David Guetta(デヴィットゲッタ)のおすすめ【人気曲】ランキング46選!

David-Guetta ランキング

この記事ではDavid Guetta(デヴィットゲッタ)の人気曲・おすすめ曲・代表曲をYouTubeの再生回数や音楽ランキングサイトの順位、おすすめ度などを参考にランキング形式で紹介しています。

時間がない人でも簡単に人気曲がわかる内容になっており、アーティストについて(経歴・出身・どんな人か)も紹介しているので、音楽だけでなく人物像を知りたいという方にもおすすめの記事になっています。

今回の記事を参考にして、お気に入りの曲を見つけてください!

目次

David Guetta(デヴィットゲッタ)とは?

フランス・パリ出身のDJ・音楽プロデューサーでダンスミュージックが好きな人なら知らない人がいないほど有名です。

17歳からDJとしての活動をスタートし、以来ハウス・ミュージック・ダンスミュージックの世界で活躍しています。

Youtubeの再生数が尋常じゃないほど多いので他のアーティストを圧倒しています。

過去作品としてエイコンをフィーチャした「セクシー・ビッチ」は全米・全英でNo.1を獲得し、

その後もブラック・アイド・ピーズの「アイ・ガッタ・フィーリング」の大ヒットの立役者となったり、

フロー・ライダーの全英1位シングル「クラブ・キャント・ハンドル・ミー」など多数のヒットを打ち出しています。

世界的経済誌である「Forbes」(フォーブス)が公表しているDJの年収ランキングでは長年上位にランキングにしています。

ただ単にお金持ちなだけでなく、チャリティー活動にも熱心で、

2020年4月にはFacebookでライブ配信イベント「United at Home」を開催し、地元や海外の慈善団体への募金活動を実施したり、

2021年2月には、ドバイから無料でライブを生配信しこのイベントを通じて、ユニセフの支援と、

ドバイ・ケアズの「Education Uninterrupted」キャンペーンに向けた募金活動を行うなど、チャリティー家としての一面もあります。

David Guetta(デヴィットゲッタ)のおすすめ曲ランキング!

少し数は多いですが46曲を選び、ユーチューブやアップルミュージックの順位を参考にし、独自でランキングをつけました。(2021年9月時点のデータになります。)

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 Titanium 14億再生 2位 ★★★★★
2位 2U 4.7億再生 1位 ★★★★
3位 Hey Mama 14億再生 5位 ★★★★★
4位 Bad 9.5億再生 6位 ★★★★★
5位 Where Them Girls At 3.1億再生 3位 ★★★★★
6位 Don’t Leave Me Alone 1.4億再生 4位 ★★★★
7位 This One’s For You 2.8億再生 11位 ★★★★
8位 Flames 1.8億再生 12位 ★★★
9位 Goodbye 1.4億再生 9位 ★★★
10位 Turn Me On 3.7億再生 16位 ★★★★★
11位 Play Hard 10億再生 20位 ★★★★★
12位 Say My Name 8.3億再生 20位 ★★★★
13位 So Far Away 2.3億再生 17位 ★★★★
14位 Without You 3.7億再生 25位 ★★★★★
15位 Like I DO 1.1億再生 18位 ★★★★★
16位 Sexy Bitch 1.3億再生 22位 ★★★
17位 She Wolf 5.4億再生 30位以降 ★★★★
18位 Shot Me Down 5.3億再生 30位以降 ★★★★★
19位 Memories 4億再生 30位以降 ★★★★
20位 Club Can’t Handle Me 3.7億再生 30位以降 ★★★★
21位 Bang My Head 2.1億再生 30位以降 ★★★
22位 Little Bad Girl 2.1億再生 30位以降 ★★★★
23位 When Love Takes Over 1.7億再生 30位以降 ★★★★★
24位 Who’s That Chick? 1.5億再生 30位以降 ★★★★
25位 I Can Only Imagine 1.2億再生 30位以降 ★★★
26位 just one last time 1.4億再生 30位以降 ★★★★★
27位 Love Is Gone 1.1億再生 30位以降 ★★★
28位 Mad Love 2.6億再生 15位 ★★★★
29位 Floating Through Space 2028万再生 7位 ★★★★
30位 BED 2018万再生 8位 ★★★
31位 Dirty Sexy Money 2411万再生 12位 ★★★
32位 SHED A LIGHT 2789万再生 13位 ★★★★
33位 Versace on The Floor 3132万再生 14位 ★★★
34位 Blast Off 2641万再生 23位 ★★★
35位 Complicated 8490万再生 30位 ★★★
36位 Your Love 3048万再生 28位 ★★★
37位 Let it Be Me 2922万再生 29位 ★★★
38位 Heartbreak Anthem 1323万再生 19位 ★★★
39位 Better When You’re Gone 1072万再生 27位 ★★★
40位 Thing For You 845万再生 24位 ★★★
41位 Let’s Love 2671万再生 30位以降 ★★★
42位 Metropolis 1605万再生 30位以降 ★★★
43位 Hero 222万再生 21位 ★★★
44位 Love Don’t Let Me Go 869万再生 30位以降 ★★★
45位 Every Chance We Get We Run 369万再生 30位以降 ★★★
46位 Sunshine 304万再生 30位以降 ★★★

ここからは曲の紹介も交えてランキング形式で紹介していきます。

1位:Titanium ft. Sia

再生回数:14億再生

AMランキング:2位

おすすめ:★★★★★

(収録アルバム:Nothing But the Beat)

2021年時点でyoutubeの再生回数が14億回を超える驚異的なヒットを記録しています。

ボーカルにSiaを迎えています。

「You shoot me down, but I won’t fall.I am titanium.」

「あなたは私を撃つけど、倒れないわ。私はチタンなの」

私には何も失うものがないから、いくら撃っても倒れない。

そんな強靱な心を持っていることをSiaのユニークで力強いボイスで歌った曲です。

主人公の強さを感じる一曲となっており、つらいことがあって落ち込んだり、悲んだりした時にこの曲を聴くと、もう一度立ち上がる勇気が湧いてきます。

2位:David Guetta ft Justin Bieber – 2U

再生回数:4.7億再生

AMランキング:1位

おすすめ:★★★★

Justin Bieberとコラボした一曲です。

2021年時点でyoutubeの再生回数が4億回を超えるラブソングです。

タイトルの「2U」は「to you=君のために」という意味です。

「君のことを思うとなんでもしてしまいたくなる」それほど相手に夢中になっているという内容の歌です。

確かに、誰かを好きになるとその人のために何でもしてあげたくなってしまうというのは誰もが経験したことのある感情ですよね。

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)については別記事でもまとめています。

3位:Hey Mama ft Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack

再生回数:14億再生

AMランキング:5位

おすすめ:★★★★★

収録アルバム:Listen

Nicki Minaj、 Bebe Rexhaをボーカルに迎え入れたこの曲は、2021年時点でyoutubeの再生回数が14億回を超える驚異的なヒットを記録しています。

またAfrojackとも共作しているのでとてもパワフルな曲に仕上がっています。

2人の超有名な女性ボーカリストがそれぞれ持ち味の力強い声で曲を盛り上げます。

「Be my woman girl, and I’ll be your man(俺の女になってくれ お前の男になりたいんだ)」

「Yes, I’ll be your woman, yes I be your baby(いいわよ あなたの女になるわ あなたの恋人にね)」

と仲睦まじい男女の様子を表したラブソングになっています。

片思いの人にも恋愛中の方にもどちらにもオススメできる一曲です。

※Nicki MinajとAfrojackについてはこちらの記事でおすすめ曲をランキングにしますのでそちらで詳しく紹介します。

4位:David Guetta & Showtek – Bad ft.Vassy

再生回数:9.5億再生

AMランキング:6位

おすすめ:★★★★★

収録アルバム:Listen

2021年時点でyoutubeの再生回数が9.5億回を超え、こちらも驚異的なヒットを記録しています。

David GuettaとShowtekがVassyを迎えて放ったBadは、言わばクラブの定番曲。

BadになるのはGood(気持ち良い)なことという歌詞で、アップテンポな音楽に合わせ、

ノリノリになれる曲です。Showtekについては以下の記事でも紹介しています。

因みにBadは単に「悪い」という意味だけではなく、ヒップホップ界隈などでよく使われる、

Bad=「クール」という意味でもあります。3分に満たない短い曲ですが、たった3分弱でノリノリなれること間違いなしです。

5位:Where Them Girls At ft. Nicki Minaj, Flo Rida

再生回数:3.1億再生

AMランキング:3位

おすすめ:★★★★★

収録アルバム:Nothing But the Beat

Nicki MinajとFlo Ridaがボーカル出演している曲です。

2021年時点でyoutubeの再生回数が3億回を超える大ヒットを記録しています。

タイトルの”Where them girls at”は、文法がめちゃめちゃで一見意味不明ですが、”Where are those girls?”と同じ意味なんです。

ちょっと文法を崩した英語が「悪そうでカッコイイ」と思われる世界があるんですね。

因みに2015年の映画「ピッチパーフェクト2」でもこの曲が使用されています。

クラブでかなりハイになれる一曲になっています。

6位:David Guetta ft Anne-Marie – Don’t Leave Me Alone

再生回数:1.4億再生

AMランキング:4位

おすすめ:★★★★

アルバム: Don’t Leave Me Alone [Remixes]に収録

Anne-Marieとコラボした曲です。

タイトル通りですが「一人きりにしないで、放っておかないで」というメッセージが込められた曲です。

美しい歌声と切なさが印象的です。

徐々に盛り上がるので一人で聞いてもゆったり盛り上がれる曲です。

7位:This One’s For You ft. Zara Larsson

再生回数:2.8億再生

AMランキング:11位

おすすめ:★★★★

2021年時点でyoutubeの再生回数が2億回を超えるヒットを記録しています。

10歳で、スウェーデン版ブリテンズ・ゴット・タレントの”Talang”で優勝した経験のあるスウェーデン出身のZara Larssonを起用した一曲で、UEFAユーロ2016の公式でもあります。

彼女の魅力的な声がUEFAユーロの盛り上げ役になったことは間違いありません。

また、トラックは特別なオンラインアプリを使い世界中の100万人のファンの助けを借りて録音され、手の込んだ一曲となっています。

スポーツや運動する際にぴったりの曲です。

8位:David Guetta & Sia – Flames

再生回数:1.8億再生

AMランキング:12位

おすすめ:★★★

Youtube再生数1.8億再生さています。

シーアをボーカルとして迎えており、

「Don’t stop, tomorrow you’ll feel no pain. Just keep moving.」

(止まらないで、明日になればあなたが痛みを感じることはなくなる、だから進み続けるの。)

つらいことがあってもそれに負けないで前に進んでいこうというメッセージの曲です。

落ち込んだ時や疲れているときにおすすめです。

9位:Jason Derulo x David Guetta – Goodbye (feat. Nicki Minaj & Willy William)

再生回数:1.4億再生

AMランキング:9位

おすすめ:★★★

再生数は1.4億再生されています。

アルバムは7に収録、2018年リリースされた曲です。

Jason Derulo(ジェイソン・デルーロ)は多彩なアーティストでアメリカのダンサーでもあり歌手です。

Nicki Minaj(ニッキ―・ミナージュ)とWilly William(ウィリー・ウィリアム)がフィーチャリングした曲です。

ラテンなノリにゆったり体を揺らせる曲です。

10位:Turn Me On ft. Nicki Minaj

再生回数:3.7億再生

AMランキング:16位

おすすめ:★★★★★

収録アルバム:Nothing But the Beat

「ラップの女王」と呼ばれる、ラッパーで歌手のNicki Minaj。

かなり多くの作品でコラボしています!

そんな彼女を迎え入れたこの曲は、タイトルの目の通り「Turn Me On」(私をその気にさせて)という内容の曲です。

「Oh, I need you to come and rescue me(私を救いに来て欲しいの)」

「Make me come alive. Come on turn me on  (生き生きさせて。さあワクワクさせてよ)」

そんな女性の欲望を全面に表したこの曲ですが、ミュージックビデオもユニークに仕上がっているのでぜひ、ご覧ください。

11位:Play Hard ft. Ne-Yo, Akon

再生回数:10億再生

AMランキング:16位

おすすめ:★★★★★

収録アルバム:Nothing But the Beat

2021年時点でyoutubeの再生回数が10億回を超えるDavidGuettaの代表曲の一つです。

ボーカルにはの有名なシンガーソングライター、Ne-Yoを迎えています。

この曲のタイトルである「Play Hard」は「全力で遊べ」という意味です。

歌詞にある全力で働いて、全力で遊べというのは、日々仕事で忙しくしている人たちに仕事だけじゃなく、遊びも楽しもうといったメッセージが込められた一曲です。

思いっきりはしゃぎたい方におすすめの一曲です。

12位:David Guetta, Bebe Rexha & J Balvin – Say My Name

再生回数:8.3億再生

AMランキング:20位

おすすめ:★★★★

David Guetta, Bebe Rexha, J Balvinによるコラボ曲です。

Bebe Rexhaともよくコラボしている印象があります。

ラテンなノリの曲で愛しているなら私の名前を呼んでという女性の気持ちを歌った一曲です。

ガチガチのEDMという感じよりかはラテンテイストが強い曲なので比較的ゆったりのる感じです。

13位:So Far Away(with David Guetta featuring Jamie Scott and Romy Dya)

再生回数:2.3億再生

AMランキング:17位

おすすめ:★★★★

2021年時点でyoutubeの再生回数が2億回を超えるヒットを記録しています。

「DJ MAG TOP 100 DJs」という世界のDJランキングで1位を獲得したことのあるマーティン・ギャリックスとともに制作したこの曲。

マーティン・ギャリックスは私の大好きなアーティストなので、別記事で紹介もしています。

「God, I miss you every single day and now you’re so far away(神様、毎日君が恋しくて、けど今君はとっても遠いところにいる)」

そんな失恋の痛みに苦しむ男女を描いたラブソングです。

お互い好きなのに付き合うと関係が上手くいかなくなってしまう男女の切ない失恋の物語を歌っています。

14位:Without You ft. Usher

再生回数:3.7億再生

AMランキング:25位

おすすめ:★★★★★

こちらも2021年時点でyoutubeの再生回数が3億回を超える大ヒット曲です。

ボーカルには、実績のあるR&B歌手のUsherを起用しています。

彼のセクシーな歌声に思わず、息を飲んでしまいそうになるこの曲は、恋人を失ってしまった男性の失恋ソングです。

「僕は君がいないと戦えない、君がいないと耐えられない。」そんな、恋人を失い一人になってつらい気持ちを全面にあらわした曲です。

失恋して、なにも手につかない人、一人でさみしい夜を過ごしている人にとっては涙があふれてしまう一曲でしょう。

15位:Like I do

再生回数:1.1億再生

AMランキング:18位

おすすめ:★★★★★

マーティンギャリックスとコラボレーションしている曲です。

これぞEDMという感じで私は大好きです。

13位のSo Far Awayでもマーティンとコラボしています。

中途半端に媚びていない硬めのダンスミュージックです。

盛り上がりたい時にはぜひおすすめのです!

16位:Sexy Bitch(featuring Akon)

再生回数:1.3億再生

AMランキング:22位

おすすめ:★★★

収録アルバム:One Love

こちらも2021年時点でyoutubeの再生回数が1億回を超えるヒット曲となっています。

セネガル系アメリカ人のレコーディングアーティスト、Akon(エイコン)のボーカルをフィーチャーしている曲です。

ワンラブからセカンドシングルとして国際的にリリースされました。

毎分130ビートの速いテンポのこの曲は一度聞くとサウンドが頭から離れなくなるくらいノリノリになってしまう曲です。

ある女の子に夢中になってしまう男性の胸中を描いた曲になっていて、

「あの子にあいたい、あの子はセクシー、あの子は今までの女とは違う」と期待を膨らませる様子がとても可愛らしいです。

17位:She Wolf (Falling To Pieces) ft. Sia

再生回数:5.4億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★★

この曲も2021年時点でyoutubeの再生回数が5億回を超える人気曲です。

この曲もまたシーアとコラボした一曲で、好きな男性に裏切られてしまい悲しむ女性の気持ちを歌った曲です。

「I’m falling to pieces 」と何度も歌詞に出てきますが「私の体がバラバラになるほど傷ついている」という意味になります。

切ない失恋ソングです。

18位:Shot Me Down ft. Skylar Grey

再生回数:5.3億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★★★

収録アルバム:Listen

この曲も2021年時点でyoutubeの再生回数が5億回を超える驚異的なヒットを記録しています。

1960年代にリリースされた、「Bang Bang」は誰もが一度は聴いたことがある、いわずと知れた名曲。

そんな名曲をデヴィットがアレンジを加え、スカイラー・グレイがボーカルを務めたこの一曲。

オリジナルソングの良さを残したまま、現代のエレクトロニックなダンスミュージックへと変化をとげるサウンドに思わず心が踊ります。

19位:Memories

再生回数:4億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★★

収録アルバム:One Love

2021年時点でyoutubeの再生回数が4億回を超える大ヒットを記録しています。

アメリカ人ラッパーのキッド・カディとコラボした曲です。

マイアミで撮影されたミュージックビデオでは、デヴィットとキッドが楽しそうに二人で踊っている様子がうかがえます。

「今日はとことんハメを外して,やりたいことやったけど、あれがきっと最高の思い出になるんだよ、もう夜も遅いけど,そんなこと気にしない」

と歌っているように、やんちゃしたい気分の時におすすめの一曲です。

20位:Flo Rida – Club Can’t Handle Me feat.David Guetta

再生回数:3.7億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★★

2021年時点でyoutubeの再生回数が3.7億回を超える大ヒットを記録しています。

Flo Ridaのレコーディング会社からアプローチされ、ゲッタが制作することを決めたこの曲。

「クラブの国歌」と表現(Flo Rida)するにふさわしい驚異的なヒットを打ち出しました。

そんな大ヒットを収めたこの曲は2021年時点でyoutubeで10億回を超える再生回数を記録しています。

「The club can’t even handle me right now(俺はこのクラブなんかじゃまるで手に負えない)」

そんなクラブでノリノリになっている男性の様子を描いた一曲になっています。

21位:Bang My Head feat Sia & Fetty Wap

再生回数:2.1億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

2021年時点でyoutubeの再生回数が2.1億回を超える大ヒットを記録しています。

Sia &とFetty Wapの二人をボーカルに迎えた一曲です。

2021年時点でyoutubeの再生回数が2億回を超えるヒットを記録しています。

前奏からループされている切なげなで哀愁ただようサウンドが心地よく思わず聞き入ってしまうこの曲。

「壁に向かって思いっきりガンと頭をぶつけてみた、そしたら頭はクラクラしたけどもう負けないって思えたよ。

きっとこんなことからはすっかり立ち直ってやる」という歌詞のとおり、ゆっくりだけど、

つらい現実から立ち上がっていこうとする主人公の前向きな気持ちが伝わってきます。

22位:Little Bad Girl ft. Taio Cruz, Ludacris

再生回数:2.1億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

イングランド出身のTaio Cruzとアメリカ出身の LudacrisとコラボしたLittle Bad Girl 。

「Look at her go on the dancefloor(ダンスフロアを行くあの子を見ろよ)」

「She’s amazing on the dancefloor(ダンスフロアじゃあの子はヤバイぜ)

「Go little bad girl, little bad girl(踊って、イケてるねえちゃん)

と、クラブで踊っている女性に見とれる男性の気持ちを描いた曲になっています。

23位:David Guetta Feat. Kelly Rowland – When Love Takes Over

再生回数:1.7億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★★★

収録アルバム:One Love

デスティニーズチャイルドのメンバーとして名声を博したケリーローランドをボーカルに迎えた曲です。

その豊かな演出と陶酔感で賞賛され、世界的に高い評価を受けています。

「When love takes over.You know you can’t deny(愛で胸がいっぱいになったらどうしようもないわ)」

そんな胸に溢れる愛をどうしたかいいかわからない…

そんな甘酸っぱくそして少し切ない気持ちが伝わってくる曲になっています。

こちらも2021年時点でyoutubeの再生回数が1億回を超えるヒット曲になっています。

24位:Who’s That Chick? / David Guetta Feat. Rihanna

再生回数:1.5億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★★

この曲はRihanna(リアーナ)を迎え入れ、ボーカルを務めてもらった一曲です。

この曲も2021年時点でyoutubeの再生回数が1億回を超えるヒット曲となっています。

「Who’s That Chick? Who’s That Chick? Who’s That Chick?」と「あの娘は誰? あの娘は誰?あの娘は誰?」

とクラブで目立っている女の子に夢中になる男性の様子を歌っています。

ミュージックビデオではリアーナがセクシーでファッショナブルな格好をして大胆なダンスをしながら歌う様子が観られるのでおすすめです。

25位:I Can Only Imagine / David Guetta ft. Chris Brown & Lil Wayne

再生回数:1.2億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

クリス・ブラウンとリル・ウェインのがボーカルを務めたこの曲は、2021年時点でyoutubeの再生回数が1億回を超える人気曲です。

ミュージックビデオでは宇宙を舞台にしていて、ダンスの得意なクリス・ブラウンが歌いながら無重力状態で踊るシーンが印象的です。

好きな女性と付き合うことを想像するけど、想像しかできない「I Can Only Imagine」はそんなちょっぴり切ない男性の恋心を描いた一曲になっています。

26位:just one last time/ David Guetta ft. Taped Rai

再生回数:1.4億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★★★

2021年時点でyoutubeの再生回数が1億回を超えるヒットを記録しています。

この曲は、スウェーデンのボーカルデュオTapedRaiをフィーチャーしています。

ミュージックビデオの映像から、過去に起こったであろうできごとに後悔している主人公が、その過去をやり直すため、もう一度だけチャンスが欲しいと何度も何度も訴えかけるような悲しい曲となっています。

ポップ寄りの聴きやすいエレクトロと感傷的な歌詞と歌声が聴いてる人の涙を誘う一曲となっています。

27位:Love Is Gone

再生回数:1.1億再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

収録アルバム:Pop Life

2021年時点でyoutubeの再生回数が1億回を超えています。

こちらもクリス・ウィリスがボーカルとして参加しています。

曲名の「Love Is Gone」のとおり、ミュージックビデオでは恋人との別れから始まります。

「いままで2人で頑張ってきたけど、これからどうすればいいんだよ?」という歌詞のように、恋人と別れはしたけど、途方に暮れ、これからどうしていけば分からないという状況を表している失恋ソングです。

恋人と別れたばかりの人や過去に失恋を経験をしたことがある人ならきっと胸に刺さる一曲となっています。

28位:Sean Paul, David Guetta – Mad Love ft. Becky G

再生回数:2.6億再生

AMランキング:15位

おすすめ:★★★★

デヴィッド・ゲッタ&ショーン・ポール&çのコラボレーション曲です。

ラテンなテイストが混じってズンチャかズンチャかズンチャというリズムが好きな方にはおすすめな一曲です。

PVはベッキー・Gがとにかくセクシーです。

29位:Sia and David Guetta – Floating Through Space

再生回数:2028万再生

AMランキング:7位

おすすめ:★★★★

デヴィッド・ゲッタの新曲です。

ボーカルはお馴染みのシーアを迎えています。

しっとり聞ける曲なので盛り上がるという感じではありませんが、

心地よく体を揺らすことができる一曲です。

30位:Joel Corry x RAYE x David Guetta – BED

再生回数:2028万再生

AMランキング:8位

おすすめ:★★★

アルバム: BED (The Remixes Pt. 2)

リリース: 2021年

Joel Corry x RAYEとDJがコラボを重ねてできた曲です。

新曲でPVがなかなかシュールな仕上がりになっています。

31位:Dirty Sexy Money (feat. Charli XCX & French Montana)

再生回数:2411万再生

AMランキング:12位

おすすめ:★★★

イギリスで活躍するCharli XCX とアメリカ人ラッパーの French Montanaを迎え、Afrojackとタッグを組んで作ったDirty Sexy Money。

「You’re not gonna ge-ge-ge-ge-get it for free(タダじゃ手に入らないわ)」

「Come on spend that dirty sexy money on me, on me, on me (だからそのお金は私のために使えばいいの)」

そんなちょっぴり大人でセクシーな曲となっています。

また、曲の中身とは対照的にミュージックビデオのアニメーションは可愛く、

そしてコミカルに仕上がっていますのでそちらも注目して欲しいところです。

32位:SHED A LIGHT FEAT. CHEAT CODES

再生回数:2789万再生

AMランキング:12位

おすすめ:★★★★

robin schulzとcheat codesを迎え入れた作られた一曲です。

robin schulz(ロビン・シュルツ)については名曲が多いので是非この記事でチェックしてみてくださいね。

宇宙を舞台にした、壮大なスケールで描かれたミュージックビデオでは、宇宙飛行士のカップルの物語が始まります。

ある惑星に落ちた男性宇宙飛行士のもとへ恋人が宇宙船で助けに向かいます。

しかしその途中で彼は暗闇に囲まれしまいます。そして彼は彼女にこっちに近づかないようにと警告します。

けれど彼女は彼の警告に耳を貸さず、彼の元に向かいます。

はたして彼らは無事に再開を果たすことができたのか?続きはぜひミュージックビデオで確かめてみてくださいね。

33位:Versace on The Floor(Remix)

再生回数:3132万再生

AMランキング:14位

おすすめ:★★★

最も多くのグラミー賞を獲得したアーティストの一人、bruno marsが作詞作曲した曲をゲッタがリミックスさせたバラード曲です。

※ブルーノ・マーズについても別記事で詳しく説明をします。

90年代を代表するようなR&Bバラード感たっぷりのサウンドのなか、愛を交わし濃厚な二人の時間を演出します。

オリジナルよりもテンポを上げたリミックス版では、90年代R&Bバイブに加え、シンセサイザーが融合し、

オリジナルとはまた一味違ったEDMな仕上がりに。

Bruno marsの甘くてセクシーな声が頭の中に響き渡たたる一曲です。

カップルで過ごす夜に聴いてみてはいかがでしょう。

34位:David Guetta & Kaz James – Blast Off

再生回数:2641万再生

AMランキング:23位

おすすめ:★★★

オーストラリア出身のシンガーKaz Jamesとコラボした曲です。

ロックとEDMのハイブリッドでパンチの効いた一曲です。

目をさましたい時に気合を入れたい時におすすめです。

35位:Dimitri Vegas & Like Mike vs David Guetta feat. Kiiara – Complicated

再生回数:8490万再生

AMランキング:30位

おすすめ:★★★

Dimitri Vegas & Like Mike(ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイク)とコラボレーションし、ボーカルにはキアラを迎えた一曲です。

ディミトリも言わずと知れた大物EDMアーティストです。

よく知りたい方はこちらの記事からご確認くださいね。

歌詞はストレートに誘っている感じのニュアンスです、

曲は激しさよりも一定の店舗を保って、穏やかに盛り上がれる一曲になっています。

36位:David Guetta & Showtek – Your Love

再生回数:3048万再生

AMランキング:28位

おすすめ:★★★

Youtube再生数は3000万以上。

デヴィッド・ゲッタとショウテックがコラボした一曲です。

この二人は2015年にSun Goes Downでも共作しています。

やっぱりEDMアーティスト同士がコラボするといいですね。

ダンスミュージックらしさが出て盛り上がれる一曲になっています。

37位:Steve Aoki & Backstreet Boys – Let It Be Me

再生回数:2922万再生

AMランキング:29位

おすすめ:★★★

Youtubeの再生数は930万再生を超えています。

歌詞の内容は「全部俺にぶつけていいよ」というニュアンスのラブソングです。

スティーブアオキ、バックストリートボーイズとコラボレーションした作品です。

スティーブアオキについてはこちらの記事でまとめています。

曲はゆったり体を動かせる曲になっています。

38位:Galantis, David Guetta & Little Mix – Heartbreak Anthem

再生回数:1323万再生

AMランキング:19位

おすすめ:★★★

イギリス生まれのガールズグループLittle Mix、Galantis(ギャランティス)とデヴィッド・ゲッタのコラボ曲です。

2021年5月に発表された際新曲で、1年以上の歳月をかけて完成したそうです。

Galantis(ギャランティス)は私のお気に入りのアーティストなのでこちらの記事で是非、チェックしてみてくださいね。

Youtube再生数は1300万再生を超えています。

PVはギャランティスらしい印象を受け、軽快に盛り上がることができる一曲です。

39位:Better When You’re GoneDavid Guetta

再生回数:1072万再生

AMランキング:27位

おすすめ:★★★

この曲にはアメリカのポップデュオLooteがボーカルとして参加しています。

Emmaのユニークな声でポップに歌っている一見楽しそうな曲です。

「あなたと離れるのは辛い、けどあなたといるのはもっと辛い、だからあなたがいないほうが良いんだ」と歌った、

実は胸が締め付けられる失恋ソングです。別れたくないけど、別れたほうが良いって解ってる、

でもまだ好き・・・そんな経験みなさんにもありませんか?

この曲は、別れを決意したけど心の整理がつかない人、失恋したけどまだ相手のことが忘れられない、そんな人が聴くときっと胸が熱くなる一曲。

40位:David Guetta & Martin Solveig – Thing For You

再生回数:845万再生

AMランキング:24位

おすすめ:★★★

Youtube再生数は630万再生を超えています。

David GuettaMartin Solveigのコラボ曲です。

ボーカルのSasha Sloanの歌声に合わせて盛り上がれる一曲です。

41位:Let’s LoveDavid Guetta & Sia

再生回数:2671万再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

「Titanium」でもコラボしたボーカルSiaを迎え入れた一曲です。

80年代のシンセポップトラックになっていてとても懐かしさを感じさせる曲調になっています。

コーラスは「Let’s love Let’s love」と繰り返し、「愛そう、愛し合おう」と愛を叫んでいます。

リズミカルな曲で、思わず聴いてる人も「Let’s love Let’s love」と口ずさんでしまうでしょう。

気分を上げていきたいときに聴きたい一曲です。

42位:Metropolis / David Guetta and Nicky Romero

再生回数:1605万再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

この曲は、オランダ出身のDJ・音楽プロデューサーのニッキー・ロメロとコラボした曲です。

ニッキー・ロメロと言えばあのマスクで有名なアーティストです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

曲名のメトロポリスとは大都市を意味します。曲を聴いていると、まるで近未来の大都市をにきたかのような感覚になります。

また、ミュージックビデオの序盤の映像で、

「すべてのアートは批判されるべきではない、なぜならすべての間違いは新しい創造だから」というメッセージがあります。

そのメッセージのごとく、アーティスティックに仕上がったミュージックビデオがご覧いただけます。

43位:Afrojack & David Guetta – Hero

再生回数:222万再生

AMランキング:21位

おすすめ:★★★

Afrojack(アフロジャック)とコラのレーションした2021年4月にリリースされた新曲です。

この二人は「Dirty Sexy Money」「Hey Mama」「Helium」とヒット曲を量産しており、

曲はダンスミュージックらしいサウンドになっており、軽快に乗ることがきます。

44位:Love Don’t Let Me Go

再生回数:869万再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

収録アルバム:Just a Little More Love

歌手でありデビッドの長年の協力者であるクリス・ウィリスのボーカルをフィーチャーしている曲です。

「君は僕をおどらせたり、泣かせたり、熱を上げさせたり、冷たくしたり」と、恋をしている男性の感情の変化の激しさを表したラブソングです。

誰かに夢中になると、いろんな感情に支配され、自分を見失ってしまうことってありますよね。

みなさんもそんなおぼれるような恋をした経験はありますか?ある人ならきっとこの曲を聴いて共感できること間違いなし。

45位:Every Chance We Get We Run feat Tegan & Sara

再生回数:369万再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

カナダの双子姉妹シンガーのTegan & Saraを迎え入れて作られたこの曲。二人のクールな声と甘い声の組み合わせに定評があります。

もの悲しげなサウンドから始まり、クールで落ち着いた声がダークなムードを演出します。

その後コーラス部分では彼女たち二人の美声が混じりあい、心地よいハーモニーが広がります。

そして曲はアップテンポになり思わず体を動かしたくなるでしょう。

プログレッシブハウスとEDMを混ぜたような一曲です。

少しノスタルジックな気分になりたいときにおすすめの一曲となっています。

46位:Sunshine / David Guetta ft. Avicii

再生回数:304万再生

AMランキング:30位以下

おすすめ:★★★

この曲は、2018年に亡くなった伝説のDJ・音楽プロヂューサー、アヴィーチーとコラボした曲です。

歌詞はなく、音楽だけとなっているこの曲は、聴いていると元気なる、また勇気を与えられるメロディとなっています。

デヴィットの他のヒット曲と比べるとyoutubeの再生回数こそ少ないですが、

クラブや音楽フェスなどで聴くと気分が徐々に上がっていく曲に仕上がっています。

落ち込んでいて気分を上げたいときや朝、テンションが低い時などに聴くといい一日を過ごせそうです。

上記のランキング以外にも以下の曲もおすすめです。

Lovers On The Sun ft Sam Martin

収録アルバム:Listen

2021年時点でyoutubeの再生回数が2億回を超え、こちらもヒットを打ち出しています。

グラミー賞の受賞歴があるSam Martinの歌声が特徴のこの曲は、

アメリカの西部劇を思わせるような音楽から始まり、熱い愛を語る歌となっています。

「We’re burnin’ up. We might as well be lovers on the sun

(俺たちは燃えるくらい熱い恋をしている。俺たちは太陽の恋人になったほうがいいかもしれない)」

というよう歌詞のように太陽のように燃える熱い恋について表現されています。

現在、熱愛中の人が聴くと共感できること間違いなしです。

EDMのおすすめランキングやアーティストについて

David Guetta(デヴィットゲッタ)が好きな人は以下のアーティストもおすすめです。

マーティンギャリックス

「Animal」や「Tremor」と言った超有名曲を生み出した若き天才。

ショーテック

Sjoerd Janssen(シュールド ジャンセン)とWouter Janssen(ウーター ヤンセン)のふたりからなるEDMデュオ。

・アフロジャック

スティーブアオキ

毎年トップ10以内にランキングされている世界で活躍するTOP DJ

などEDMアーティストが好きな人が多いため「EDM人気アーティスト50選以上!【世界で活躍するDJ一覧】」をご覧ください。

まとめ:David Guetta(デヴィットゲッタ)のお気に入りの1曲を見つけよう

いかがだったでしょうか?

コラボしているアーティストが多すぎたり、有名曲が多すぎて選ぶことが難しいかもしれません。

盛り上がる曲からバラードまで幅広くありとても迷います。

個人的には「Titanium」「HeyMama」「Bad」「WhereThemGirlsAt」などが好きです。

是非、あなたのお気入りの一曲を見つけてください!

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須