Don Diablo(ドン・ディアブロ)の最強おすすめ・人気曲ランキング20選!

この記事ではDon Diablo(ドン・ディアブロ)の人気曲・おすすめ曲、代表曲をYoutubeの再生回数や音楽のランキングサイトの順位、おすすめ度などを参考にランキング形式で紹介しています。

時間がない方でも人気曲がサクッとわかる内容になっており、アーティストについて(経歴・出身・どんな人か)も紹介しているので、音楽だけでなく人物像についても知りという方にもおすすめの記事になっています。

目次

いまさら聞けないDon Diablo(ドン・ディアブロ)とは?

Don Diablo(ドン・ディアブロ)とはどんな人なのでしょうか?

順を追って、彼のことを見ていきましょう。

出身や経歴

Don Diablo(ドン・ディアブロ)は、1980227日に誕生しました。

本名はDon Pepijn Schipper(ドン・ピピン・シッパー)で彼は、幼少期から音楽に触れ合い、15歳で楽曲の製作を開始します。

そして、その年齢でレコード会社と契約を結ぶという神童だったのです。

彼はオランダ出身のDJ兼音楽プロデューサーです。

2005年には、自身のレーベル「Sellout Sessions」を立ち上げています。

またその人気は、世界中のDJの人気を計るバロメーターとなっている、イギリスのダンスミュージック誌「DJ Mag」の人気企画「Top 100 DJs」において、2014年に82位で初ランクインを果たします。

2015年は30位、2016年には15位と着実にランキング順位を上げていきます。

この注目度大の人気EDMアーティスト「Don Diablo(ドン・ディアブロ)」は、世界中で開催される人気フェス「Ultra Music Festival Miami 2016」にも参加しています。

そして世界からの注目を集めていくなかで、2017年には「Top 100 DJs」で11位にランクインします。

そこからは2018年は7位、2019年、2020年は6位を獲得します。

彼の人気ぶりが、わかって頂けたのではないでしょうか!

Don Diablo(ドン・ディアブロ)のジャンルと言えば「フューチャーハウス」

近年大人気の「フューチャーハウス」と言えば、「Don Diablo(ドン・ディアブロ)」の名前が一番に上がるのではないでしょうか。

そこで「フューチャーハウス」とは何か?

それは、EDMとハウス・ミュージックが融合したジャンルのことです。

「フューチャーハウス」というジャンルは、フランスのDJ兼プロデューサー「TCHAMI(チャミ)」が自身のSoundcloudに♯Future Houseとタグ付けしたことから始まりました。

フューチャーハウスは曲全体が派手すぎず、ドロップが落ち着いているのが特徴で、EDM初心者でも非常に聴きやすくなっています。

是非、Don Diablo(ドン・ディアブロ)の曲を聴いてみて下さい。

Don Diablo(ドン・ディアブロ)の人気・おすすめ・代表曲ランキング

Yotubeやアップルミュージックのランキング・おすすめなどを参考にオリジナルでランキングをつけています。(2021年8月時点)

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 OnMyMind 5897万再生 4位 ★★★★★
2位 Cutting Shapes 5400万再生 7位 ★★★★
3位 What We Started 2792万再生 5位 ★★★★
4位 Save A Little Love 3022万再生 15位 ★★★★★
5位 Bad 1755万再生 2位 ★★★★
6位 Head up 2018万再生 12位 ★★★★
7位 Surveive 2068万再生 14位 ★★★★
8位 Momentum 1536万再生 9位 ★★★★
9位 Paople Say 1607万再生 18位 ★★★★
10位 Take Her Place 568万再生 1位 ★★★★
11位 Children of a Miracle 873万再生 6位 ★★★
12位 I Got Love 712万再生 11位 ★★★★
13位 Everybody’s Somebody 1094万再生 17位 ★★★
14位 You’re Not Alone 601万再生 13位 ★★★★
15位 Heaven To Me 993万再生 16位 ★★★
16位 Too Much to Ask 51万再生 3位 ★★★★
17位 Chemicals(feat.ThomasTroelsen) 311万再生 10位 ★★★★★
18位 Problems 70万再生 8位 ★★★★
19位 Mr Brightside 78万再生 19位 ★★★★
20位 Kill Me Better 88万再生 20位 ★★★★

それでは「フューチャーハウス界のドン」Don Diablo(ドン・ディアブロ)の人気曲の中から、おすすめランキング20位までをお聴きください。

1位:Don Diablo – On My Mind

再生回数:5897万再生

AMランキング:4

おすすめ:★★★★★

2015年にリリースされた曲です。

YouTubeで約5900万再生され、ミュージックビデオでは世界42カ国を周ったツアーの映像が編集されています。

この曲は彼の代表する曲のひとつでもあり、リズミカルでテンポがよく、彼らしい曲に仕上がっています。

2位:Don Diablo – Cutting Shapes

再生回数:5400万再生

AMランキング:7

おすすめ:★★★★

2016年に彼のレーベル「HEVAGON」からリリースされた曲です。

ベルギーやフランスでチャートインした人気曲で軽快なステップのメロディーに思わず体が動いてしまうような曲です。

3位:Don Diablo & Steve Aoki x Lush & Simon – What We Started ft. BullySongs

再生回数:2792万再生

AMランキング:5

おすすめ:★★★★

2016年にリリースした「What We Started」は、アメリカ出身のDJであるSteve Aoki(スティーブ・アオキ)とイタリア出身のDJデュオであるLush & Simon(ラッシュ&サイモン)とコラボした楽曲です。

ボーカルにはイギリス出身のBully Songs(ブリー・ソングス)を迎えています。

EDMバラード調で歌詞と映像もあいまって、何かすごく懐かしく心を奮い立たせてくれる曲です。

4位:Don Diablo – Save A Little Love

再生回数:3022万再生

AMランキング:15

おすすめ:★★★★★

2017年に自身のレーベル「HEXAGON」からリリースされました。

この曲は「Ultra Music Festival Miami 2017」で初披露されました。

ミュージックビデオをみていると軽快な音楽で一緒に踊りたくなってしまいます。

5位:Don Diablo – Bad ft. Zak Abel

再生回数:1755万再生

AMランキング:2

おすすめ:★★★★

2020年にイギリス出身のシンガーソングライターのZak Abel(ザック・アビル)をフィーチャーした作品です。

この楽曲には、世界中に蔓延した新型コロナウィルスで苦境に立たされた人々に、「少しでも音楽で明るさを取り戻して欲しい」との想いが込められています。

6位:Don Diablo – Head Up ft. James Newman

再生回数:2018万再生

AMランキング:12

おすすめ:★★★★

イギリス出身のシンガーソングライターJames Newman(ジェームス・ニューマン)を迎えて、2018年にリリースされた楽曲です。

アルバム「FUTURE(Deluxe Edition)」に収録されています。

7位:Don Diablo – Survive feat. Emeli Sandé & Gucci Mane

再生回数:2068万再生

AMランキング:14

おすすめ:★★★★

2018年に、アメリカ合衆国アラバマ州バーミングハム出身のラッパーGucci Mame(グッチ・メイン)と、イギリススコットランド出身のシンガーソングライターEmeli Sande(エミリー・サンデー)をフィーチャーした楽曲です。

8位:Don Diablo – Momentum

再生回数:1536万再生

AMランキング:9

おすすめ:★★★★

この曲はFatboy Slim(ファットボーイ・スリム)の「Right Here,Right Now」をサンプリングして2017年にリリースし、話題になった曲です。

Right Here(ちょうどこの場所で)Right Now(たった今)」が印象的に曲の中で繰り返されることによって、ライブの一体感が高まり盛り上がります。

9位:Don Diablo – People Say ft. Paije

再生回数:1607万再生

AMランキング:18

おすすめ:★★★★

2018年に自身のレーベル「HEXAGON」から、ボーカルにロンドンを拠点に活動する、シンガーソングライターPaije(ペイジ)を迎い入れてリリースしました。

アルバム「FUTURE(Deluxe Edition)」に収録されています。

10位:Don Diablo ft. A R I Z O N A – Take Her Place

再生回数:568万再生

AMランキング:1

おすすめ:★★★★

アメリカ合衆国のエレクトロポップバンド「ARIZONA」とのコラボ曲です。

ボーカルにはARIZONAのフロントマン、Zach Hannah(ザック・ハナー)がヴォーカルをつとめました。

2017年にリリースされた楽曲です。

11位:Don Diablo & Marnik – Children Of A Miracle

再生回数:873万再生

AMランキング:6

おすすめ:★★★

2017年にイタリアの人気DJデュオ「Marnik(マーニク)」とのコラボ曲「Children Of A Miracle」をリリースします。

ミュージックビデオはファンタジー映画のような映像になっています。

Marnik(マーニク」はEmanuele(エマニュエル)Alessandro(アレスサンドロ)2人組でこの曲以外でもSteve Aoki(スティーブ・アオキ)らともコラボしています。

12位:Don Diablo – I Got Love ft. Nate Dogg

再生回数:712万再生

AMランキング:11

おすすめ:★★★★

この曲はアメリカ合衆国のR&B歌手のNate Dogg(ネイト・ドッグ)の曲「I Got Love」をDon Diablo(ドン・ディアブロ)がサンプリングして2015年にリリースしました。

Nate Dogg(ネイト・ドッグ)は、西海岸を代表するヒップホップ歌手でありましたが2011年に亡くなりました。

西海岸のヒップホップとフューチャーハウスの融合した音楽をお楽しみください。

13位:Don Diablo – Everybody’s Somebody ft. BullySongs

再生回数:1094万再生

AMランキング:17

おすすめ:★★★★

2018年にリリースされた「Everybody’s Somebody」は、イギリス出身のBully Songs(ブリー・ソングス)をボーカルに迎えています。

彼は3位にランクインしている「What We Started」でもボーカルをしていますが、歌声が曲とマッチして聞き入ってしまいます。

14位:Don Diablo – You’re Not Alone ft Kiiara

再生回数:601万再生

AMランキング:13

おすすめ:★★★★

この曲は2019年にリリースされました。ボーカルには、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のシンガーソングライターKiiara(キアーラ)を迎えています。

彼女はさまざまなEDMにも参加しています。

彼女の歌声と曲のコラボをお聴きください。

15位:Don Diablo – Heaven To Me ft. Alex Clare

再生回数:993万再生

AMランキング:16

おすすめ:★★★

2018年にリリースのこの曲は、イギリスロンドン出身のシンガーAlex Clare(アレックス・クレア)をボーカルに迎えたコラボ曲になります。

彼とは、2013年にリリースされた「Get It All」以来の2度目のコラボになります。

16位:Don Diablo & Ty Dolla $ign – Too Much To Ask

再生回数:51万再生

AMランキング:3

おすすめ:★★★★

2021年リリースされたばかりの最新曲です。

アメリカ合衆国カルフォルニア州ロサンゼルス出身のラッパーTy Dolla $ign(タイ・ダラー・サイン)をフィーチャーしています。

Don Diablo(ドン・ディアブロ)は、国連の世界環境デーに参加し、この「Too Much To Ask」を披露しています。

なお、この曲の収益のすべては、地球の再緑化活動をサポートする「Justdiggit」に寄付されるそうです。

17位:Tiësto & Don Diablo – Chemicals (feat. Thomas Troelsen)

再生回数:311万再生

AMランキング:10

おすすめ:★★★★★

この曲は2015年にリリースされました。

同じオランダ出身の大御所DJTiesto(ティエスト)とのコラボ曲になります。

ボーカルにはデンマーク出身のシンガーソングライター、 Thomas Troelsen(トーマス・トールセン)を迎えています。

この曲は、スウェーデンやベルギーでチャートインしたヒット曲です。

18位:Don Diablo & JLV – Problems ft. John K

再生回数:70万再生

AMランキング:8

おすすめ:★★★★

2021年に自身のレーベル「HEXAGON」からリリースしたばかりの最新曲です。

しかし、この曲は2019年末からDon Diablo(ドン・ディアブロ)がフェスでデモ版をプレイしつつ温めていた隠し玉で、ファンにリリースを待ち望まれていました。

オランダ出身のプロデューサーJLVとのコラボ曲で、アメリカ合衆国出身のシンガーソングライターJhon K(ジョン・K)をフィーチャーしました。

EDMにゴスペルスタイルの雰囲気をいれたこの曲は、Don Diablo(ドン・ディアブロ)が自身のWebサイトで「リリースするのは今がベストだと感じました。」と言わしめた曲を聴いてみて下さい。

19位:Don Diablo – Mr. Brightside

再生回数:78万再生

AMランキング:19

おすすめ:★★★★

この曲は、アメリカ合衆国ラスベガス出身のロックバンド、The Killers(ザ・キラーズ)の「Mr.Brightside」を何年も前から数々のショーでプレイしてきたDon Diablo(ドン・ディアブロ)が、2020年にリメイクしてリリースした曲です。

ロックテイストの曲がフューチャーハウスに生まれ変わったこの曲を聴いてみて下さい。

20位:Don Diablo & Imanbek ft. Trevor Daniel – Kill Me Better

再生回数:88万再生

AMランキング:20

おすすめ:★★★★

2020年リリースのこの曲は、カザフスタンのプロデューサーImanbek(イーマンベック)とのコラボ曲で、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のシンガーソングライター、Trevor Daniel(トレバー・ダニエル)をボーカルに迎えました。

Imanbek(イーマンベック)は、20001021日生まれの20歳です。(20218月現在)

彼はカザフスタンで初めてのグラミー賞にノミネート&獲得したアーティストであり、カザフスタンの大統領から「The Son of Kazakhstan(カザフスタンの希望の子)」とまで称されました。

そんなImanbek(イーマンベック)と、フューチャーハウスの帝王Don Diablo(ドン・ディアブロ)のコラボ曲を楽しんでください。

その他:Don Diablo(ドン・ディアブロ)の魅力を紹介

以下ではよりパーソナルな情報をご紹介します。

Don Diablo(ドン・ディアブロ)、2022年に上映予定の映画「Forever Young」担当に?

この映画「Forever Young」は、強烈なラブストーリーと社会の裏にあるダークサイドな部分とソーシャルメディアに翻弄されていき、名声を手に入れた主人公のLiam Novaが、周りから孤立していくなかで、自分自身からも孤立していく姿が描かれた「メンタルヘルス」をテーマとした映画です。

このインタラクティブでハイテクな劇場体験となる劇場作品、「Forever Young」の音楽監督をDon Diablo(ドン・ディアブロ)が務めることが明らかになりました。

Don Diablo(ドン・ディアブロ)の代名詞、自身が率いるHexagonとは?

そのトレードマークとファッション 

2014年に新しいビジュアル・コンセプトのレーベル「The Hexagon(ザ・ヘキサゴン)」を立ち上げました。アメリカで活動するビジュアル・カンパニー「VSquared Labs」とのコラボで視覚的にも楽しめるように企画しています。

また、様々なアーティストの楽曲をリリースし、最も注目を集めるレーベルとも言えます。

Hexagon(ヘキサゴン)」とは六角形の意味で、彼のトレードマークでもある六角形のマークはここからイメージされてデザインされたものです。

また、Don Diablo(ドン・ディアブロ)のクロージングブランド「Hexagon(ヘキサゴン)」は、彼のトレードマークの入ったクールなデザインのストリート系で、彼らしい独特なファッションセンスが光り、こちらも人気を集めています。

Don Diablo(ドン・ディアブロ)の来日情報は?

Don Diablo(ドン・ディアブロ)の来日情報としまして、2014年に渋谷の「SOUND MUSEUM VISION」で、次いで2015年は京都のクラブ「KITSUNE KOYTO」でのプレイで多くのファンを沸かせました。

同じく2015年に国内最大のEDMフェスティバル「Electorox(エレクトロックス)」が幕張メッセで開催され、そこにも出演しました。

2019年には大阪・梅田で「Don Diablo Japan Tour CLUB PICCADILLY 5th Anniversary Special」では未成年も入場可能なデイパーティーで行いました。

翌日、東京・新木場「ageHa」で「FOREVER ALBUM TOUR 2019 IN TOKYO」が行われました。

次の来日が楽しみですね。

コロナで外出できないファンへ向けDJを公開ライブ

新型コロナウイルスの蔓延によって、世界中でフェスやパーティーが開催延期&中止になるなか、Don Diablo(ドン・ディアブロ)が45分にも及ぶオリジナルのミックスをYouTubeで無料公開しました。

また動画をアップするにあたって、本人のTwitterでは「パーティーに行くことができない人もみんな自宅で踊っちゃおう!」とのメッセージを発信していました。

こういった優しさ、思いやりがきっとDon Diablo(ドン・ディアブロ)の人気に繋がるのでしょう。

まとめ Don Diablo(ドン・ディアブロ)のお気に入りの一曲を見つけよう

いかがでしたでしょうか?

「フューチャーハウス」をわかっていただけましたでしょうか。

あなたのお気に入りの一曲が見つかれば幸いです。

私の好きな曲は「On My Mind」「Save A Little Love」です。

オシャレなEDMでめちゃくちゃかっこいいと思います。

Top 100 DJs」で上位にランクインをし続けている「フューチャーハウス界のドン」Don Diablo(ドン・ディアブロ)は今後も素晴らしい音楽を提供し続けてくれることでしょう。

来日の際には、是非、生のDon Diablo(ドン・ディアブロ)を感じてみて下さい。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須