Run DMC(ラン・ディーエムシー)代表曲ランキングオススメTOP10!

Run-DMCラン・ディーエムシー代表曲

今回は「Run DMC(ラン・ディーエムシー)」について紹介していきます。

プリントTシャツが有名なのでご存知の方も多いと思いますが、伝説的なHIPHOPアーティストなので是非、一度チェックしてみてください。

ヒップホップ界のパイオニア Run DMC(ラン・ディーエムシー)とは?

まずは、名前の由来とメンバー紹介をしていきます。

ラップとロックを融合した革新的なスタイルで不動の地位を手にしました。

アメリカ合衆国ニューヨーク出身の、

DJ:ジャム・マスター・ジェイ(ジェイソン・ミゼル)

MCRun(ジョセフ・シモンズ)

MCD.M.C.(ダリル・マクダニエルズ)

3人組ヒップホップ・グループです。

1980年代初頭にRunD.M.C.は「オレンジ・クラッシュ」という名前で活動し、1982年にはRun DMに改名しました。

由来は、メンバーの名前をつなげたものです。

後にDJのジャムがメンバーに加わったため、ジャムの名前がメンバー名に反映されていません。

経歴や・受賞・ノミネート歴について

1980年初頭に結成し、プロダクションを経営していたRunの兄のバックアップもあって

1983年には初シングルとなる『It’s Like That』をリリースしました。

1984年には初アルバムとなる『Run-D.M.C.』をリリースし、ミリオンを記録後、ヒップ・ホップアルバム初のゴールデン・ディスクを獲得しました。

また、音楽ののみの活動に留まらず、1985年主演映画「『クラッシュ・グルーブ』は、全米週末興行収入成績第2位を記録しました。

2009年には『ロックの殿堂入り』、2016年にはグラミー賞ライフタイム・アチーヴメント(功労賞)を受賞しました。

RUN-DMCの人気曲ランキング【最新】

ここからは人気曲をランキング形式で紹介していきます。

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 Walk This Way 9387万再生 2位 ★★★★★
2位 It’s Tricky 7938万再生 1位 ★★★★★
3位 It’s Like ThatRUN DMC, Jason Nevins 5787万再生 7位 ★★★★
4位 Christmas in Hollis 1580万再生 3位 ★★★★
5位 KING OF ROCK 1455万再生 6位 ★★★★★
6位 Peter Piper 922万再生 4位 ★★★★★
7位 Rock Box 881万再生 9位 ★★★★★
8位 sucker mcs 375万再生 5位 ★★★★
9位 DOWN WITH THE KING 580万再生 10位以下 ★★★★
10位 My Adisas 328万再生 8位 ★★★★
11位 Beats To The Rhyme 213万再生 10位以下 ★★★
12位 You Be lllin 61万再生 10位 ★★★

1位:Walk This Way

再生回数 9387万再生
AMランキング 2
おすすめ ★★★★★

1986年リリース。アルバム「Raising Hell」収録。

エアロスミスとのコラボであり、ラップとロックを見事に融合した画期的な一曲です。

エアロスミスの名曲Walk This Wayにテンポよく刻まれるRun-D.M.Cのラップにテンションがあがります。

バラエティ番組の踊るさんま御殿のエンディングでも使用されているため、聴いたことある!!というかたも多いのではないでしょうか。

トラックはサンプリングを使用しておらず、エアロスミスのスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーがレコーディングに参加しています。

MVでは最初一枚の壁を隔ててバトルしていたエアロスミスとRun-D.M.Cが、最終的に壁を壊し一緒にセッションする内容になっています。

2位:It’s Tricky

再生回数 7938万再生
AMランキング 1
おすすめ ★★★★★

リリースは1987年。アルバム「Raising Hell」収録

トニー・バジル「ミッキー」やTheKnack「マイ・シャローナ」をサンプリングしています。

80年代を彷彿とさせ、タイトルにもある「Tricky」のフレーズが耳に残る、ノれる一曲です。

MVでは路上での賭け師からRun-D.M.Cのトレードマークでもあるゴールドチェーンや指輪を奪い返す内容となっています。

3位:It’s Like ThatRUN DMC, Jason Nevins

再生回数 5787万再生
AMランキング 7
おすすめ ★★★★

1983年リリース。アルバム「Run-D.M.C.」収録。

Jason Nevinsとのコラボです。

重厚なビートを用いていながらアップテンポなリズムな曲です。

MVではさまざまな人種の若者たちがストリートダンスバトルを披露する内容になっています。

4位:Christmas in Hollis

再生回数 1580万再生
AMランキング 15位以下
おすすめ ★★★★★

1987年リリース。アルバムA Very Special Christmas」。

タイトル通りのクリスマスソングです。

終始ベルの音が使用されていてクリスマスさが演出されており、歌詞には美味しそうなクリスマス料理名が登場するなど、クリスマスに盛り上がる一曲となっています。

MVでは冒頭からサンタクロースが登場し、3人がお母さん手作りのソウル・フードやクリスマスの飾りつけをした家の中からラップを披露しています。

トレードマークのゴールドチェーン、ハット、スニーカーをプレゼントとしてもらうシーンもあります。

5位:KING OF ROCK

再生回数 1455万再生
AMランキング 6
おすすめ ★★★★★

1985年リリース。アルバム「King of Rock」収録。

こちらもラップ×ロックの融合!という一曲であり、ベース音が響くなかでラップを披露しています。

歌詞中にも何度もロックのフレーズが登場していて、意識していることがうかがえます。

MVでもバンドをバックにベースをかき鳴らすシーンのアップなどがでてきます。

6位:Peter Piper

再生回数 922万再生
AMランキング 4
おすすめ ★★★★★

2人の心地いいラップの掛け合いと不思議な世界観がある音楽に引き込まれる一曲です。

タイトルの「ピーター・パイパー」は英語圏の童謡であり、よく使われる早口言葉のひとつです。

Run-D.M.Cならではの言葉遊びのラップですね。

7位:Rock Box

再生回数 881万再生
AMランキング 9
おすすめ ★★★★★

1984年リリース。アルバム「Run-D.M.C.」。

ロック×ラップ×電子音楽の要素が詰まった一曲です。

ベース音メインのなかでラップをしていますが、

途中シンセサイザーのような電子音楽の要素が加わる場面も。

MVでは514と長めですが、曲自体が始まるのは111からになります。

80年代らしい懐かしさを感じるスタイルの女性がダンスを披露しています。

8位:sucker mcs

再生回数 375万再生
AMランキング 5
おすすめ ★★★★

1983年リリース。アルバム「Run-D.M.C.」収録。

重低音の効いた音楽のなかでリズムよくクラップ音とドラム音が刻まれている一曲です。

MVでは全体的にストリート系のテイストで国代表ごとのダンスバトルの内容です。

9位:DOWN WITH THE KING

再生回数 580万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

1993年リリース。アルバム「Down with the King」収録。

DJのスクラッチ音からはじまり、ダークな雰囲気と締まったラップが最高にカッコイイ一曲です。

夜のドライブにオススメです。

MVではゴシック調の建物の中でラップを披露しています。

10位:My Adisas

再生回数 328万再生
AMランキング 8
おすすめ ★★★★

1986年リリース。アルバム「Raising Hell」収録。

愛用のアディダス製スニーカーやジャージを流行らせるほどファッション界にも影響を与えていたRun-D.M.C.ならではの一曲!

見事にAdidasの広告塔にもなりました。

歌詞でも“My Adidas”のフレーズがふんだんに使われています。

曲のみならず、服のデザインでRun-D.M.C.のロゴデザインを見たことがある!というかたもいるのでは?

MVではアディダススニーカーが登場します。

その他:Run DMC(ラン・ディーエムシー)について

ここからは曲の紹介以外にも気になることを紹介していきます。

RUN DMCメンバーが死亡した原因は?

20021030日にDJのジャムマスター・ジェイがレコーディング・スタジオで射殺されました。

18年間未解決事件となっていましたが、2020817日に警察当局が2人を訴追されています。

一方、二人は「3人でやる以外考えられない」と活動休止を発表。

その後、ランは牧師となり2000年には回想録の出版をし、ランとマクダニエルは華やかな芸能界と一線を退いていましたが、

62回グラミー賞授賞式ではRun-D.M.C.とエアロスミスがパフォーマンスを披露する場面もありました。

RUN DMCのはいつ来日した?今後は?

1986年来日の際にはバラエティ番組いいとも!に出演したこともありました。

また、Run2017年にAdvertising Week Asia 2017」ゲストとして来日し、インタビューに回答しています。

今後については今のところ来日予定は発表されていませんが、また来日をしてくれるのを期待しましょう。

H3:RUN DMC(ランディーエムシー)はいいともに出演した?

1986年にはテレビ番組いいとも!に出演し、日米ラップデスマッチというコーナーを務めました。

コーナー内ではエアロスミスの楽曲を基に「Walk This Way」を生披露し、司会のタモリさんとラップ対決をする場面も!!

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須