Skrillex(スクリレックス)の【おすすめ・人気曲】ランキング25選!

今回はSkrillex(スクリレックス)のおすすめの曲や人気曲をランキング形式でご紹介します。

また、アーティストについても簡単に紹介しています。

時間がない方にもサクッとわかるようになっていますのでお気に入りの一曲を是非見つけてください。

目次

Skrillex(スクリレックス)とは?

Skrillex(スクリレックス)はアメリカのEDMプロデューサ兼DJです。

シンガーソングライターでもあります。

本名はSonny John Moore(ソニー・ジョン・ムーア)

ダブステップからのサブジャンルであるブロステップの第一人者です。

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)

Skrillexの経歴について

1988115日、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれ落ちます。

そのあとサンフランシスコに家族で移りますが、10年後には再びロサンゼルスに戻ってきます。

2004年から2007年はポスト・ハードコアバンドのリードボーカルとして活動。

2007年からソロ活動を始めます。

2012年、2013年、2016年とグラミー賞を受賞。

現在も自身の楽曲を発表しつつ、有名アーティストとのコラボなど精力的に活動中です。

ポスト・ハードコア(ハードコア・パンクからの派生ジャンルだが、定義は非常に曖昧。)

Skrillexのグラミー賞受賞について

2012年、第54回グラミー賞では、5部門ノミネートされ、最優秀ダンス/エレクトロニカ・アルバム賞と最優秀ダンス・レコーディング賞、さらに最優秀リミックス・レコーディング賞の3部門を受賞。

他に最優秀短編ミュージック・ビデオ賞と最優秀新人賞にノミネートされていました。

グラミー賞の最優秀新人賞にDJがノミネートされたのはこの時が初めてでした。

2013年、第55回グラミー賞でも3部門にノミネート。

昨年に引き続き、最優秀ダンス/エレクトロニカ・アルバム賞、最優秀ダンス・レコーディング賞、最優秀リミックス・レコーディング賞の3部門とも受賞しました。

2016年、第58回グラミー賞では最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞しました。

バンドからEDMアーティストに

Skrillex(スクリレックス)は、2004年から2007年までアメリカのポスト・ハードコアバンドの「From First to Last(フロム・ファースト・トゥ・ラスト)」のリードボーカルとして活動していました。

このときはまだ、Skrillex(スクリレックス)ではなく本名のSonny John Moore(ソニー・ジョン・ムーア)で活動。加入当時は15歳でした。

ここでリリースされた各アルバムもビルボードアルバムチャートにチャートインするほどの人気でした。

しかし、2006年以降声帯を痛めてしまい2007年に脱退。

2008年からSkrillex(スクリレックス)として現在のEDMプロデューサ兼DJとしてスタートします。

どんな曲調で人気なのか?

Skrillex(スクリレックス)の曲の多くはブロステップというジャンルに分類されます。ブロステップとはダブステップから派生したジャンルのひとつとなります。

ダブステップは低音域のサブベースを強調するスタイルに対して、ブロステップは中高音域のワブルベースで激しく攻撃的に強調しています。

彼の作るブロステップはエレクトロ・ハウスやUKダブステップをベースに、揺らすといったアレンジがされており、Skrillex(スクリレックス)の曲の魅力でもあり人気の理由のひとつでしょう。

Skrillex(スクリレックス)の人気曲・おすすめ曲ランキング

彼の数多くの人気曲の中から、視聴回数からみたランキング形式で紹介していきます。

この視聴回数を見るだけでもSkrillex(スクリレックス)のすごさ、人気ぶりがわかるのではないでしょうか?

今回のランキングはYoutube再生回数やアップルミュージックのランキング・個人的なおすすめを参考につけさせてもらっています。(2021年7月段階の情報)

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 Where Are U Now 11億再生 1位 ★★★★★
2位 Bangarang 8.5億再生 6位 ★★★★★
3位 Purple Lamborghini 4.7億再生 2位 ★★★★
4位 Scary Monsters And Nice Sprites 3.2億再生 8位 ★★★★
5位 Make It Bun Dem 5億再生 13位 ★★★★
6位 First Of The Year 4.4億再生 16位 ★★★★
7位 Mind feat. Kai 3.2億再生 20位以下 ★★★
8位 Tkake U There 1億再生 12位 ★★★★
9位 Summit 1.6億再生 20位以下 ★★★
10位 Rock n Roll 1.5億再生 20位以下 ★★★★
11位 RAGGA BOMB WITH RAGGA TWINS 1.5億再生 20位以下 ★★★
12位 Kill EVERYBODY 1.4億再生 20位以下 ★★★★
13位 KYOTO 1.4億再生 20位以下 ★★★★
14位 El Chapo 7456万再生 4位 ★★★★
15位 Wild For The Night 9436万再生 7位 ★★★★
16位 Would You Ever (with Poo Bear) 5481万再生 5位 ★★★★
17位 To U 6669万再生 11位 ★★★★
18位 Humble 6443万再生 14位 ★★★
19位 TRY IT OUT 9878万再生 20位以下 ★★★★
20位 Dirty Vibe 6067万再生 20位以下 ★★★
21位 BuRial 5928万再生 20位 ★★★★
22位 In Da Getto 977万再生 3位 ★★★★
23位 Cinema 5920万再生 20位以下 ★★★★
24位 Working For it 1087万再生 9位 ★★★★
25位 SICKO MODE 761万再生 10位 ★★★★

1位:Skrillex and Diplo – “Where Are Ü Now” with Justin Bieber

再生回数:11億再生 

AMランキング:1

おすすめ:★★★★★

あのジャスティンビーバーをフューチャーした曲で、Skrillex(スクリレックス)の最大のヒット曲とも呼べる曲です。

アメリカのDJであるDiplo(ディプロ)とのコラボ曲であり、この2人のユニット「Jack U」が、2014年にリリースしました。

盛り上がること間違いなしの一番人気曲です。

2位:SKRILLEX – Bangarang feat. Sirah

再生回数:8.5億再生

AMランキング:6

おすすめ:★★★★★

アメリカのラッパーのSirah(シラー)をフューチャーした曲です。

この曲で2013年に、グラミー賞最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞。

オープニングのイントロから盛り上がる部分が癖になる攻撃的でノリも良く、非常に人気がある曲です。

3位:Skrillex & Rick Ross – Purple Lamborghini

再生回数:4.7億再生

AMランキング:2

おすすめ:★★★★

この楽曲は映画「スーサイド・スクワッド」の劇中で使われた楽曲です。

ジョーカーとハーレー・クインが乗り回す紫のランボルギーニをモチーフにして、Skrillex(スクリレックス)とアメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のラッパー、Rick Ross(リック・ロス)のコラボ曲です。

4位:Skrillex – Scary Monsters And Nice Sprites

再生回数:3.2億再生

AMランキング:8

おすすめ:★★★★

2010年にリリースされたシングルで、アルバム「Scary Monsters and Nice Sprites」に収録。

アルバムのタイトルがこの曲名になっているように、この曲がヒットしたことで、Skrillex(スクリレックス)の名前が世界中に知りわたりました。

単純にめちゃくちゃかっこいいです。

5位:Skrillex & Damian “Jr. Gong” Marley – Make It Bun Dem

再生回数:5億再生

AMランキング:13

おすすめ:★★★★

Skrillex(スクリレックス)がジャマイカのレゲエDJDamian Marley(ダミアン・マーリー)通称Junior Gong(ジュニア・ゴング)とコラボ曲をリリース。

Damian Marleyはかの有名なレゲエミュージシャンBob Maeley(ボブ・マーリー)の息子です。

レゲエ色がより濃く出ている1曲です。

6位:Skrillex – First Of The Year (Equinox)

再生回数:4.4億再生

AMランキング:16

おすすめ:★★★★

2011年にシングルでリリース。

アルバム「More Monsters and Sprites」に収録されています。

ピアノの音なども混ざり複雑な美しいメロディの中に攻撃的なスクリレックスらしい攻撃的なサウンドも入っています。

Skrellex(スクリレックス)の代表曲のひとつです。

7位:Skrillex & Diplo – “Mind” feat. Kai

再生回数:3.2億再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★

2015年、Skrillex(スクリレックス)Diplo(ディプロ)のユニット「Jack U」リリースの「Skrillex and Diplo Present Jack U」収録。

本人も歌っているおり、比較的なまったりした曲調です。

カナダ出身のシンガー、Kai(カイ)をフューチャーしています。

8位:Jack Ü – Take Ü There feat. Kiesza

再生回数:1億再生

AMランキング:12

おすすめ:★★★★

Skrillex(スクリレックス)Diplo(ディプロ)のコラボユニット「Jack U」初のシングルで、カナダ出身女性シンガーのKiesza(カイザ)がゲスト参加。

曲の変化がめちゃくちゃ激しく、スクリレックスの才能が全開の一曲です。

9位:Skrillex – Summit (feat. Ellie Goulding)

再生回数:1.6億再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★

イギリス出身のシンガー・ソングライターのEllie Goulding(エリー・ゴールディング)をフューチャーした曲です。

Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)Skrillex(スクリレックス)の元カノでもあります。

10位:Skrillex – Rock n Roll (Will Take You to the Mountain)

再生回数:1.5億再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★★

2010年リリースのアルバム「Scary Monsters and Nice Sprites」に収録され、彼の音楽でロックンロールを表現している最高の1曲です。

エレクトロとロックンロールの融合しスクリレックスのワールドが炸裂した一曲です。

11位:Skrillex – Ragga Bomb Ft. Ragga Twins

再生回数:1.5億再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★

Skrillex(スクリレックス)のアルバム「Recess」に収録。

イギリスのMCデュオ、Ragga Twins(ラガ・ツインズ)をフューチャリングしています。原始的なリズムと力強いビートが印象的な一曲です。

12位:Skrillex – Kill Everybody

再生回数:1.4億再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★★

2010年リリース。アルバム「Scaty Monsters and Nice Sprites」に収録。

タイトルが恐ろしく、歌詞の中で「I want to kill everybody in the world」直訳で「この世界の人間を皆殺しにしたい」ってかなり攻撃的な内容になっています。

13位:SKRILLEX – KYOTO (FT. SIRAH)

再生回数:1.4億再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★★

日本大好きのSkrillex(スクリレックス)が曲のタイトルに 「KYOTO」としてリリース。

BangarangでコラボレーションしているアメリカのラッパーSirah(シラー)をフューチャリング。

曲を聞く限り「KYOTO」らしさは日本人では感じることはできないと思います。笑

14位:The Game & Skrillex – “El Chapo”

再生回数:7456万再生

AMランキング:4

おすすめ:★★★★

曲のタイトル「El Chapo(エルチャポ)とはメキシコの麻薬王「El Chapo(エルチャポ)こと、Joaquin Guzman(ホアキン・グスマン)を取り上げた楽曲です。

この曲をアメリカ合衆国カリフォルニア州コンプトン出身のラッパーであり、俳優でもあるThe Game(ザ・ゲーム)が「The Documentary 2」で音源を公開したすぐあとに、「The Documentary 2.5」をリリース。

そこにSkrillex(スクリレックス)とコラボした「El Chapo」が収録されています。

15位:A$AP ROCKY – Wild For The Night (Explicit) ft. Skrillex, Birdy Nam Nam

再生回数:9436万再生

AMランキング7

おすすめ:★★★★

2013年にアメリカの人気ラッパーA$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)をフューチャーしたコラボ曲です。

クラブのダンスフロアで盛り上がる曲に仕上がっています。

スクリレックスの楽曲の幅を感じる一曲です。

16位:Would You Ever (with Poo Bear)

再生回数:5481万再生

AMランキング:5

おすすめ:★★★★

2017年にリリースされたこの曲は、リードボーカルにジャスティン・ビーバーのヒット曲を多数手掛けた敏腕プロデューサーのJason Boyd(ジェイソン・ボイド)ことPoo Bear(プー・ベア)をフューチャリングしてコラボレーションしています。

Poo Bear(プー・ベア)にとってはこの曲がシンガーデビューとなりました。

17位:Skrillex & Diplo – To Ü ft AlunaGeorge

再生回数:6669万再生

AMランキング:11

おすすめ:★★★★

イギリス、ロンドン出身のエレクトロデュオAlunaGeorge(アルーナジョージ)Skrillex(スクリレックス)Diplo(ディプロ)のユニット「Jack U」がフューチャーしたコラボ曲。

攻撃的な一曲というよりスクリレックスの中では比較的まったり聞ける一曲です。

18位:Kendrick Lamar – HUMBLE. (Skrillex Remix)

再生回数:6443万再生

AMランキング:14

おすすめ:★★★

アメリカ合衆国カルフォルニア州コンプトン出身のラッパー、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)4枚目のスタジオアルバム「DAMN.」収録のナンバー「Humble」をSkrillex(スクリレックス)がリミックスした曲です。

19位:Skrillex & Alvin Risk – Try It Out

再生回数:9878万再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★★

こちらはSkrillex(スクリレックス)が盟友Alvin Risk(アルビン・リスク)とコラボした曲で、彼の1stフルアルバム「Recess」に収録されています。

攻撃的なサウンドで攻め攻めのスクリレックスの曲と一発でわかると思います。

20位:Skrillex – Dirty Vibe with Diplo, CL, & G-Dragon

6067万再生

20位以下

:★★★

この曲はDiplo(ディプロ)とのユニット「Jack U」結成前の2人のコラボ曲になります。Skrillex(スクリレックス)のアルバム「Ricess(リセス)」に収録された曲でG-DragonCLといったメンバーも参加しています。

余談ですがG-Dragonといえば韓国で人気のBIGBANのメンバーで日本人よりもやっぱりワールドワイドに活躍していると感じます。

21位:Yogi & Skrillex – Burial (feat. Pusha T, Moody Good, TrollPhace)

再生回数:5928万再生

AMランキング:20

おすすめ:★★★★

2015年リリースのこの曲は、イギリスのロンドンを拠点に活躍するYogi(ヨギ)2014年に発表した「Burial ft.Pusha T」にSkrillex(スクリレックス)がリミックスした曲で、他にMoody Good(ムーディ・グッド)Trollphace(トロールフェイス)がゲスト参加しています。

22位:J. Balvin, Skrillex – In Da Getto

再生回数:977万再生

AMランキング:3

おすすめ:★★★★

コロンビア出身のシンガーソングライター、J Balvin(ジェイ・バルヴィン)Skrillex(スクリレックス)によるコラボ曲です。

この曲は「David Morales & The Bad Yard Club」による90年代のヒット曲「In Da Getto」をサンプリングしており、当時のクラブカルチャーの定番曲を彼らたちのビジョンで再構築しています。

23位:Cinema

再生回数:5920万再生

AMランキング:20位以下

おすすめ:★★★★

イタリア出身の「エレクトロ界のゴッド・ファーザー」の異名を持つBenny Benassi(ベニー・ベナッシ)の曲を Skrillex(スクリレックス)がリミックスした曲です。彼らしい1曲に仕上がっています。

24位:Working For it

再生回数:1087万再生
AMランキング:9

おすすめ:★★★★

ロサンゼルスを拠点に活動するZHU(ズー)、彼のプロジェクトによりSkrillex(スクリレックス)R&BデュオTHEY(ゼイ)とのコラボで生まれたこの曲に、さらにインドネシア人ラッパーRich Brian(リッチ・ブライアン)がリミックス。

25位:SICKO MODE

再生回数:761万再生

AMランキング:10

おすすめ:★★★★

この曲はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のラッパー、Travis Scoott(トラヴィス・スコット)の楽曲をSkrillex(スクリレックス)によりリミックスされたものです。

Skrillex(スクリレックス)曰く「俺にとって、リミックスすること自体がレアなんだけど、それよりも曲の特定の部分に惚れ込むことのほうがもっとレアなんだ。」といわしめた曲です。

Skrillex(スクリレックス)のおすすめコラボ曲を紹介

Skrillex(スクリレックス)は上記のランキングでもわかるように数多くの有名アーティストとコラボしています。上記のランキング以外の曲にも次に紹介するようなアーティストとコラボしています。

Mr.Oizo/End Of The World

Skrillex(スクリレックス)は、自分が最も大きく影響を受けたアーティストの一人にMr.Oizo(ミスター・オワゾ)の名前を上げています。そんな彼の楽曲に参加したのがこの「End Of The World」です。

Mr.Oizo(ミスター・オワゾ)とは、フランス出身のミュージシャンで独特の作風が特徴的です。

そんな二人、Skrillex(スクリレックス)Mr.Oizo(ミスター・オワゾ)の融合した曲をお楽しみください。

A$AP Ferg/Hungry Ham

Skrillex(スクリレックス)が、2016年にアメリカのニューヨーク・ハーレム出身のラッパー、A$AP(エイサップ・フォーグ」とのコラボした曲がこの「Hungry Ham」です。

Skrillex(スクリレックス)の音楽とラップの融合、新しいミュージックをお聞きください。

その他:Skrillex(スクリレックス)について

経歴やランキング以外の情報も少し補足します。

日本での活動や日本は好き?

Skrillex(スクリレックス)は大の親日家としてもしられています。これまでに「ULTRA JAPAN」や「FUJI ROCK」、「EDC JAPAN」にも出演してきました。

当然、単独来日ツアーも行われています。

彼の楽曲の中には「Kai Sui」や「Kyoto」など日本に関連したものもあります。中でも「Kai Sui」は日本語で彼自信がボーカルをつとめています。

宇多田ヒカルとのコラボ曲、ゲームソフト「KINGDOM HEARTS Ⅲ」のオープニングテーマ「Face My Fears」も制作されました。

日本が大好きな彼は、プライベートでもよく来日しているようですが、あるときに、道端でファンに声をかけられ、気軽に写真撮影を了承、そのファンがTwitterで写真を公開したところあっという間に拡散され、渋谷に多くのファンが集まったということでも話題になりました。

突然の来日で、東京と京都でライブが開催されたということもありました。

まとめ:Skrillex(スクリレックス)のお気に入りの曲を見つけよう!

いかがでしたでしょうか?

Skrillex(スクリレックス)EDMを楽しんでいただけましたでしょうか?

彼の奏でる音楽はEDMやクラブミュージックを普段聞かない方でも、何か聞いてしまうようなところがあるのではないでしょうか?

私のお気に入りは「Scary Monsters And Nice Sprites」がめちゃくちゃかっこいいと感じています。

彼のブロステップと、それと交わる多くのアーティストとのコラボで生まれる新しい「音」は、あなたのお気に入りの曲も見つかるのではないでしょうか?

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須