バックストリートボーイズの人気曲・オススメ曲ランキングTOP20!

Backstreet Boys (バックストリートボーイズ) 人気曲ランキング!

この記事ではBackstreet Boys(バックストリートボーイズ)の人気曲・おすすめ曲・代表曲をYouTubeの再生回数や音楽ランキングサイトの順位、おすすめ度などを参考にランキング形式で紹介しています。

時間がない人でも簡単に人気曲がわかる内容になっており、アーティストについて(経歴・出身・どんな人か)も紹介しているので、音楽だけでなく人物像を知りたいという方にもおすすめの記事になっています。

今回の記事を参考にして、お気に入りの曲を見つけてください!

目次

Backstreet Boys(バックストリートボーイズ)について

「懐かしい!」と仰る方もいるかもしれませんが改めまして、メンバーの紹介やどんなグループについて簡単に紹介します。

Backstreet Boys / バックストリートボーイズ」は、1993年に結成されたアメリカ合衆国出身の5人組・男性アイドルグループです。

日本では主にビーエスビー(BSB)やバックスと呼ばれています。

19982002年頃の音楽シーンにおいて、全世界の頂点に君臨していたといって差し支えないほど人気があったグループで、その当時の伝説でいうと10憶ドルをかけたコンサートをおこなったり、100時間で10カ国を巡る世界ツアーをおこなったことがあります。

イベント告知などでタイムズスクエアに大勢のファンが集まり、封鎖状態になることも珍しくありませんでした。

【メンバー紹介】

メンバー5人を簡単に紹介していきます。

ケヴィン

メンバー最年長でグループのリーダー。一度グループ脱退し、戻っている。

ブライアン

上記ケヴィンのいとこ。別次元の歌唱力。リードボーカルを担当することが多い。

23(人気絶頂の時期)に心臓病の手術。2015年、発声障害(突発的に声が出なくなる)を公表。

ニック

高身長の超絶イケメン。2002年からソロでも活動し始め、一時メンバーとの関係に溝があった。パリス・ヒルトンと交際していたことがある。

A.J.

幼少期には子役もやっていた。アルコールとドラック中毒で(一時活動を休止し)リハビリ施設に入ったことがある。

タトゥーが目立つワイルドな風貌。

ハウィD

セクシーなイケメン。作曲能力も高い。役者としての活動、ソロでの活動もしている。

日本でも、ゴスペラーズ、BoA、城田優とコラボしたことがある。

バックストリートボーイズの人気曲・オススメ曲ランキング

ここからはおすすめランキングTOP20を紹介していきます。

ランキングはYoutubeの再生回数やアップルミュージックのランキング・おすすめを参考にしています。

曲紹介は15位までしており、ランキングは20位まで掲載しています。

2121年10月時点のデータとなり、10位以下は動画は添付しておらずタイトルを押すとオフィシャルのYoutubeにリンクします。

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple Musicランキング おすすめ
1位
I Want It That Way
9億再生 1位 ★★★★★
2位
Everybody (Backstreet’s Back)
3.2億再生 3位 ★★★★★
3位
As Long As You Love Me
3.3億再生 4位 ★★★
4位
Shape Of My Heart
2.2億再生 9位 ★★★★
5位
Show Me The Meaning Of Being Lonely
2.1億再生 8位 ★★★★
6位 Incomplete 1.5億再生 14位 ★★★★
7位
Quit Playing Games (With My Heart)
1.1億再生 6位 ★★★
8位 Drowning 1.4億再生 16位 ★★★★★
9位
Larger Than Life
8956万再生 7位 ★★★★★
10位
God, Your Mama, And Me
4368万再生 2位 ★★★★
11位
All I Have To Give
5489万再生 12位 ★★★
12位
I’ll Never Break Your Heart
5968万再生 15位 ★★★★
13位
Inconsolable
5221万再生 15位以下 ★★★★
14位 No Place 4376万再生 10位 ★★★★
15位
Get Down (You’re The One For Me)
4162万再生 15位以下 ★★★
16位 The One 2912万再生 15位以下 ★★★★★
17位
We’ve Got It Goin’ On
2772万再生 15位以下 ★★★
18位 Chances 3724万再生 13位 ★★★★
19位
Don’t Go Breaking My Heart
73万再生 5位 ★★★★
20位 Anywhere For You 1352万再生 15位以下 ★★★

1位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – I Want It That Way

再生回数:9億再生

AMランキング:1

おすすめ:★★★★★

Backstreet Boysの代表曲であり、世界的に見ても90年代の代表曲となった「I Want It That Way

99年リリース・3枚目のアルバム「ミレニアム」からの先行シングルとして発表された楽曲です。

米国Billboard Hot 100では最高6位でしたが、ヨーロッパを含む25カ国で1位を記録しました。

(日本のオリコンでは6位でした)

タイトルの「I Want It That Way」とは、和訳すると「こういう風にしたい」という意味です。

これはどう意味?なにを意図している?と世界中で話題になりました。

リリースから20年を超えた現在でも「歌詞を見て、それぞれの受け取り方・解釈をしてくれれば良い」とメンバーは語っており、はっきりとした明言はされていません。

ブライアン→ニック→A.J.ケヴィン→ハウィDと個々の担当がありますが、それぞれに違ったかっこよさが出ており、プロデュース力の高さを感じます。日本の方がイメージしやすい構図だとDAPAMPとかSMAPとかの世界版・・というとイメージしやすいでしょうか。

2位:Backstreet Boys (バックストリートボーイズ)- Everybody

再生回数:3.2億再生

AMランキング:3

おすすめ:★★★★★

Backstreet Boys 2枚目のアルバム「Backstreet’sBack」からの先行シングルとしてリリースされた「Everybody

アメリカ出身グループのBackstreet Boysdですが、UKや日本など他国でアルバムをリリースし一大ブームを起こすことに成功しました。

そんな彼らが、「バックストリートボーイズが帰ってきたぜ!」と歌ったのがこの曲で、この曲をひっさげアメリカでの商業戦争に挑みました。

(結果、アメリカでも大成功を納めます)

MVではお化け屋敷に訪れることになったメンバーが、屋敷の中で様々な怪人に扮して歌い・踊っています。

スリラーさながら映像となっていますが、のちにそれを意識していたと明かされました。

3位:Backstreet Boys (バックストリートボーイズ)- As Long As You Love Me

再生回数:3.3億再生

AMランキング:4

おすすめ:★★★

こちらも 2枚目のアルバム「Backstreet’sBack」からの先行シングルとしてリリースされた楽曲「As Long As You Love Me

大人気曲で、デンマークとニュージーランドで1位を獲得、カナダ、オーストラリア、オーストリアで2位、イギリス、ドイツで3位、アメリカ合衆国で4位などを記録しました。

タイトルは日本訳に直訳すると「君が僕を愛する限り」というもので、極上のバラードとなっています。

際立っているのは5人のハーモニーで、それぞれが美しい歌声で求愛するように歌っているPVは必見です。

4位:Backstreet Boys (バックストリートボーイズ)- Shape Of My Heart

再生回数:2.2億再生

AMランキング:9

おすすめ:★★★★

2000年に4枚目のアルバムとして発売された「BlackBlue」からのリードシングルとして先行リリースされた「Shape Of My Heart

この曲は、第44回のグラミー賞で、最優秀ポップ・パフォーマンス賞を獲得した、Backstreet Boysにとって代表曲の一つです。

日本ではJALCMとして起用されていましたので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

タイトルの「Shape Of My Heart」は日本語に直訳すると「私の心の形」というもの。男性が女性に対して、「僕の本当の姿を君に見せるよ」と甘い歌声で歌っているラブソングです。

結婚式でかかることも多かったので、そのイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんね。

5位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Show Me The Meaning Of Being Lonely

再生回数:2.1億再生

AMランキング:8

おすすめ:★★★★

伝説的な販売記録を叩き出した3枚目のアルバム「millennium(1999)」に収録されている楽曲、「Show Me The Meaning Of Being Lonely」アルバムからのサードシングルとしてもリリースされています。

1999年の12月にシングルとして発売され、大晦日にミュージックビデオを発表したので、まさにミレニアムなイベントとして話題を集めました。

商業的な側面でみても、世界中のチャートでTOP10に入っており、世界中で売れた1曲です。ミュージックビデオの最初のシーンではブライアンが病院にいる自分を見ているシーンから始まるのですが、ブライアンは実際に1998年に心臓の手術を受けており、現実とリンクする形となっています。

他のメンバーも実際に身の回りで起こっている問題などを映像としており、非常にリアルな映像となっていますので、ぜひ一度見て頂けたらと思います。

6位:Backstreet Boys (バックストリートボーイズ)- Incomplete

再生回数:1.5億再生

AMランキング:14

おすすめ:★★★★

再始動・5年ぶりのアルバムとして発表された「Never Gone」発売前の先行シングルとしてリリースされた「Incomplete

これまでのバックスとは違う要素を多分に含んだ「新生バックス」として発表した最初の曲です。

カムバックを果たした際に、バックスの才能は埋もれていない!という印象を与えることに成功し、商業的にも大成功を納めています。

これまでの楽曲と違い、バンドサウンドな仕上がりになっており、クールでカッコ良い楽曲へと変貌を遂げています。

タイトルとなっている「Incomplete」は日本語訳でいうと不完全なという意味。バンドのスタイル変更を示しているすです。

7位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Quit Playing Games

再生回数:1.1億再生

AMランキング:6

おすすめ:★★★

こちらはBackstreet Boys初期の楽曲「Quit Playing Games

国際的には4枚目のシングル(USでは2枚目)としてリリースされ、各国の主要チャートでは、チェコ共和国、ドイツ、スイス、オーストリアで1位、イギリスで2位、オランダで7位にランクインしています。

ミュージックビデオを見て頂くとわかると思いますが、メンバーがとても若いです。

金髪・長身のニック・カーターはこの当時、15歳。全身びしょびしょになりながら歌い、踊るシーンが途中にあるMVなのですが、15歳のニックはその撮影に参加させず、別撮りになったと言われています。

USでは「ちよっとアダルトな映像」だという話題で盛り上がったりしていました。

(のちに、これは自分たちがやりたいようなことではなかった・・とメンバーが語っていたりします)

柔らかく・気持ちのいいハーモニーを聞くことが出来るバラードです。ぜひご堪能下さい。

8位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Drowning

再生回数:1.4億再生

AMランキング:16

おすすめ:★★★★★

Drowning」は200110月にリリースされたシングル楽曲です。

当初は3枚目のアルバム「BlackBlue」へ収録される予定だったものの、トラックリストの関係で除外されたそうです。

その後、コンピレーションアルバム「The Hits Chapter One」がリリースされる際、唯一のリードシングルとしてリリースされました。

USBillboard Hot 100では28位が最高位でしたが、ヨーロッパの複数の国ではトップ10にランクインしており、スウェーデンで3位、英国で4位、ノルウェーで5位となりました。

タイトルに使われている「Drowning」は聞きなじみのない単語だったので調べてみましたが、純粋な和訳では溺死!?

実際には、愛に溺れる、君に溺れる といった溺れているという意味合いで使われているようです。

9位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Larger Than Life

再生回数:8956万再生

AMランキング:7位お

すすめ:★★★★★

こちらも数々の伝説的記録を打ち立てた3枚目のアルバム「millennium(1999)」から、アルバム発売前のセカンドシングルとしてリリースされた「Larger Than Life

特徴的かつ印象的なイントロで、「あ!この曲知ってる!」となる方も多いのではないでしょうか。

メンバーのブライアンによって1998年に作曲され、その後スウェーデンのスタジオで再構築されて完成した楽曲です。

内容は、ファンへの感謝を歌ったダンスナンバー。

14か国以上でトップ10ヒットになったこの楽曲は、「millennium」発売時のプロモーションでも良く使われていたので、耳にしたことがある方も多いはずです。癖になる音がちりばめられており、中毒性があるというのが特徴としてあげられますが、ミュージックビデオの制作に多額の費用をかけており、14番目に高価なミュージックビデオのギネス世界記録を持っていたりします。

10位:Florida Georgia Line – God, Your Mama, And Me ft. Backstreet Boys

再生回数:4368万再生

AMランキング:2

おすすめ:★★★★

今回のランキングで唯一、Backstreet Boysからのリリースではない楽曲「God, Your Mama, And Me

この曲は、アメリカのカントリーミュージックデュオである「Florida Georgia Line / フロリダジョージアライン」から発表された、Backstreet Boysとコラボレーションソングです。

もともとはフロリダジョージアラインの楽曲として制作されていたもので、バックスのニックにデモを聴かせたところ、ニックがとても気に入り、バックスとして一緒に参加する・・という流れになったそうです。(2番目に歌っているのがニックです)

MVではそれぞれの家族が出ていますが、これらは携帯やGO Proで撮影されているということで、親近感の沸く映像が多く登場します。

アコースティックベースの上で歌っているバックストリートボーイズ、あまり見慣れないものではありますが歌唱力の高さが非常に際立つ人気曲です。

11位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – All I Have To Give

再生回数:5489万再生

AMランキング:12

おすすめ:★★★

Backstreet Boys 2枚目のアルバム「Backstreet’sBack」から3枚目のシングルとしてリリースされた「All I Have To Give

1998年に発売された楽曲で、甘い甘いバラード曲です。

初期の頃は「甘いマスクの若い男の子たちが奇麗な歌声でメロディーを奏でる」・・・で売り出していたので、ミュージックビデオでもそういった路線を強く売り出しています。

こちらも世界中で大きな売上を叩き出しており、各国のチャートではイギリスで2位、カナダで4位、オーストラリアで4位、アメリカで5位、ドイツで8位とまさに世界中で聞かれ、その後のバックストリートボーイズ時代を作る礎となりました。

実は、まだまだ若いメンバーが多かったため、上半身の肌を露出するのは主に、ケヴィンとハウィーが担当していたりします。

12位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – I’ll Never Break Your Heart

再生回数:5968万再生

AMランキング:15

おすすめ:★★★★

こちらはデビューアルバム「BackstreetBoys」のセカンドシングルとして発売された「I’llNeverBreak Your Heart

こちらも甘い歌声のハーモニーが特徴のThe バラードソングです。

リリースはなんと199512月!アメリカでの正式デビューは1997年なので、先にデビューしていたヨーロッパでの発売のみとなっていました(アメリカでのデビュー後、アメリカでも4枚目のシングルとして発売されています)

そのため、PVミュージックビデオが複数存在しているのですが、今回ランキングでご紹介しているものは米国市場向けにリリースされたものとなります。

5人がそれぞれ別の部屋で歌っている映像で構成されており、各々の部屋に様々なギミックがあるのですが、ブライアンの部屋には実際に彼の犬が映っており、当時のガールフレンド、女優のレイアン・ウォーレスが映っています。

このMV撮影で出会った彼らはここから3年後の2000年に結婚しているというから驚き。これはそういった意味でも貴重映像だと思います。

13位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Inconsolable

再生回数:5221万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★★

2007年に発表された「Inconsolable / インコンソーラブル」

2006年に、それまでリーダーとしてグループを引っ張ってきたケヴィンが脱退し、4人体制となったバックスが最初にリリースしたシングルです。

タイトルの「Inconsolable」を和訳すると 慰めることのできない、悲しみに沈んでいるという感じの難しい意味だそうです。

別れた彼女へ向けた諦められない気持ちを歌っている今作ですが、ケビンのことを歌っているのかな・・?

と邪推な推測をせずにはいられない歌詞となっています。

(脱退の際には仲が悪くての脱退ではないというコメントが本人からも出ており、脱退後もコンサートの特別ゲストとして登場していますので、本当に決裂的な意味合いではないようです)

印象的なピアノのイントロと歌い出しから、サビの重なり方へ向かっていくこの構成が本当にかっこよくて、僕の大好きな曲です、今までのバックスとは違いますが4人でも凄くかっこいいですよ!

ぜひ聞いてみて下さい。

14位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – No Place

再生回数:4376万再生

AMランキング:10

おすすめ:★★★★

2019年に10枚目・56カ月ぶりのアルバムとしてリリースされた「DNA」から、3枚目のシングルカットとなった「No Place

デビューから激動の時代を生き、プロデューサーの詐欺事件やアルコール・ドラッグ、メンバーの脱退などなど、まさにドラマや映画のような人生を送ってきた彼らがオリジナルメンバーの5人に戻り、たどり着いた場所・・という涙腺を刺激されるような楽曲になっています。

ミュージックビデオでは各々の妻・子供たちが登場するアットホームで温かい映像となっており、アコースティックギターの音色が心に染みます。

メンバーそれぞれが家庭を持ち、父親になった彼らが見せてくれる様々なシーンを見ると、時代と一緒に変化していったグループの片鱗を感じることが出来るのではないでしょうか。

15位:Backstreet Boys (バックストリートボーイズ)- Get Down

再生回数:4162万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

こちらはファーストアルバムである「Backstreet Boys」から、3枚目のシングルとしてリリースされた「Get Down

一部の国では、この曲がデビューシングルとしてリリースされており、バックスの代表曲の一つとなっています。

軽快なダンスナンバーで、MVではミラーボールの中で踊っている姿が!そして、曲の後半ではラップパートが登場しています。

若かりし頃のAJのラップに注目して聞いてみて下さい。

発表当時は、がっちりアイドル路線で売り出していたので、映像からもそれを感じることが出来るのではないでしょうか。

16位:Backstreet Boys (バックストリートボーイズ)- The One

再生回数:2912万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★★★

17位:Backstreet Boys (バックストリートボーイズ)- We’ve Got It Goin’ On

再生回数:2772万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

18位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Chances

再生回数:3724万再生

AMランキング:13

おすすめ:★★★★

19位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Don’t Go Breaking My Heart

再生回数:73万再生

AMランキング:5

おすすめ:★★★★

20位:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ) – Anywhere For You

再生回数:1352万再生

AMランキング:15位以下

おすすめ:★★★

その他:Backstreet Boys(バックストリートボーイズ)について

上記でアーティスト情報や人気曲ランキングをご紹介しました。

以下ではより細かい情報をご紹介していきます。

バックストリートボーイズで車のCMに使われている曲は?

バックストリートボーイズは、日本でのプロモーションにも力を入れていたので、さまざまな楽曲が、色々なところで使われていました。

ランキングの16位になった、「The One」は、フォレスターというスバル自動車のCMで使われた曲が日本では有名なのではないでしょうか。

ちなみにこの楽曲は、「花田少年史」というアニメのオープニングにも採用されています。

また、同アニメのエンディングもバックストリートボーイズの楽曲が使用されており、そちらは「Drowning(上記ランキングで8位に紹介したもの)でした。

バックストリートボーイズの映画で使われている主題歌は?

バックストリートボーイズは、結成20年のタイミングで、それまでの栄光と苦悩を生々しく映像化したドキュメンタリー映画を出しています。

これを見ると、それぞれのメンバーのことがさらに好きになること間違いなしです。

映画の中では2013年にはリリースされるアルバム、「In World Like This」の制作過程が収められており、5人が衝突しながらも楽曲を制作していく過程が収められています。

アルバムタイトルとなっている「In World Like This」や、終盤に流れる「Show’Em」で、きっと心を揺さぶられることになると思いますよ。

バックストリートボーイズの現在の活動は?

バックストリートボーイズは、現在もまだまだ現役、新たな楽曲を届けてくれています。

最新でいうと、2019年に「DNA」を出してくれていますが、2021年年末あたりに新しいアルバムを出す・・・

ということを目標にしていると話してくれています。

遠くない未来に、彼らのあらたな楽曲を聞くことが出来そうです。

バックストリートボーイズのオススメのアルバムは?

たくさんの人気曲があるバックストリートボーイズ。

個人的には最新アルバムである「DNA」が一押しなのですが、入門編として考えるのであれば、2001年にリリースしたベストアルバムである「The Hits-Chapter One」でしょうか。

2001年までに発表したシングル楽曲をすべて収録した豪華なラインナップですので、大満足間違いなしです。

映画「BACKSTREET BOYS: SHOW `EM WHAT YOU’RE MADE OF」をご覧になった方には、「In World Like This」を聞いて頂くと、映画の様々なシーンがよみがえり、余韻を楽しむことが出来ますので、そちらもお勧めしたいです。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須