Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の代表曲20選!人気曲やおすすめも!

この記事ではArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の人気曲・おすすめ曲、代表曲をYoutubeの再生回数や音楽のランキングサイトの順位、おすすめ度などを参考にランキング形式で紹介しています。

時間がない方でも人気曲がサクッとわかる内容になっており、アーティストについて(経歴・出身・どんな人か)も紹介しているので、音楽だけでなく人物像についても知りという方にもおすすめの記事になっています。

目次

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)とは

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)、「ダンスミュージック界の神」とも呼ばれる彼がどんな人なのか?

数々の偉業を成し続ける「Armin van Buuren」を順をおって見ていきましょう。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の生年月日や出身地

Armin nan Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)は、19761225日のクリスマスに誕生しました。

ダンスミュージック大国オランダの南ホラント州ライデン出身です。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の経歴(学歴やキャリア、経歴は)

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)は、14歳のころから作曲活動をはじめ、大学に入学して勉強しながらトランスDJ として地元のナイトクラブからキャリアをスタートさせました。

その大学とは、オランダの名門国立大学の「ライデン大学」です。

その中でもレベルが高いと言われる「法学部」に在籍していました。

そこで「弁護士」を目指していたというから驚きです。

19歳の時にリリースした「Blue Fear」と「Communication」が大ヒットし、Armin van Buurenの名はオランダ中に知れ渡りました。

大学はDJ活動が忙しくなる中、一旦休学しますが、「家族との約束を守るため」に復学して見事に大学も卒業します。

DJ Magで過去に5回も1位に輝いたもはや伝説的な存在

DJ Mag」とはイギリスのダンスミュージック誌で、その雑誌の人気企画「Top 100 DJs」は、世界の人気DJランキングとして毎年大きな注目を集めています。

その「Top 100 DJs」でArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)は、2007~2010年、2012年に1位に輝きました。

ちなみに200620112013年は2位、2003~200520142017年は3位、2015201620182020年は4位にランクインしています。

2003年から2020年の順位をまとめてみると、1位を5回、2位を3回、3位を5回、4位を5回とランクインしています。

現在までに1位に5度君臨したのは彼だけであり、12年間連続、通算13回の3位以内にランクインし、18年間の長い間、ずっと4位以内をキープし続けているArmin van Buurenn(アーミン・ヴァン・ブーレン)がいかにすごいDJであるのかがおわかりでしょう。

EDM・ダッチトランスといえばアーミン

ダッチトラストは、1990年代後半にユーロトランスの1ジャンルとして派生し、オランダを中心に流行し始めた音楽です。

その代表的なアーティストと言えば「トランス界の貴公子」「トランス界の帝王」とも呼ばれるArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)なのです。

母国オランダの新国王の即位式典の際に、オーケストラと共にステージに上がり、オランダ全国民の前で彼のDJプレイが披露されました。

彼の音楽は、オランダ王室さえも認めるほどに、オランダ全国民から愛されています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のおすすめ・人気曲・代表曲20選!

Yotubeやアップルミュージックのランキング・おすすめなどを参考にオリジナルでランキングをつけています。表は23位まで掲載していますが、曲の紹介は20位までです。(2021年8月時点)

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 Blah Blah Blah 5.5億再生 2位 ★★★★★
2位 in and out of love 2.4億再生 10位 ★★★★
3位 This Is What It Feels Like 1.1億再生 1位 ★★★★★
4位 Great Spirit 1.4億再生 9位 ★★★★
5位 Turn It Up 6432万再生 2位 ★★★★
6位 Sunny Days 4162万再生 3位 ★★★★
7位 I Need You 2291万再生 4位 ★★★★
8位 Another You 2723万再生 6位 ★★★★
9位 Waiting For The Night 2325万再生 15位以下 ★★★★
10位 The Last Dancer 1829万再生 15位以下 ★★★
11位 Our Origin 1486万再生 15位以下 ★★★★★
12位 Therapy 998万再生 8位 ★★★★
13位 Intense 985万再生 15位以下 ★★★
14位 Heading Up High 753万再生 12位 ★★★★★
15位 My Symphony 850万再生 15位以下 ★★★
16位 Save My Night 636万再生 15位以下 ★★★★
17位 You Are 338万再生 15位以下 ★★★
18位 Alone 173万再生 5位 ★★★★
19位 Drowning 271万再生 15位以下 ★★★
20位 Off the Hook 162万再生 14位 ★★★★
21位 Leave a Little Love 139万再生 15位 ★★★
22位 Show Me Love 113万再生 11位 ★★★★
23位 Runaway 59万再生 7位 ★★★★

1位:Armin van Buuren – Blah Blah Blah

再生回数:5.6億再生

AMランキング:2

おすすめ:★★★★★

この曲は、YouTube5.6億回も視聴されているクラブアンセムで、Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の代表曲のひとつでもあります。

2018年にリリースされたこの曲は、ライブの最後にかかることも多い曲で、ハンドダンスともいえるジェスチャーが注目され、ライブでは大合唱が起こり、ジェスチャーを真似する人も続出する盛り上がること間違いなしの1曲です。

2位:Armin van Buuren feat. Sharon den Adel – In And Out Of Love

再生回数:2.4億再生

AMランキング:10

おすすめ:★★★★

2008年にリリースされたこの曲は、オランダ出身のシンガーソングライターSharon Den Adel(シャロン・デン・アデル)をボーカルに迎え、YouTube2.4億回も視聴されている人気曲です。

彼女の美しい歌声とArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の音楽とのコラボをお聴きください。

3位:Armin van Buuren feat. Trevor Guthrie – This Is What It Feels Like

再生回数:1.1億再生

AMランキング:1

おすすめ:★★★★★

この曲は、カナダ出身のシンガーソングライター、Trevor Guthrie(トレバー・カズリー)をフィーチャーして、2014年にリリースした曲です。

この曲は、2014年のグラミー賞でベストダンス部門にノミネートされました。

YouTubedでも1.1億回以上も再生されています。

Airmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の音楽とTrevor Guthieの歌の融合をお楽しみください。

4位:Armin van Buuren vs Vini Vici feat. Hilight Tribe – Great Spirit

再生回数:1.4億再生

AMランキング:9

おすすめ:★★★★

2016年にリリースのArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)が、イスラエルのDJデュオVini Vici(ヴィニ・ヴィチ)とのコラボした曲に、フランスの6人組カトランスバンドHilight Tribe(ハイライト・トライブ)をフィーチャリングした楽曲です。

ネイティブアメリカンを題材にしたこの曲らしいEDMと民族音楽が融合したサウンドは圧巻です。

5位:Armin van Buuren – Turn It Up

再生回数:6432万再生

AMランキング:2

おすすめ:★★★★

2019年にリリースされたこの曲もArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の代表曲です。

1位で紹介した「Blah Blah Blah」に続くビッグアンセムで、フェスやライブで必ず盛り上がる1曲です。

非常にノリ易い曲調で、はじめて聴いた人でも馴染みやすい曲に仕上がっています。

6位:Armin van Buuren feat. Josh Cumbee – Sunny Days

再生回数:4162万再生

AMランキング:3

おすすめ:★★★★

この曲はArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)がアメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイム生まれのシンガーソングライターJosh Cumbee(ジョシュ・カンビー)をボーカルに迎えたコラボ曲です。

2017年にリリースされ、ビルボードダンスチャートで1位に輝くほどの大ヒット曲です。

Joshの歌声とArminの音楽の融合をお楽しみください。

7位:Armin van Buuren & Garibay – I Need You (feat. Olaf Blackwood)

再生回数:2291万再生

AMランキング:4

おすすめ:★★★★

2017年にリリースのこの曲はArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)Lady Gaga(レディ・ガガ)などのプロデュースで知られるFernando Garebay(フェルナンド・ガリバイ)のコラボ曲です。

その曲にLAのシンガーソングライターのOlaf Blackwood(オラフ・ブラックウッド)をフィーチャーしました。

8位:Armin van Buuren feat. Mr. Probz – Another You

再生回数:2723万再生

AMランキング:6

おすすめ:★★★★

この曲は、Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の曲に、オランダ出身のラッパー兼シンガーソングライターでもあるMr.Probz(ミスター・プロブズ)をボーカルに迎えた、2015年にリリースのヒット曲です。

曲の出だしはポップミュージックっぽく入り、Mr.Probzの少しハスキーな歌声が入り、Arminらしい曲調に変わっていくすごくカッコいい曲です。

9位:Armin van Buuren feat. Fiora – Waiting For The Night

再生回数:2325万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★★

2013年にリリースされたArmin van Buurenn(アーミン・ヴァン・ブーレン)の曲に、オーストラリア出身でドイツのベルリンを拠点に活動している、シンガーソングライターのFiora Cutler(フィオラ・カトラー)をボーカルに迎えたコラボ曲です。

Fioraの透き通るような歌声とArminの音楽を聴いてください。

10位:Armin van Buuren vs Shapov – The Last Dancer

再生回数:1829万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

この曲は2018年リリースされました。ロシア出身のDJ兼プロデューサーShapov(シャポヴ)Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のコラボ曲です。

Arminの音楽とShapovの独特のサウンドが融合した至高の1曲に仕上がっています。

11位:Armin van Buuren vs Shapov – Our Origin

再生回数:1486万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★★★

こちらは上記10位の「The Last Dancer」をリリースしてから、わずか4ヵ月と短い期間で立て続けにShapov(シャポヴ)とのコラボ曲がリリースされ大きな話題を呼びました。

再び組んだコラボ曲をお聴きください。

12位:Armin van Buuren feat. James Newman – Therapy

再生回数:998万再生

AMランキング:8

おすすめ:★★★★

2018年にリリースされたArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の曲に、イギリスのロンドンを拠点に活動するシンガーソングライターJames Newman(ジェームス・ニューマン)をボーカルに迎えてのコラボ曲です。

13位:Armin van Buuren feat. Miri Ben-Ari – Intense

再生回数:985万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

この曲は2013年にリリースされました。Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の曲に、イスラエル出身のヒップホップ・ヴァイオリニストのMiri Ben-Ari(ミリ・ベン・アリ)をフィーチャリングしました。

Arminの音楽とMiriのヴァイオリンとの異色のコラボが上手く融合した1曲をお聴きください。

14位:Armin van Buuren feat. Kensington – Heading Up High

再生回数:753万再生

AMランキング:12

おすすめ:★★★★★

2015年にArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)がオランダのロックバンドKensington(ケンジントン)をフィーチャーしてリリースしたのが、この曲です。

リードボーカルのEloi(エロイ)をボーカルとして迎えるだけでなく、Arminのこだわりでバンドメンバー全員に参加してもらったそうです。

Arminの音楽とKensingtonのロックのコラボレーションをお楽しみください。

15位:Armin van Buuren – My Symphony

再生回数:850万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

2017年にリリースされたこの曲は、Ultra Music Festival Miami 2017 において、Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のステージのオープニングに使用されました。

フェスのオープニングをイメージして聴いてみて下さい。気持ちが盛り上がってきますよ。

16位:Armin van Buuren – Save My Night

再生回数:636万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★★

2013年にリリースされました。

この曲の歌詞は非常に短いのですが、Armin Van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)に語りかけられているような感覚、音楽が魂を、ビートが人生を救ってくれる「Tonight」と語りかけられれば、盛り上がり間違いなしの1曲です。

Arminの音楽と言葉を感じてみて下さい。

17位:Armin van Buuren and Sunnery James & Ryan Marciano – You Are

再生回数:338万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)と、オランダ・アムステルダム出身のDJデュオのSunnery James & Ryan Marciano(サナリー・ジェームズ&ライアン・マルシアーノ)との2017年リリースのコラボ曲です。

ArminのトランスとSunnery & Ryanのファンキーハウスの融合したミュージックをお聴きください。

18位:Armin van Buuren feat. Lauren Evans – Alone

再生回数:173万再生

AMランキング:5

すすめ:★★★★

2013年にリリースされたこの曲はArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の曲に、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライターLauren Evans(ローレン・エヴァンズ)をボーカルに迎えました。

彼女の美しい歌声とArminの音楽とのコラボレーションをご堪能下さい。

19位:Armin van Buuren feat. Laura V – Drowning

再生回数:271万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

この曲は2010年にリリースされたArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)がイングランド・サリー出身のLaura V(ローラ・ヴィシリウ)をフィーチャリングした曲です。

Drowningには、スウェーデン出身のAvicii(アヴィーチ)によるリミックスもあります。

20位:Hardwell & Armin van Buuren – Off The Hook

再生回数:162万再生

AMランキング:14

おすすめ:★★★★

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)とオランダ出身の人気DJHardwell(ハードウェル)のコラボ曲で2015年にリリースされました。

人気DJ2人の音楽の融合をお楽しみください。

その他:Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)について

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)についてもう少し見ていきましょう。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の兄弟はいるの

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)には、弟がいます。彼の弟はEller van Buuren(エレール・ヴァン・ブーレン)でギタリストをやっています。

Arminの曲「Yet Another Day(feat.Ray Willson)」では兄弟で共演をしています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)は「Armada Music」の創設者

Admada Music」は,2003年に設立されたオランダのEDMに特化した人気レーベルです。

このレーベルはある3人によって設立されました。

その創設者の1人がArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)で、あとの2人はMaykel Piron(マイケル・ピーロン)David Lewis(デヴィット・ルイス)です。

この3人の創設者の名前最初の2文字からとって「Ar-Ma-Da」から「Armada」になっています。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)がプロデュースしたアーティストについて

上記の「Armada Music」からは自身の楽曲はもちろん、多くの有名アーティストをプロデュースし、リリースのサポートも行っています。

その中には、EDMの代表的DJの1人Afrojack(アフロジャック)や、ダッチトランスやエレクトロハウスを得意とするDJW&W(ダブルアンドダブル)、ダッチトランス系DJDash Berlin(ダッシュ・ベルリン)がいます。

他にもトロピカル・ハウスのLost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)やプログレッシブ・トランスのAndrew Rayei(アンドリュー・レイエル)、近年ではカナダ出身のデユオDJLoud Luxury(ラウド・ラグジュアリー)などもいます。

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の年収は

2019年フォーブス調べによりますと、「世界のDJ年収ランキング」でArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)は第10位にランクインしています。

推定年収で1500万ドル、日本円にして約163000万円も稼いでいます。

まとめ:Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)のお気に入りの曲を見つけよう!

Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の魅力は伝わりましたでしょうか? 

彼の「神」と呼ばれる理由もわかっていただけたと思います。

今回紹介した曲の中でお気に入りの曲を見つけることはできましたでしょうか?

何度も日本のフェスにも参加してくれているので、来日の際には是非、生のArmin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)の音楽を体で感じてみて下さい。

私が好きな曲は「Blah Blah Blah」「This Is What It Feels Like」などです。

まさに「アンセム」と呼ぶにふさわしい名曲だと思います。

皆様もぜひお好きな曲を見つけてみてくださいね。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須