ミーカ(MIKA)代表曲・人気曲ランキングTOP10!おすすめのアルバムも紹介!

ミーカ(MIKA)代表曲・人気曲

今回はミーカ(MIKA)について紹介していきます。懐かしいと感じる方も多いと思いますが、チェックしていただけると幸いです。

ミーカ(MIKA)とは?

ミーカ(MIKA)は、2007年に発表したデビューアルバムで一躍世界的ポップスターになったイギリスの男性アーティストです。

1983818日、アメリカ人の父とレバノン人の母の子供としてレバノンで生まれました。

一時期パリにも住んでいましたが、彼が9歳の時からはロンドンに在住しています。

本名はマイケル・ホルブルック・ペンニマン・ジュニア(Michael Holbrook Penniman, Jr.)。

アーティスト名のミーカ(MIKA)は本名のマイケル(Michael)の短縮形から来ています。

ミーカ(MIKA)の特徴は何と言っても5オクターブの音域を持つと言われるハイトーンヴォイスと、ポップでキャッチーな曲作りです。

少年期にオペラ声楽の訓練を受けたことがきっかけで音楽に目覚め、ソプラノ歌手による歌の指導も受けたりしていました。

彼の魅惑のハイトーンヴォイスはこうした経験があったからこそ生まれたのですね。

2007年リリースのデビューアルバム『Life in Cartoon Motion((ライフ・イン・カートゥーン・モーション)』は全世界で600万枚のセールスを記録しました。

デビューアルバム含めてこれまでに5枚のアルバムをリリース、32ヶ国でゴールド及びプラチナ・ディスクを獲得し、

イギリスを代表する賞であるブリット・アウォードを受賞、フランスでは芸術文化勲章(シュヴァリエ)まで受勲しています。

ミーカ(MIKA)代表曲ランキングTOP10

ポップを愛し、からだ全身でポップを体現する、そんなミーカ(MIKA)の代表曲・人気曲を紹介していきたいと思います。

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple musicランキング おすすめ
1位 Popular Song 2億再生 1位 ★★★★
2位 Realx,Take it Eazy 1.2億再生 6位 ★★★★★
3位 Lolopop 6790万再生 3位 ★★★★
4位 Grace Kelly 5500万再生 2位 ★★★★
5位 Elle Me Dit 7836万再生 8位 ★★★★★
6位 Love Today 4949万再生 5位 ★★★★
7位 We Wre Golden 4369万再生 9位 ★★★★
8位 Boum Boum Boum 4790万再生 10位以下 ★★★★
9位 BigGirl 3377万再生 4位 ★★★
10位 Kick Ass (We Are Young) 3602万再生 10位以下 ★★★★★

1位:Popular Song

再生回数 2億再生
AMランキング 1
おすすめ ★★★★

2012年リリースの3枚目のアルバム『The Origin of Love』に収録されているアリアナ・グランデとのコラボレーションソングです。

イントロから最高潮にポップな楽曲ですが、歌詞の内容は、昔あなたは学校時代の人気者だったけれど、今や私が人気者よというちょっと毒っ気ありの内容です。

そんなイメージでMVを見てください。これでMVの内容も理解ができますから。

2位:Realx,Take it Eazy

再生回数 1.2億再生
AMランキング 6
おすすめ ★★★★★

2006年ネットでリリースするや一躍人気曲になったミーカ(MIKA)のファーストシングルです。

デビューアルバム『Life in Cartoon Motion』(2007年)に収録されています。

あいさつよろしくミーカ(MIKA)のハイトーンヴォスで始まり、ピアノサウンドとディスコ調のリズムでクールな楽曲です。

「リラックスしなよ、僕たちにできることなんてないんだから」って歌っています。たしかに、焦っても仕方がないよね。

3位:Lollipop

再生回数 6790万再生
AMランキング 3
おすすめ ★★★★

1度聴いただけですぐに口ずさんでしまう曲ってありますよね。

このLollipopという曲はまさにそんな曲です。デビューアルバム『Life in Cartoon Motion』(2007年)に収録されています。

「恋が人を落ち込ませるんだ」といった感じで恋は怖いよっていうことをミーカ(MIKA)が自分の妹に歌った曲だそうです。

カラフルポップ調のアニメーションで構成されているMVもぜひ見て楽しんで欲しいです。

4位:Grace Kelly

再生回数 5500万再生
AMランキング 2
おすすめ ★★★★

デビューアルバム『Life in Cartoon Motion』のセカンドシングルで、リリースされるやイギリスのシングルチャートで1位を獲得しました。

当時イギリスで人気だったシンガーソングライダー、クレイグ・デイヴィッドのような曲を作って欲しいというレコード会社からの要望に対して、

じゃあグレース・ケリーを真似てみようか、と皮肉った曲です。

グレース・ケリーとはアメリカの大女優の名前です。サビのファルセットが最高潮に気持ちを高めてくれます。

5位:Elle Me Dit

再生回数 7836万再生
AMランキング 8
おすすめ ★★★★★

2012年リリースの3枚目のアルバム『The Origin of Love』に収録されている全編フランス語のノリノリなポップナンバーです。

Elle me dit(エル・ム・ディ)とは、「彼女は僕に言う」という意味です。彼女とは母親のことで、ネットばかりやってないで踊りなさいって歌っています。

母親のあまりにもポップな愚痴ですね。

ワンフレーズずつ音が高まっていく曲の進行が最高に格好良くお気に入りの1曲です。

6位:Love Today

再生回数 4949万再生
AMランキング 5
おすすめ ★★★★

デビューアルバム『Life in Cartoon Motion』(2007年)からのセカンドシングル曲です。

小気味よいリズムを刻むベースラインで思わず体が動き出すロックサウンド調ディスコポップナンバーです。

この曲を聴いたあとは、きっとラブラブミーって口ずさんでいますよ。

7位:We Wre Golden

再生回数 4369万再生
AMランキング 9
おすすめ ★★★★

2枚目のアルバム『The Boy Who Knew Too Much』からのファーストシングル曲です。ミーカ(MIKA)を代表する1曲です。

MVも必見!裸になって(パンツ一枚で)はちゃめちゃに体を動かして踊り狂う。男の子なら誰しも経験ある症状(?)ではないでしょうか。

元気がでる、やる気が出る、気分が高揚してくる1曲です。

We Wre Goldenって、まず曲のタイトルが良いですよね。MVは知らぬ間に無限ループで見入っちゃいますよ。

8位:Boum Boum Boum

再生回数 4790万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

4枚目のアルバム『No Place in Heaven』の先行シングル曲として20146月にリリースされました。

フランス語の歌詞をラテン調のリズムにのせて歌っている曲です。

MVもミーカ(MIKA)の作品の中では珍しくポップな要素が見られずリアリスティックなドラマ風仕立てで物語が進んでいます。

強くてモテる男を演じているミーカ(MIKA)が格好良く見どころです。

9位:BigGirl

再生回数 3377万再生
AMランキング 4
おすすめ ★★★

デビューアルバム『Life in Cartoon Motion』(2007年)からの4枚目のシングル曲です。ビックガール(太った女性)の魅力を歌っている曲です。

MVはロンドンのクロイドンという街で撮影されました。

ミーカ(MIKA)がコルセットとショートドレス姿の女性たちを引き連れて街を踊り歩く様子が素敵なビデオです。

10位:Kick Ass (We Are Young)

再生回数 3602万再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★★

アメコミ実写版映画『KICK ASS』(キック・アス)の主題歌として20105月にリリースされた曲です。

普通の高校生がヒーローに憧れ、次第に本物のヒーローとして成長し活躍していく様子をミーカ(MIKA)がお得意のハイトーンヴォイスで歌いあげ、

かっこよさと勇気を感じさせてくれます。この曲もMVで楽しむのがオススメです。

ミーカ(MIKA)おすすめアルバムTOP

以下がミーカおすすめのアルバムTOP3選になります。

Life in Cartoon Motion』(2007

Life in Cartoon Motion』(2007)は全世界で600万枚を売り上げ、彼を一躍世界的ポップスターにした記念すべきミーカ(MIKA)のデビューアルバムです。

この記事で紹介いたしましたミーカ(MIKA)代表曲ランキングTOP10のうちの5曲がこのデビューアルバムに収録されています。

ミーカ(MIKA)を聴くならまずはこの1枚からがオススメです。

The Boy Who Knew Too Much』(2009

The Boy Who Knew Too Much』(2009)はミーカ(MIKA)2枚目のアルバムです。

アルバム1曲目のWe Wre Goldenでキラキラポップパワーがいきなり炸裂です。

他にもテクノポップ調あり、まるで映画音楽のような美しいバラード曲ありなどファーストアルバムからさらに音楽的進化したミーカ(MIKA)を楽しめます。

The Origin of Love』(2012

The Origin of Love』(2012)はミーカ(MIKA)3枚目のアルバムです。

2作と比べキラキラ感が多少影を潜めた感はありますが、大人のポップを楽しめる印象のアルバムです。

アリアナ・グランデファレル・ウィリアムスとのコラボ曲も必聴です。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須