

好きな女の子は何かとモメ事を起こすトラブルメーカーで、そんな女の子に振り回される男子を歌った曲。

そしてコラボしているのがラッパーとして有名なFlo Rida(フロー・ライダー)。

テンポ感、スイング感が実に小洒落ていて文句なしの心地よさですね。

Lighthouse/Nicky Romero(ニッキー・ロメロ

【公式】LighthouseのPV動画はこちら>>

先程EDM編で紹介したニッキー・ロメロ。

この曲はアコギを取り入れた小気味よいサウンドで落ち着いた感じであるものの、フロアで盛り上がること間違いなしのサビと、とてもキャッチーな仕上がりの楽曲です。

ニッキー・ロメロは「寂しい時や、悲しい時、誰もが帰りたい家へと導いてくれる光。そんな思いを込めて作った曲」と語っています。

Blow Your Mind/Dua Lipa(デュア・リパ

【公式】Blow Your MindのPV動画はこちら>>

歌手を目指す前はモデルとして活躍していた経歴を持つデュア・リパ。

まだ本格デビュー前だったにも関わらず、多くの人々をひきつけてやまなかった。

UKのダンスチャートで1位を記録したシングル「Blow Your Mind」は、軽い雰囲気のポップな曲で、キャッチーな仕上がりとなっています。

Rockstar/Dappy(ダッピー)

【公式】RockstarのPV動画はこちら>>

イギリス出身のシンガーソングライター、そして3人組ヒップホップグループ「N-Dubz」としても活躍するダッピーのシングル曲「Rockstar」。

全英シングルチャートにて最高2位を獲得する程の人気曲。

イギリスのミュージシャンで、『クイーン』のギタリストのブライアン・メイとのコラボ曲です。

Problem/Natalia Kills(ナタリア・キルズ)

【公式】ProblemのPV動画はこちら>>

イギリス出身のポップ・シンガー兼女優のナタリア・キルズ。

の曲はアディダスのCMソングにもなった一曲。

MVには、ナタリア・キルズのセクシーで小悪魔的に部分が出ており、ナタリアの魅力が存分詰まった楽曲となっています。

Hit The Road Jack/Throttle(スロットル)

【公式】Hit The Road JackのPV動画はこちら>>

スロットルはオーストラリ出身で、既にハウスミュージック界でも最も注目を浴びる、ホットなDJとしても有名スロットル。

スロットルの個性が全ての音楽制作に反映される事により、オールドスクールとニュースクールは今までにないミックスのされ方をしている。

映画「オーシャンズ8」の本予告編で使われている曲です。

Good Morning/Grouplove(グループラブ)

【公式】Good MorningのPV動画はこちら>>

TONGUE TIED」で大ブレイクした、ヒッピーでハッピーでゴキゲンな米英男女混合5人組バンド、「グループラブ」。

エル・ファニングがMVに出演したとしても有名な一曲です。

Open Your Eyes/Sam Feldt(サム・フェルト

【公式】Open Your EyesのPV動画はこちら>>

オランダを拠点に活動するハウス・ミュージック・プロデューサー、サム・フェルトが、DJHook N Sling(フックンスリング)とコラボレーションしたシングル曲。

カントリーっぽさとトロピカルなサウンドが入り混じっている感じとスピード感がある軽快なメロディーがとても聴き心地がよく、聴いていると踊りたくなってしまう優雅な一曲となっています。

Team/Krewella(クルーウェラ

【公式】TeamのPV動画はこちら>>

アメリカのEDMグループ「クルーウェラ」は、Jahan Yousaf(ジャハーン・ユーサフ)と Yasmine Yousaf(ヤスミン・ユーサフ)の美人姉妹DJ

この「Team」という曲は、不気味で民族の音楽っぽいしんみりとした感じで曲が始まり、サビに入ると一気に盛り上がったり、一気に下がったりと、緩急の差がより気持ちよくテンションを上げてくれる、癖になってしまう一曲です。

 i/Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー

【公式】 iのPV動画はこちら>>

アメリカの黒人ラッパー、ケンドリック・ラマー。

57回グラミー賞でシングル「i」が「ベスト・ラップ・パフォーマンス」と「ベスト・ラップ・ソング」を受賞する程の人気曲。

この曲は、自分を愛しているから悪いものや悪いことから逃れたいという少し抽象的ではあるが、ケンドリックの本心を歌っているような歌詞になっており、切ない一曲です。

ジャンル別!最高にテンション上がる洋楽ランキングまとめ

いかがだったでしょうか?

おすすめしたい曲は、まだまだたくさんありますが、お気に入りの曲は見つかりましたか?

ドライブに最適な曲から友達と盛り上がりたい曲、一人で集中したい時や気分が上がって来た時に聞きたい曲。

ジャンルやシーンで聞きたい曲は違ってくると思います。

是非あなたのおすすめの一曲を見つけて、ここぞというという時のテンションをあげる際に活用してください。

洋楽魂LINE登録バナー

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります