リンキンパークの最強人気アルバム3選!名曲·代表曲ランキングTOP15!

Linkin Park(リンキンパーク)

今回はハードロックが好きなら1度は名前を聴いたことがあるリンキン·パークについて紹介します。

Linkin Park(リンキンパーク)とは?何がすごいの?

メンバーはチェスター·ベニントン、マイク·シノダ、ロブ·ボードン、ブラッド·デルソン、ジョセフ·ハーンの5人で活動を始めたバンドです。
2001年にはフェニックスを加えて活動していました。
2ボーカルは当時のハードロックシーンでは新しくリンキンパークの独自性と言えます。
チェスターの綺麗な歌声とシノダのラップにより曲にメリハリがつきテンポ感の良い楽曲が多いです。
さまざまな音楽性を取り入れていて当時の音楽の先駆けを担っていました。後年のバンドにも大きな影響を与えているバンドです。

Linkin Park(リンキンパーク)の最強人気アルバム3選!

以下でおすすめのアルバムを3つ紹介いたします。

Hybrid Theory

2000年発売。リンキンパークのファーストアルバムです。
20周年記念デラックスエディションも発売しました。
全米で
1100万枚を売り上げ21世紀史上最も売れたアルバムと言われています。
このアルバムの中でのおすすめ曲

“One Step Closer”

リンキンパークのスタイルとして象徴的な曲です。シンプルなリフが盛り上がりとダークな雰囲気を作り上げています。
ブレイクダウンの爽快感と
DJの親和性がすごくあり中毒性のある曲となっています。

Meteora

2003年発売。アメリカとイギリスで初登場1位を記録したアルバムです。世界で2700万枚以上売り上げています。

このアルバムでのおすすめ曲

“Lying From You”

ラップ主体のところからボーカルがゆっくり入っていきメインがどんどん変わっていく曲です。歪みの効いているギターのリフが癖になります。

A Thousand Suns

核戦争をテーマとしたアルバムです。全米アルバムチャートで初登場1位を獲得しました。

このアルバムでのおすすめ曲

“The Catalyst”

アーケードゲームの機動戦士ガンダム エクストリームバーサスとのタイアップでこの曲を提供しています。
打ち込みの機械的な印象が他にない雰囲気を生み出しています。コーラスとのハモリが物悲しさを感じさせます。

Linkin Park(リンキンパーク)の名曲·代表曲ランキングTOP15

以下では人気曲をランキング形式で紹介いたします。曲の紹介は10位まで行いそれ以降は表にてご確認ください。

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 Numb 17億再生 2位 ★★★★★
2位 In the End 13億再生 1位 ★★★★★
3位 What I’ve Done 5.5億再生 7位 ★★★★
4位 New Divide 5.1億再生 15位 ★★★★
5位 Faint 3.4億再生 13位 ★★★★★
6位 Crawling 3.4億再生 8位 ★★★★
7位 BURN IT DOWN 3.3億再生 9位 ★★★
8位 Breaking the Habit 2.7億再生 12位 ★★★★★
9位 One more Light 2.2億再生 11位 ★★★★
10位 Somewhere I Belong 2.3億再生 10位 ★★★★★
11位 Papercut 2.1億再生 14位 ★★★★
12位 Heavy 1.8億再生 3位 ★★★
13位 Bleed it Out 1.2億再生 4位 ★★★★
14位 One Step Closer 1.3億再生 5位 ★★★
15位 Numb/Encore 7046万再生 6位 ★★★★★

1位:Numb

再生回数 17億再生
AMランキング 2位
おすすめ ★★★★★

アルバムMeteora収録曲。
3rdシングルとしてもリリースしています。
YouTubeでは2017年にチェスターが亡くなった後にファンにより再生回数を10億回にしようというファンの呼びかけが起こりました。
チェスターの情緒的な歌声が魅力の曲です。

2位:In the End

再生回数 13億再生
AMランキング 1
おすすめ ★★★★★

Hybrid Theory収録曲。
ラップがメインで構成されている曲です。
日本のポップスのようにサビのわかりやすい曲で、シノダの声の聞きやすさがラップの重さをなくしています。
このアルバムの中でもハードロックの要素が少ない曲であましハードロックを聞かない人も入りやすい曲です。

3位:What I’ve Done

再生回数 5.5億再生
AMランキング 7位
おすすめ ★★★★

Minutes to Midnight収録曲。
アルバムのリードシングルとしてリリースされた曲です。
M Vでは人間がしてきた愚かな出来事を写しています。全体的に軽やかなサウンドでキーボードのフレーズが印象的な曲です。

4位:New Divide

再生回数 5.1億再生
AMランキング 15位
おすすめ ★★★★

重めのドラムが印象的な曲です。
別れた恋人と時を戻してやり直したいという気持ちを歌った曲です。
チェスターの歌唱力を感じられる曲となっています。

5位:Faint

再生回数 3.4億再生
AMランキング 13位
おすすめ ★★★★★

Meteora収録曲。
ハードロックが好きならハマること間違いなしの1曲です。
ラップが主体でライブでも人気のある曲となっています。打ち込みに一斉に入っていく楽器隊の気持ちよさがある曲です。
去っていく人に対し自分を強く持っていくことを歌っています。

6位:Crawling

再生回数 3.4億再生
AMランキング 8位
おすすめ ★★★★

Hybrid Theory収録曲。
グラミー賞最優秀ロック·パフォーマンス賞を受賞している曲です。
チェスターの声が印象的な曲になっています。
ラップとのテンポ感が曲をダレされないものとしていて思わず体がうごいてしまう曲です。

7位:BURN IT DOWN

再生回数 3.3億再生
AMランキング 9位
おすすめ ★★★

Living Things収録曲。
間違いを繰り返す人間の愚かさが歌われています。
メンバーのマイク·シノダの説明では有名人が突然アイコニックに持ち上げられる一方で、
飽きられれば誹謗中傷される様子を表現したものだそうです。

8位:Breaking the Habit

再生回数 2.7億再生
AMランキング 12位
おすすめ ★★★★★

Meteora収録曲。
決まりを壊して自分らしくなるというのが歌われている曲です。
M Vがアニメーションで物語を感じさせます。
この曲では楽器隊がクリーンなサウンドを多く使っており爽やかな印象を受ける曲です。

9位:One more Light

再生回数 2.2億再生
AMランキング 11位
おすすめ ★★★★

One More Light収録曲。
アルバムのリード曲です。
チェスター·ベニントンの遺作となった作品で、それが人気の一因となっています。
メンバーの友人が闘病の末亡くなったことから生まれた曲だそうです。命のちっぽけさを歌っています。

10位:Somewhere I Belong

再生回数 2.3億再生
AMランキング 10位
おすすめ ★★★★★

Meteora収録曲。
1stシングルとしてもリリースされています。自らの孤独感を歌った曲です。
M Vにはメンバーがファンであるガンプラが数体でてきます。

その他:リンキンパークについて

リンキン·パークのボーカルであるチェスターは2017720日に自殺しこの世をさりました。
彼が何を思って自殺したのかは定かではないが多くのファンに衝撃が走りました。

リンキンパークは日本嫌い?

よく言われることでもあるがこの噂はあくまで噂の範疇に過ぎないです。
ガンプラが好きで日本の文化にも明るく日本版のアルバム発売には特別モデルのガンプラをセットにするということも行っていました。
来日も行う予定だったこともありバンドが日本を嫌う理由もとくには見当たりません。

リンキンパークは再始動した?

現在は再始動するという話は上がっていません。
しかし、バンドメンバーは集まって曲のアイディアを出しているとインタビューで答えていました。
リンキン·パークの曲を歌ってほしいと思える相手が見つかったら再始動を考えているとも話していますが、現実になるにはまだ先になりそうです。

リンキンパークの曲でトランスフォーマーに使われた曲は?

リンキン·パークはトランスフォーマーシリーズ3作全てに楽曲を提供してきました。
トランスフォーマーではWhat I’ve Done
トランスフォーマー/リベンジではNew Drive
トランスフォーマー/ ダークサイド·ムーンではIridescent
が楽曲提供されています。
現在この3曲をまとめたEPが配信限定作品として配信されています。
トランスフォーマーから興味が出た方にはおすすめの作品です。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須