オアシス(Oasis)代表曲ランキングTOP20!【必見!】

オアシスOasis-代表曲ランキング

今回はロックバンドOasis(オアシス)についての紹介と人気曲ランキングなどを紹介していきます。
メンバー紹介やおすすめ曲の紹介などご覧いただければ一目瞭然かと思いますので最後までご覧いただけると幸いです。

今更聞けない!?Oasis(オアシス)について

まずはOasisのメンバーを紹介します。
ギャラガー兄弟が中心のメンバーであり、兄はメインソングライターで弟はボーカルを担当しています。
他にも、ギタリストのゲム・アーチャー(
Gem Archer)、ベース担当のアンディ・ベル(Andy Bell)、ドラム担当のクリス・シャーロック(Chris Sharrock)が最終メンバーとして活動していました。結成当初から同一のメンバーではなく、メンバーの変更が何度かあったそうです。

経歴やキャリアについて

1991年に結成し、1993年にはレコード会社と契約を結びます。
1994年にデビューシングルの「supersonic」を発表し、UKチャートで31位を記録しました。
同年にデビューアルバムの「
Definitely Maybe」も発売しますが、こちらは初登場1位を記録し大ヒットとなりました。
その後の2
ndアルバム「Morning Glory」もUKチャートで1位を記録し、3rdアルバム「Be Here Now」はUKチャート1位、USチャート2位を獲得しました。
後に続くアルバムやツアーなども大好評で、
2005年には過去10年間でイギリスで最も成功したバンドとしてギネスに認定されました。
日本での人気も高く、1998年に放送の日本のテレビドラマ「ラブ・アゲイン」の挿入歌として「Don’t Go Away」が使用されたり、日本各所での公演やミュージック・ステーションへの出演などを行っていました。

Oasis(オアシス)の代表曲ランキング20選!

ここまではOasis(オアシス)の出身やそのキャリアについて簡単に説明をしてきました。
ここからは人気曲をランキング別に紹介していきます。人気曲の分析・解説を徹底的に行い、曲の特徴やその魅力に触れていきたいと思います。表では24位までランキング紹介をしています。

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 Wonderwall 3.7億再生 1位 ★★★★★
2位
Don’t Look Back in Anger
1.9億再生 3位 ★★★★
3位
Champagne Supernova
7992万再生 2位 ★★★★
4位 Whatever 7313万再生 15位以下 ★★★★★
5位 Supersonic 5505万再生 5位 ★★★
6位 Live Forever 3512万再生 6位 ★★★★
7位
Stop Crying Your Heart Out
3163万再生 4位 ★★★★
8位 Stand By Me 3691万再生 15位以下 ★★★
9位
All Around The World
2314万再生 15位以下 ★★★
10位 Morning Glory 1994万再生 8位 ★★★
11位 Slide Away 1474万再生 15位以下 ★★★
12位
Cigarettes & Alcohol
921万再生 15位以下 ★★★★
13位
Rock ‘n’ Roll Star
895万再生 15位以下 ★★★
14位 Go Let It Out 819万再生 15位以下 ★★★
15位
Cast No Shadow
642万再生 10位 ★★★
16位 Don’t Go Away 615万再生 14位 ★★★
17位 Roll With It 598万再生 11位 ★★★★
18位 Lyla 549万再生 15位以下 ★★★
19位 She’s Electric 464万再生 9位 ★★★
20位 Some Might Say 363万再生 7位 ★★★
21位 Shakermaker 338万再生 15位以下 ★★★
22位 Hello 292万再生 13位 ★★★★
23位 Hey Now! 260万再生 12位 ★★★
24位
The Hindu Times
112万再生 15位以下 ★★★

1位:Oasis – Wonderwall

再生回数 3.7億再生
AMランキング 1位
おすすめ ★★★★★
この楽曲は1995年に発表されました。
アルバム「
Morning Glory」に収録されています。
歌詞は想いを寄せる相手のことについて綴っています。しかしノエルはこの歌詞について、自分を救ってくれる架空の友人を歌ったものだと明かしています。

2位:Oasis – Don’t Look Back In Anger

再生回数 1.9億再生
AMランキング 3位
おすすめ ★★★★
こちらも1995年に発表され、同じくアルバム「 Morning Glory」に収録されています。
タイトルからは怒りを抱えて振り返るなという、前を向いていこうという意味に取ることができると感じました。
心に優しく響く楽曲で、まさに名曲と言えます。

3位:Oasis – Champagne Supernova

再生回数 7992万再生
AMランキング 2位
おすすめ ★★★★
1996年に発表されました。こちらも「 (What’s the Story) Morning Glory?」に収録されています。
ノエルはこの楽曲について、NMEというイギリスの週刊音楽雑誌でのインタビューで、自分の気分によって受け取り方が異なる楽曲であり、一人一人に違う意味があるのものだと答えています。

4位:Oasis – Whatever

再生回数 7313万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★★★
1994年にシングルとして発表されました。
2010年に発売された「Time Flies… 1994-2009」というベスト・アルバムに収録されています。
歌詞は、あなたが見ている私が自由であるように、あなたも自由に生きていいのだ、という事が綴られていると感じました。日本ではcmに使用されたりもしていたので、どこか懐かしさを感じるような曲だと思います。

5位:Oasis – Supersonic

再生回数 5505万再生
AMランキング 5位
おすすめ ★★★
1994年にデビューシングルとして発表されました。デビューアルバムの「Definitely Maybe」に収録されています。
この楽曲は1日で作曲と録音がされたそうですが、短時間で出来たとは思えないほどの曲の良さだと思います。
歌詞についても様々な考察があり、聞く人によってこの曲の印象が異なるというのも魅力の一つだと思います。

6位:Oasis – Live Forever

再生回数 3512万再生
AMランキング 6位
おすすめ ★★★★
1994年に発表され、デビューアルバム「Definitely Maybe」に収録されています。
イギリスのロックバンドであるローリング・ストーンズの「Shine a Light」にインスパイアされて出来た曲だと言われています。
ギャラガー兄弟の母について歌った曲であり、また当時のロック音楽に表されていた自己嫌悪や希死念慮に対する反発も表した楽曲だそうです。

7位:Oasis – Stop Crying Your Heart Out

再生回数 3163万再生
AMランキング 4位
おすすめ ★★★★
2002年に発表されました。
同年に発売された「Heathen Chemistry」というアルバムに収録されています。日本では2005年に公開されたアメリカの映画「バタフライ・エフェクト」の主題歌としても使用されています。
過ぎた事で落ち込まず前に進もうといった応援ソングになっており、優しく励ましてくれるような楽曲です。

8位:Oasis – Stand By Me

再生回数 3691万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★
1997年に発売され、同年発売の「Be Here Now」というアルバムに収録されています。
恋人に振られて置いていかれた人を表した曲だと感じました。
サビのstand by me というフレーズが、行かないでくれと嘆いているようで印象的でした。

9位:Oasis – All Around The World

再生回数 2314万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★
1998年に発売されました。
こちらも「Be Here Now」というアルバムに収録されています。
ちなみにオアシスの曲の中で一番長い曲です。歌詞には全てがうまくいくというメッセージが込められているそうで、曲調も明るいので元気が貰える曲だと思います。

10位:Oasis – Morning Glory

再生回数 1994万再生
AMランキング 8位
おすすめ ★★★
1995年に発表され、同年発売の「 (What’s the Story) Morning Glory?)」というアルバムに収録されています。
冒頭の「All your dreams the  razor blade」や「need a little time to wake up」というフレーズは、薬物を使用している状態を表しているそうです。ギターがアクセントになっていてとてもかっこいい曲です。

11位:Oasis – Slide Away

再生回数 1474万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★

【公式】Slide Away
のPV動画はこちら>>

1994年に発表され、アルバム「Definitely Maybe」に収録されています。
製作者の一人でもあるアレックス・ニーヴンは、ニール・ヤングやビートルズを連想させるようなメロディーを組み込んでいると述べています。終わった恋を振り返るような、切なさを感じる曲だと思いました。

12位:Oasis – Cigarettes & Alcohol

再生回数 921万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★★

【公式】Cigarettes & Alcohol
のPV動画はこちら>>

1994年に発表されたこの楽曲は、アルバム「Definitely Maybe」に収録されています。
タイトルの通り、タバコとアルコール、さらにドラッグが労働階級の救いであり、そのような社会状況を反映させた楽曲となっているそうです。ちなみにこの楽曲は、剽窃で訴えられたことがあるそうです。。

13位:Oasis – Rock ‘N’ Roll Star

再生回数 895万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★

【公式】Rock ‘N’ Roll Star
のPV動画はこちら>>

1995年に発表され、アルバム「Definitely Maybe」に収録されています。
この楽曲は、ノエル自身が言いたいことを表したものだと語っており、この前提において改めて楽曲を聞いてみると、繰り返し表れるTonight I’m a rock’n’roll starというフレーズや楽曲への説得力や力強さを感じます。

14位:Oasis – Go Let It Out

再生回数 819万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★

【公式】Go Let It OutのPV動画はこちら>>

2000年に発表され、「 Standing on the Shoulder of Giants」というアルバムに収録されています。
ノエルはこの楽曲を、同時期に制作した曲の中でも頭一つ抜けていて、今まででも最高のものだと答えています。
他人ではなく自分で道を開いていこうという意味が込められている印象を受けました。

15位:Oasis – Cast No Shadow

再生回数 642万再生
AMランキング 10位
おすすめ ★★★

【公式】Cast No ShadowのPV動画はこちら>>

1995年に発売のアルバム「 (What’s the Story) Morning Glory?」に収録されているこの楽曲は、コーラスやそれぞれの楽器の音も優しく響き、落ち着く楽曲となっています。またこの楽曲は、イギリスのロックバンドであるThe Verve(ザ・ヴァーヴ)のリチャードに捧ぐ曲だと公言しています。

16位:Oasis – Don’t Go Away

再生回数 615万再生
AMランキング 14位
おすすめ ★★★

【公式】Don’t Go AwayのPV動画はこちら>>

1998年に発表され、アルバム「Be Here Now」に収録されています。
ボーカルのリアムは、この楽曲での自身のパフォーマンスに満足していると述べています。
また、ノエルは近しい人を失いたくないといったような悲しさなどを表した楽曲だと述べており、歌詞はレコーディング当日に書き上げたそうです。穏やかに流れるような、心地のいいサウンドになっている楽曲です。

17位:Oasis – Roll With It

再生回数 598万再生
AMランキング 11位
おすすめ ★★★★

【公式】Roll With ItのPV動画はこちら>>

1995年に発表され、アルバム「 (What’s the Story) Morning Glory?」に収録されています。
留まるだけでなく、自ら行動しようと語りかけるような印象を受けました。
気分が明るくなり、転調する箇所が曲中に流れを生んでいて感動的な楽曲だと感じました。

18位:Oasis – Lyla

再生回数 549万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★

【公式】LylaのPV動画はこちら>>

2005年に発表され、アルバムの「 Don’t Believe the Truth」に収録されています。
ノエルはこの楽曲をあまり好きではなかったようですが、ライブで演奏したことでその良さに気づいたそうです。
リアムはこの楽曲のギター、ドラム、ボーカルが好きだと話しており、その言葉の通り親しみやすいメロディーやサウンドで素敵な楽曲だと思います。

19位:Oasis – She’s Electric

再生回数 464万再生
AMランキング 9位
おすすめ ★★★

【公式】She’s ElectricのPV動画はこちら>>

1995年に発売の「 (What’s the Story) Morning Glory?」に収録されており、イギリスのロックバンドのキンクスや、ビートルズからメロディーを拝借しているそうです。
歌詞は刺激的な彼女とその家族についてで、自分も刺激的な人間になれるのだろうかと締められています。全体的に明るく陽気な曲という印象を受けました。

20位:Oasis – Some Might Say

再生回数 363万再生
AMランキング 7位
おすすめ ★★★

【公式】Some Might SayのPV動画はこちら>>

1995年に発表され、アルバム「 (What’s the Story) Morning Glory?」に収録されています。
オアシスがシングル曲で初めてUKチャートで1位を獲得した楽曲です。
タイトルにもあるように、他人が言うであろう何かにとらわれないようにと伝えている楽曲だと感じました。

その他:oasis(オアシス)について

アーティストの情報やおすすめの曲について理解が深まったと思います。
ここからはその他気になる情報をいくつか紹介していきます。

兄弟喧嘩が有名?

元々兄弟仲はあまり良くなかったみたいで、兄弟同士のいざこざは何度もあったようです。
1994年の9月にoasisはツアーを行っていますが、そのツアー中にリアムがドラッグを使用しており、ノエルがそれについて大激怒しタンバリンでリアムを殴ったそうです。また、バンドメンバーで飲んでいる時にも、リアムが当時のノエルの妻を侮辱した事で、兄弟同士の殴り合いの喧嘩にまで発展しています。このように度々事件を起こした事で、ギャラガー兄弟は不仲だという話が定着していきました。

解散した後の活動は何かあるの(現在は?)

不仲が原因で2009年に解散をしたオアシスですが、その後ノエルはソロで活動し、さらに Noel Gallagher’s High Flying Birds (ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ)というロックバンドも立ち上げています。またこの名称はノエルのソロ活動での名称でもあります。
ノエル自身のソロのオリジナルアルバムの発売や、バンドとしてツアーなども行っています。一方リアムは残りのメンバーと共に、 Beady Eye(ビーディ・アイ)というロックバンドを結成しています。
シングルやアルバムなどは反響も良く、日本でも公演を行っていたりと人気でしたが、ビーディ・アイは2014年に解散しています。ビーディ・アイ解散後はリアムもソロで活動しているようです。

オアシスのcmに使われている曲は?

使用されている楽曲は有名なので、聞いたことのある方もいらっしゃるかと思いますが、1996年にリリースされた「Don’ Look Back In Anger」という楽曲が、大手携帯会社であるauのcmに使用されていました。
また最近では、1997年に発売された「All Around The World」が令和2年より三井住友銀行のcmに使用されています。
心に残りやすいので、cmという印象が大事なものに使用されるのも納得です。

オアシスの隠れた名曲は?

個人的に隠れた名曲だと感じるのは She’s Electric」です。オアシスは人気バンドなので、YouTubeでも再生回数が千万や億を超えているのですが、それに比べると楽曲の良さの割に再生回数が少ない気がします。
Electricとあるように、楽曲も刺激的で楽しいものだと思います。
オアシスの楽曲は数多くリリースされているので、是非自分だけの名曲を見つけてみてください。

オアシスのおすすめのアルバムは?

おすすめは「 (What’s the Story) Morning Glory?」です。
オアシスを代表する曲だと言われている「 Wonderwall」や大人気曲の「 Don’t Look Back in Anger」などが収録されており、さらにこのアルバムは当時発売された直後から爆発的な売り上げも記録し全世界で大ヒットとなっています。
当時の人々が、どのような楽曲に夢中になっていたのかを感じられるアルバムだと思うのでおすすめです。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須