Charlie Puth(チャーリー・プース)の人気曲ランキング20選!【最新】

Charlie Puth (チャーリー・プース) 人気曲ランキング

今回はアメリカ出身の歌手Charlie Puth(チャーリー・プース)についてご紹介していきます。
多くのアーティストとコラボしているのでご存知の方も多いと思いますが、今回の記事を読んでさらに興味を持っていただければ幸いです。

Charlie Puth(チャーリー・プース)の出身やキャリア・人気の理由について

出身はアメリカのニュージャージー州です。
2011年に、アメリカの有名ブロガーであるペレス・ヒルトンが主催した「Can You Sing?」というカバー楽曲コンテストにエントリーします。
そこでアデルの楽曲「Someone like You」をカバーし優勝したことがきっかけで、彼はアメリカの有名司会者、エレン・デジェネレスに才能を見出され、エレンが設立したレーベルと契約を結びました。

その後もキャリアを築いていったプースは2015年にアトランティックレコードと契約を結び、ウィズ・カリファをフィーチャリングした「See You Again」を発表すると、全米シングルチャートで通算121位を獲得、さらに同年のグラミー賞にノミネートされるなど大ヒットを記録しました。
彼の人気の理由は、歌唱力の高さやその歌声、人々の心にダイレクトに届く楽曲を製作できる力など、ここまで歩んできたという努力の他にアーティストとしての才能が備わっているからかもしれません。

Charlie Puth(チャーリー・プース)の人気曲ランキング20

ここからはCharlie Puth(チャーリー・プース)のおすすめ人気曲・有名曲ランキング20選を紹介していきます。
曲の紹介は10位まで実施しています。10位以下はランキングの票をご覧ください。
Youtubeやアップルミュージックのランキング・おすすめなどを参考にランキングつけています。

順位 タイトル YouTube再生回数 Apple Musicランキング おすすめ
1位
Wiz Khalifa – See You Again ft. Charlie Puth Furious 7 Soundtrack
52億再生 2位 ★★★★★
2位
Charlie Puth – We Don’t Talk Anymore (feat. Selena Gomez)
27億再生 3位 ★★★★★
3位
Charlie Puth – Attention
13億再生 1位 ★★★★
4位
Charlie Puth – One Call Away
7.5億再生 4位 ★★★★
5位
Charlie Puth – Marvin Gaye ft. Meghan Trainor
6.7億再生 6位 ★★★★★
6位
Charlie Puth – “How Long”
6.3億再生 5位 ★★★★★
7位
Charlie Puth – Dangerously
1.2億再生 10位以下 ★★★★
8位
Charlie Puth – Done For Me (feat. Kehlani)
1億再生 7位 ★★★★★
9位
Gabby Barrett – I Hope
1.1億再生 9位 ★★★
10位
Charlie Puth – The Way I Am
5886万再生 8位 ★★★★
11位
Charlie Puth – Cheating on You
5935万再生 10位以下 ★★★★
12位
G-Eazy – Sober ft. Charlie Puth
3696万再生 10位 ★★★★
13位
Charlie Puth – I Warned Myself
3014万再生 10位以下 ★★★
14位
Charlie Puth – BOY
2753万再生 10位以下 ★★★
15位
Charlie Puth – Mother
2244万再生 10位以下 ★★★
16位
Charlie Puth – Patient
2229万再生 10位以下 ★★★★
17位
Charlie Puth – Some Type of Love
2124万再生 10位以下 ★★★
18位
Charlie Puth – Suffer
2101万再生 10位以下 ★★★
19位
Charlie Puth – I Won’t Tell A Soul
1805万再生 10位以下 ★★★★
20位
Charlie Puth – LA Girls
1668万再生 10位以下 ★★★

1位:Wiz Khalifa – See You Again ft. Charlie Puth Furious 7 Soundtrack

再生回数 52億再生
AMランキング 2
おすすめ ★★★★★

2015年の3月にリリースされました。 Furious 7: Original Motion Picture Soundtrack」に収録されています。

こちらの楽曲は、映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の主題歌で、世界各国の音楽チャートで1位を獲得するなど、大人気となりました。またこの楽曲は、亡くなってしまった親友で俳優でもあったポール・ウォーカーに捧げたものと言われています。心に響くメロディと歌詞により、聞き入ってしまう一曲です。

2位:Charlie Puth – We Don’t Talk Anymore (feat. Selena Gomez)

再生回数 27億再生
AMランキング 3
おすすめ ★★★★★

2016年の8月にリリースされ、チャーリーのアルバム「Nine Track Mind」に収録されています。セレーナ・ゴメスとのコラボ楽曲です。


チャーリー曰く、円満に別れたはずなのに相手に執着してしまう、しかしもう以前のように話すことはできないというような、そんな別れ方をした人たちの気持ちを表した楽曲だそうです。リズムが心地よく、キャッチーな楽曲です。

3位:Charlie Puth – Attention

再生回数 13億再生
AMランキング 1
おすすめ ★★★★

20174月にリリースされました。チャーリーの2枚目のアルバム「 Voicenotes」に収録されています。
自分のパートナーが自分を愛しているのではなく、ただ自分から注目されたかっただけだと気づいた時の気持ちを歌っているそうです。
どこか悲しさを感じる楽曲で、チャーリーの歌声が雰囲気をいっそう引き立ててくれます。

4位:Charlie Puth – One Call Away

再生回数 7.5億再生
AMランキング 4
おすすめ ★★★★

2015年の8月にリリースされ、アルバム「 Nine Track Mind」に収録されています。
僕がいるから君は一人じゃないんだというような、優しく励ましてくれるような歌詞になっており、楽曲自体もチャーリーの歌声とマッチしていて安心感のある一曲となっています。
またMVでは、チャーリーがラフマニノフの「前奏曲嬰ハ短調」を弾いているシーンから始まるのですが、重々しい雰囲気から温かみのあるサウンドへの変化を感じることができ、魅力あるMVとなっています。

5位:Charlie Puth – Marvin Gaye ft. Meghan Trainor

再生回数 6.7億再生
AMランキング 6
おすすめ ★★★★★

2015年の2月にリリースされ、アルバム「 Nine Track Mind」に収録されています。
メーガン・トレイナーとコラボした楽曲です。
タイトルにもあるマーヴィン・ゲイという言葉はかつてミュージシャンだったマーヴィン・ゲイを指しており、この楽曲では動詞として使われています。チャーリーは、シャイな人でもマーヴィン・ゲイの話なら会話のきっかけを作ることが出来るような、アイスブレーカー的な楽曲だと述べています。明るさとどこかレトロな雰囲気もあるサウンドで気分があがるような楽曲です。

6位:Charlie Puth – “How Long”

再生回数 6.3億再生
AMランキング 5
おすすめ ★★★★★

2017年の10月にリリースされました。アルバム「Voicenotes」に収録されています。
歌詞は恋人に対する謝罪や言い分が述べられており、恋人間のいざこざを歌った曲だと感じました。
全体的にクールな雰囲気で、一度聴いただけでハマってしまうような中毒性の高い楽曲だと思います。

7位:Charlie Puth – Dangerously

再生回数 1.2億再生
AMランキング 10位以下
おすすめ ★★★★

201611月に発表された楽曲です。アルバム「 Nine Track Mind」に収録されています。
夢中で愛していた相手が離れていってしまったということを表した楽曲だと思いました。
切なさを感じる曲でもあり、チャーリーの柔らかい歌声とぴったりです。

8位:Charlie Puth – Done For Me (feat. Kehlani)

再生回数 1億再生
AMランキング 7
おすすめ ★★★★★

2018年の3月にリリースされ、アルバム「Voicenotes」に収録されています。
ケラーニとコラボした楽曲です。
君は私のために何かしてくれたことがあるの?という、恋人関係に終わりが見えているような様子を表した楽曲だと感じました。
ケラーニとの掛け合いもハマっていて、まるで物語をみているかのような楽曲です。

9位:Gabby Barrett – I Hope

再生回数 1.1億再生
AMランキング 9
おすすめ ★★★

ギャビー・ガレットがチャーリーとコラボした楽曲です。
チャーリーと共に歌ったMV2020年の4月にリリースされています。
別れた女性が元恋人に対して最悪の事態を望むような、復讐的な曲だとバレットは語っています。
クールな楽曲なのですが、ところどころで熱い感情も垣間見えるような一曲です。

10位:Charlie Puth – The Way I Am

再生回数 5886万再生
AMランキング 8
おすすめ ★★★★

2017年7月にリリースされました。アルバム「Voicenotes」に収録されています。
この楽曲は、名声に対する不安や心配、世間の自分に対する認識などというように、チャーリー自身を表したものとなっているそうです。
リズムの刻み方と感情がのっている歌声がクセになりそうで、印象に残りやすい一曲だと感じました。

その他:Charlie Puth(チャーリー・プース)について

ここまでは人気・代表曲20曲についての紹介、解説を行ってきました。
ここからはCharlie Puth(チャーリー・プース)についてのちょっとした情報などを紹介していきたいと思います。

Charlie Puth(チャーリー・プース)のおすすめアルバムは?

個人的におすすめしたいのは「Voicenotes」です。
収録曲はしっとりとした曲やクールな曲が多いので、チャーリーの世界に没頭することが出来ると思います。
発売当時はビルボード2004位を記録したり、世間の評判としても前作のアルバムよりも良いといった声が大きかったようです。
またアルバムジャケットのチャーリーも最高にかっこよく、聞いて良し見て良しのアルバムとなっています。

チャーリー プース 髪型は?

現在は茶色のカーリーヘアですが、以前は短髪でツーブロックのような髪型や、坊主にしていた時期もありました。
どんな髪型でもお似合いなのですが、形が大きく変わっているのでその時々で受ける印象が異なり、それもまた魅力的な部分となっています。

チャーリー プースの現在は?

2021年の9月にエルトン・ジョンとコラボした楽曲「After All」が発表され、そちらが最新の楽曲のようです。
チャーリーはTikTok、インスタグラム、TwitterなどのSNSを運用し、自分の写真や日常について投稿をしています。
Twitterには韓国の大人気ボーイズグループ、BTSの楽曲「 Dynamite 」を数秒カバーした動画を乗せたことで、大きな反響を得ていました。
投稿頻度も高く、楽しそうな動画や写真をアップしているので彼が今何をしているのか気になる方は要チェックです。

チャーリープースは日本との関係は?

日本での人気も高く、2018年には日本で単独公演を行っています。
この公演は大阪と東京の2日間を予定していましたがどちらも即日完売となり、東京で追加公演が決定されるなど人気の高さが伺えます。
ちなみに追加の東京公演も完売したそうです。
さらに彼自身も日本は地球上で一番好きだと話しており、この公演内では日本での滞在中に経験したことを楽しそうに語る姿もあったそうです。

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須