洋楽!POP(ポップ)おすすめ50選以上!【最新曲から懐メロまで】

pop

今回の記事では海外で活躍するPOPアーティストについてまとめています。
この中に書き切れなかったアーティストも多数いるため、徐々に追加していきます。
主に80年代〜2020年代の人気アーティストやおすすめ曲なども分かるようになっていますので是非、最後までお付き合いください。
※紹介す曲があまりに多くサイトが重たくなってしまうのでオススメ曲の動画は一人のアーティストに基本は1つにさせていただいており、それ以外はテキストをクリックいただくとYouTubeの公式動画にリンクしているので是非、そちらをご確認ください。

目次

POP(ポップ・ミュージック)とは

POP(ポップ)ジャンルと耳にすると思いますが、基本的に「ポピュラーな音楽」で人気がある全ての音楽を指すことが多いです。
元々1950年代〜1960年代にかけ、西洋でロックンロールから派生して現代的形態で始まったポピュラー音楽のジャンルの1つと言われています。
ポップジャンルには、ロック、ラップ、ダンス・ミュージック、ラテン音楽、カントリーなどの様々な音楽の要素が盛り込まれ、サビがキャッチーで盛り上がるようなメロディが重視されているものが多いです。人気がある音楽のことを基本的にPOPジャンルと呼ぶことにしています。

POPの世界的人気アーティスト50選以上!

今回はPOPで人気のアーティストを50名紹介して行こうと思います。今後もどんどん追加予定です。
POPジャンルで活躍する世界的なアーテイストと50以上とオススメの曲を紹介したいと思います。

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

2017年公開の映画『美女と野獣』の主題歌を歌ったことで、ファン以外のかたにも知られるようになりました。ジョン・レジェンド (John Legend)にも負けない歌唱力に脱帽です。アリアナ・グランデはアメリカ出身のシンガーソングライター、女優です。

8歳の時に北米プロアイスホッケーリーグで国歌斉唱をしてるんですね。驚きです。
15歳でブロードウェイ『13』に出演。その後はミュージカルドラマに出演するなど、女優としても、シンガーとしてもキャリアを積んでいきます。
2013年、デビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』がいきなり全米ビルボード初登場1位。
アメリカン・ミュージック・アウォーズ2013で最優秀新人賞を受賞します。
2ndアルバム『マイ・エヴリシング』も全米1位を獲得。もう、うらやましいくらいの快進撃です。
デビュー当時は「ネクスト・マライア」なんて言われていましたが、ズバ抜けた歌唱力で堂々と歌っているので、「ネクスト・マライア」というよりは、「アリアナ・ブランド」を確立したという感じですね。
綺麗で小柄な彼女のどこに、あんなパフォーマンスをする力があるんでしょう。今後も注目していきたいアーティストのひとりです。

Beauty and the Best

【公式】Thank U, NextのPV動画はこちら>>

【公式】No Tears Left To CryのPV動画はこちら>>

アリシア・キーズ

Alicia Keys(アリシア・キーズ)はアメリカのシンガーソングライターです。

7歳からピアノを始め、クラシックからジャズまで幅広い音楽を学んでいました。
2001年にはデビューアルバムの「Songs In A Minor」を発表し、全世界で1200万枚以上の売り上げを記録しています。
翌年のグラミー賞では最優秀新人賞や最優秀楽曲賞を獲得するなど、輝かしい成績を収めました。
2ndアルバムの「The Diary of Alicia Keys」は世界中で800万枚を売り上げ、2005年にはグラミー賞4部門を受賞しています。
2007年に発売の3rdアルバム「As I Am」も2008年のグラミー賞で2部門を受賞するなど、発表するアルバムやシングルが軒並み大人気となっています。

No One

【公式】Girl on FireのPV動画はこちら>>

【公式】If I Ain’t Got YouのPV動画はこちら>>

アウル・シティ (owl city)

2012年のディズニー映画「シュガー・ラッシュ(Wreck it Ralph)」の主題歌「When Can I See You Again?」を歌っているアウル・シティ。
映画を観たというかたはご存じと思います。アウル・シティとは、「アダム・ヤング」というミュージシャンによるソロプロジェクト名なんです。
「アダム・ヤング」は音楽スタイルに合わせて、名前を使い分けていて、その中でも一番有名なのが「アウル・シティ(owl city)」です。

他に「スカイ・セーリング(Sky Sailing)」、「ポート・ブルー(Port Blue)」での活動も行っています。
それぞれが完全に独立しているので、「アダム・ヤング」一人の作品だとは気づかないかもしれません。
アウル・シティ (owl city)こと「アダム・ヤング」は、アメリカ・ミネソタ州の小さな町の出身。
2007年よりインディーミュージシャンとして活動していました。
彼の音楽は口コミによって広まっていき、ユニバーサルミュージックに声をかけられ、2009年7月にアルバム『Ocean Eyes』を発表。
このアルバムがビルボード8位まで上昇し、アルバムトータルセールスが100万枚を超え、大ヒットしました。
アウル・シティ (owl city)の曲は、透明感があり、リラックスできる楽曲が多いという印象です。

When Can I See You Again?

【公式】Dreams and DisastersのPV動画はこちら>>

【公式】My EverythingのPV動画はこちら>>

Adele(アデル)

1988年5月5日にイングランドのロンドンで誕生しました。
イギリスを代表する女性シンガーソングライターで、本名はAdele Laurie Blue Adkins(アデル・ローリー・ブルー・アドキンス)です。
2008年リリースの1stアルバム「19」が大ヒットし、2011年リリースの2ndアルバム「21」では30カ国で第1位を獲得しました。このアルバムでは3つのギネス記録が達成されました。
2013年には、バッキンガム宮殿において、チャールズ皇太子よろMBE勲章(大英帝国勲章)を受賞しています。
2009年の第51回グラミー賞で4部門受賞してから、総数15個のグラミー賞を受賞しています。

Someone Like You

【公式】Rolling in the DeepのPV動画はこちら>>

【公式】HelloのPV動画はこちら>>

Imagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)

アメリカ合衆国ネバタ州のラスベガスを拠点に活動するオルタナティブ・ロックバンドです。
※ロックバンドですがPOPアーティスト並みにメジャーなのでPOPの中に入れて紹介しています。
2012年に1stアルバム「Night Visions」をリリースし、初登場で全米チャート2位を獲得します。全世界で400万枚を売り上げるなどの大人気バンドです。
2015年に2ndアルバム「Smoke + Mirrors」、2017年に3rdアルバム「Evolve」、2018年には4thアルバム「Origins」をリリースしました。
2010年代最も売れたロックバンドで、USロックを牽引する一翼を担っています。
そして、2021年9月3日に、3年ぶりとなる5thアルバム「Mercury-Act1」がリリースされています。

Radioactive

【公式】ThunderのPV動画はこちら>>

【公式】WreckedのPV動画はこちら>>

ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)

ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)は、2015年公開の映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』で使われた「See You Again」が大ヒットしたことで、ファン以外からも知られるようになりました。1987年9月生まれ。アメリカ・ピッツバーグ出身のラッパー。

※ラッパーですがPOPアーティスト並みにメジャーなのでPOPの中に入れて紹介しています。
2011年3月、デビューアルバム『Rolling Papers』をリリース。
先にリリースされた「Black and Yellow」が大ヒットしていたこともあり、全米アルバムチャート初登場2位。
最終的には50万枚以上を売り上げて、ゴールドディスクに認定されました。
ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)といえば「子煩悩なパパ」として話題にもなっています。
自身のアパレルブランド「BASH」を立ち上げているのですが、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)の息子さんがモチーフになっているそうですよ。
ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)といえば大豪邸ですよね。そして、ずらりと高級車が並ぶガレージ。わざわざ「お宅拝見!」みたいな動画を投稿してくれています。いかにもヒップホップスターらしい、ワイルドな一面をみせてくれています。
何もかにもが「男前!」という感じのウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)です。次はどんなことでファンを楽しませてくれるのでしょう。
これからも、注目していきたいアーティストです。

See You Again

【公式】Black And YellowのPV動画はこちら>>

【公式】PromisesのPV動画はこちら>>

Ava Max(エイバ・マックス)

Ava Max(エイバ・マックス)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれの、シンガーソングライターです。
本名はAmanda Ava Koci(アマンダ・エイバ・コチ)。

14歳頃のエイバ・マックス(Ava Max)は、何度も何度もコンテストやオーディションに挑戦していました。
そんなとき、偶然にもプロデューサーのサークットの誕生日パーティーに参加することになり、「ハッピーバースデー」を歌うチャンスに恵まれます。
エイバの声を聞いた彼は、彼女にコラボしようと誘いました。
この瞬間、彼女の長いチャレンジはここで終わります。そしてデビューするという夢を現実のものに変えた瞬間でもあります。
2013年に初めてAva Max(エイバ・マックス)の名で「Take Away the Pain」を自主制作で発表しましたが、ヒットには至りませんでした。
2018年、Ed Sheeran(エド・シーラン)などが所属するアトランティック・レコードよりデビューシングル「My Way」をリリースしました。
同年に2ndシングル「Slippin」、3rdシングル「Sweet but Psycho 」をリリースします。この「Sweet but Psycho」が、全英シングルチャートをはじめ、世界各国のチャートでランクインし1位を獲得し、大ヒットしました。
その後「So Am I」、「Salt」、「King & Queen」、「Who’s Laughing Now」と次々にヒット曲をリリースしていきます。
2020年には、1stアルバム「Heaven & Hell」をリリースしました。
その他情報ですが、TikTok「#フリーズチャレンジ」に使われた曲「Not Your Barbie Girl」で有名になりました。
エイバ・マックス(Ava Max)の「Not Your Barbie Girl」は全世界で6億7000万回も再生されています。TikTokで使われたことも影響しているのですが、それにしてもすごいことです。
その後、エイバ・マックス(Ava Max)は一気にポップ界のスーパースターへと急成長しました。今後どんなふうに私たちを楽しませてくれるのか、楽しみです。

My Head & My Heart

【公式】Sweet but PsychoのPV動画はこちら>>

【公式】Who’s Laughing NowのPV動画はこちら>>

エド・シーラン(Ed Sheeran)

エド・シーラン(Ed Sheeran)といえば「SHAPE OF YOU」が大ヒットし『超』が付くほどの有名アーティストですね。
2011年ファーストアルバム『+(プラス)』でデビュー。世界中でヒットし、あっという間に有名アーティストの仲間入りをしてしまいます。
自分の曲がヒットしているだけでもすごいのに、他のアーティストに曲を提供し、それまでもがヒットしているのですから、本当にすごい人なんです。
高校を中退して、路上ライブやライブハウスで腕を磨きながら、いろいろな人たちと触れあった経験が、彼の曲作りのもとになっているのでしょう。
どの曲も「あるある」「そうそう」と、うなづける歌詞が多いです。2014年セカンドアルバム『x(マルティプライ)』が、全英・米1位を記録。
「グラミー賞」を4回受賞。イギリスから勲章(大英帝国勲章第5位)を受賞。
サードアルバム『÷(ディバイド)』『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』計4枚のアルバムをリリースしています。
素朴なというのか、純朴な男の子がギター1本で、やたらと大ヒットをとばしているという印象のエド・シーラン(Ed Sheeran)ですが、あか抜けないまま、今に至ってるのが好感持てます。

The A Team(Aチーム 飛べない天使たち)

【公式】Castle On The HillのPV動画はこちら>>

【公式】HAPPIERのPV動画はこちら>>

Oasis(オアシス)

Oasis(オアシス)はイギリスのロックバンドです。※ロックバンドですがPOPアーティスト並みにメジャーなのでPOPの中に入れて紹介しています。

メイン・ソングライターで兄のノエル・ギャラガーと、ボーカルで弟のリアム・ギャラガーのギャラガー兄弟を中心に1991年に結成されました。
デビューアルバムの「Definitely Maybe」はイギリスのチャートで1位を記録しており、さらにイギリスだけで210万枚、全世界では1000万枚以上を売り上げ大ヒットとなりました。また、南米ツアーや日本武道館で公演を行うなど、その人気は自国にとどまらず海外にも広がっています。
しかし2009年、兄のノエルが脱退を発表し、オアシスは活動を休止しています。
現在ノエル以外のメンバーはビーディ・アイというバンドを結成し、ノエルはソロで活動を続けています。

Wonderwall

【公式】Don’t Look Back In AngerのPV動画はこちら>>

【公式】WhateverのPV動画はこちら>>

Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)

Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)は、アメリカの歌手、女優です。

2019年にアメリカのテレビドラマシリーズ「ハイスクール・ミュージカル」のリメイクである「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」で主演を務め、さらにこの作品に「All I Want」というオリヴィア自身が制作した曲を提供しました。この楽曲はBillboard Hot 100で90位を記録しています。
2021年の1月には、音楽プロデューサーのダン・ニグロと共同制作したデビューシングル「drivers license」を発表し、全米全英のシングル・チャートで初登場1位を記録するなど、世界的な大ヒットとなりました。
その後に発表したシングル曲も大好評で、3rdシングル「good 4 u」はまたも全米1位を記録しています。
最近では2021年5月にデビューアルバムの「Sour」を発表し、オリヴィアは自身の公式サイトで、曲を作ることが世界で一番好きだと述べているので、これからのさらなる活躍が期待されます。

Good 4 u

【公式】drivers licenseのPV動画はこちら>>

【公式】All I WantのPV動画はこちら>>

Austin Mahone(オースティン・マホーン)

Austin Mahone(オースティン・マホーン)はアメリカの歌手です。2010年からYouTubeにジャスティン・ビーバーやブルーノ・マーズなど、様々なアーティストのカバー曲を投稿し始め、だんだんとファンを増やしていきました。

2012年にはレコード会社と契約し、1stシングルの「11:11」をリリースすると、公開後すぐに10万ダウンロードを記録し社会現象となりました。
また2014年には日本だけではなく全米ツアーやヨーロッパでの公演も行っており、世界中のファンを魅了していきました。
2017年、彼の楽曲「Dirty Work」がお笑いタレントのブルゾンちえみのネタに使われたことで日本での知名度がさらに上がり、日本版のiTunesランキングでも11位に急上昇するなど話題を呼びました。

Dirty Work

【公式】What About LoveのPV動画はこちら>>

【公式】Mmm Yeah ft. PitbullのPV動画はこちら>>

カイリー・ミノーグ

Kylie Minogue(カイリー・ミノーグ)はオーストラリア出身のシンガーソングライター、女優です。現在はイギリスで活動をしています。
1987年、リトル・エヴァの楽曲「 The Loco-Motion 」をカバーしデビューします。
このカバー曲はビルボードで第3位を記録し、本国のオーストラリアでは7週連続で1位を記録して大ヒットとなりました。
2001年に発売したアルバム「Fever」のリード曲「Can’t Get You Out Of My Head」はイギリスのチャートで第1位を獲得したほか、2001年で世界1位の売り上げを記録し、彼女のさらなる飛躍となりました。
2020年発売のアルバム「DISCO」もイギリスのチャートで1位を獲得しており、現在も魅力的な楽曲を生み出しています。

Can’t Get You Out Of My Head

【公式】Love At First SightのPV動画はこちら>>

カーラズ・フラワーズ(Kara’s Flowers)

カーラズ・フラワーズ(Kara’s Flowers)は1994年、アメリカ・ロサンゼルスの高校生4人で結成したバンドです。
アダム・レヴィーン、ジェシー・カーマイケル、ミッキー・マデン、ライアン・デューシック…?この人たち『マルーン5(Maroon 5)』ですよね。
そうです。カーラズ・フラワーズ(Kara’s Flowers)とは、『マルーン5(Maroon 5)』になる前のバンド名なんです。
1997年7月、ファーストシングル「Soap Disco」をリリース。8月には、アルバム「The Fourth World」と、立て続けにリリースしました。
デビューを果たした高校生の男の子たちは、ウキウキしたでしょうね。
ところが、全くヒットさせることができずにアルバムは半年後に廃盤となり、1999年レコード会社から去ることになります。夢破れた感じですね。バンド活動も白紙に。年齢的なタイミングもあり、彼らはそれぞれ大学へ進学します。
が、「やっぱりやめられない」と、アダムとジェシーは大学を中退し、ミッキーやライアンとともにバンド活動を再開します。バンド名を「マルーン5」と改名して。その後は、映画のサントラに起用されたり、日本でもCMに使われるなどして、すっかりお馴染みのバンドになりました。

Soap Disco

【公式】The Never SagaのPV動画はこちら>>

【公式】Loving the Small TimeのPV動画はこちら>>

Khaliad(カリード)

1998年2月11日、アメリカ合衆国ジョージア州フォートスチュワート生まれのポップ・R&Bシンガーソングライターです。
※R&BジャンルですがPOPスターとの共演も多いのでPOPとしてもカウントしています。
本名は、Khalid Donnel Robinson(カリード・ドネル・ロビンソンン)。2016年リリースの1stシングル「Location」は、ロングヒットを記録しました。
2017年にリリースした1stアルバム「American Teen」は、全米アルバムチャートでは最高4位にランクインします。
2018年の第60回グラミー賞では、最優秀新人賞を含む5部門にノミネートし、同年に初来日し東京でライブが行われました。
2020年には第62回グラミー賞で、最優秀レコード賞にノミネートされています。

Location

【公式】TalkのPV動画はこちら>>

【公式】BetterのPV動画はこちら>>

カーリー・レイ・ジェプセン(CARLY RAY JEPSEN

ジャスティン・ビーバーに見出されたシンデレラ・ガール、カーリー・レイ・ジェプセン(CARLY RAY JEPSEN)。とにかくカワイイ!
I Really Like You」のミュージックビデオでは、モデルのローラと共演しているのですが、ずるいですよこの二人を並べるなんてキュートすぎますよ。

198511月生まれ。カナダ・ブリティッシュコロンビア州出身のシンガー・ソングライター。
2012年リリースのシングル「Call Me Baby)」が全⽶No. 1になり、一躍世界的な人気を獲得しました。
この曲は、『ザ!世界仰天ニュース』のエンディングテーマに起用されたり、映画『ピーチガール』の主題歌に使われていたので、これをきっかけにファンになったというかたもいらっしゃると思います。
カーリー・レイ・ジェプセン(CARLY RAY JEPSEN)は、日本が大好きだと話しています。日本のファッションにも興味があり、来日の際は原宿でのショッピングを楽しみにしているそうです。
デビュー当時のカーリー・レイ・ジェプセン(CARLY RAY JEPSEN)は、キュートな歌声が可愛らしい女の子でしたが、最近の曲は、歌詞の内容や歌い方から少し大人になった印象がします。この先もチェックしていきたいアーティストです。

I Really Like You

【公式】Call Me BabyのPV動画はこちら>>

【公式】Cut To The FeelingのPV動画はこちら>>

キアラ・セトル(Keala Settle)

2017年公開の映画『グレイテスト・ショーマン』の髭女レティ・ルッツ役に抜擢され、主題歌「This Is Me」を、圧巻の歌唱力で歌い上げたことで一躍有名になりました。
キアラ・セトル(Keala Settle)は1975年11月生まれ。アメリカ・ハワイ州オアフ島出身。主にミュージカルを中心に活動している女優です。
「レ・ミゼラブル」のリバイバル公演に出演。などなど。2011年、ブロードウェイデビュー。36歳という年齢からすると、「遅咲き」ですね。
その後は数々のミュージカル作品に出演しています。
映画『グレイテスト・ショーマン』の大ヒットにより、キアラ・セトル(Keala Settle)は映画のプロモーション活動のため、世界中を飛び回っていました。そのため疲労・心労が重なり、体調を崩してしまったそうです。
アカデミー賞でパフォーマンスをする事が決まっていたので、休業することもできず、医師の指示を受けながら、体調が悪いことを隠しリハーサルしていたそうです。そして、当日アカデミー賞の舞台で感動のパフォーマンスをした彼女のプロ魂には脱帽ですね。
「This Is Me」以外の歌も聞きたいので、まだまだ頑張ってほしいです。

This Is Me

【公式】This Is Me 『グレイテスト・ショーマン』ワークショップセッションのPV動画はこちら>>

Chris” Brow(クリス・ブラウン)

Chirs Brown(クリス・ブラウン)は、アメリカの歌手です。彼はマイケル・ジャクソンやサム・クックの音楽に触れながら育ちました。

13歳の時、地元プロダクションにスカウトされた事で音楽活動を始めます。
16歳の時にデビューアルバムの「Chris Brown」を発表し、その中のシングル「Run It!」がBillboard Hot 100で第1位を獲得しました。
同アルバムはアメリカ国内で200万枚の売り上げも記録しています。
その後も「Kiss Kiss」や「With You」、「Forever」といったシングル曲は Billboard Hot 100で1位や2位を記録するなど、大ヒットソングを生みだしています。

Run It!

【公式】With YouのPV動画はこちら>>

【公式】Kiss Kiss ft. T-PainのPV動画はこちら>>

Katy Perry(ケイティ・ペリー)

Katy Perry(ケイティ・ペリー)はアメリカの歌手です。
彼女は15歳の時に聞いたクイーンの名曲「Killer Queen」がきっかけで音楽の道に進むことを決意したそうです。
2008年に全米シングル・チャートで1位を記録した「I Kissed a Girl」や、この楽曲に続くヒット作である「Hot N Cold」を含む2ndアルバムを発売し、彼女の名が大きく広まっていきました。
この他にも「California Girls」がBillboard Hot 100で第1位を記録したり、2013年に発表したシングル曲「Roar」が現在YouTube上で34億回再生を記録しているなど、多くの人に愛される楽曲を生み出しています。
2020年にはこのコロナ禍において人々にエールを送るようなアルバム「Smile」を発表しています。

I Kissed A Girl

【公式】Hot N ColdのPV動画はこちら>>

【公式】RoarのPV動画はこちら>>

Coldplay(コールドプレイ)

Coldplay(コールドプレイ)はイギリスで結成されたロックバンドで、メンバーはクリス・マーティン、ジョニー・バックランド、ガイ・ベリーマン、ウィル・チャンピオンの4人です。

2000年に発売したデビューアルバム「Parachutes」は約900万枚売り上げ、シングル曲の「Yellow」はグラミー賞を受賞するなど、世界的に有名になりました。
その後の2ndアルバム「A Rush of Blood to the Head」、3rdアルバム「X&Y」4thアルバム「Viva la Vida or Deth and All His Friends」は1000万枚以上を売り上げました。
現在までに8枚のアルバムを出していますが、それらすべての売り上げは1億枚以上を記録しており、21世紀を代表するバンドの一つだと言われています。
2021年には9枚目のアルバム「Music Of The Sphere」のリリースも予定しています。

Yellow

【公式】Viva La VidaのPV動画はこちら>>

【公式】Hymn For The WeekendのPV動画はこちら>>

Sam Smith(サム・スミス)

Sam Smith(サム・スミス)はイギリスのシンガーソングライターです。
2012年にディスクロージャーのシングル「Latch」にゲストボーカルとして参加したことでその名が広まっていきます。

2014年にはBBCによる有望な新人アーティストを選出する企画、「BBC sound of 2014」において1位に選ばれました。
同年のデビューアルバム「In the Lonely Hour」は、全英チャート初登場第1位、全米チャート初登場第2位を獲得し、全英チャートは69週連続でトップ10にランクインしたことで、ギネス世界記録に認定されています。
2014年に発表したシングル曲「Stay with Me」は第57回のグラミー賞で年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞を受賞し、さらに2015年のビルボード・ミュージック・アワード2015では最優秀楽曲賞にノミネートされるなど、現在までに多くのヒットソングをリリースしています。

Stay With Me

【公式】I’m Not The Only OneのPV動画はこちら>>

【公式】Too Good At GoodbyesのPV動画はこちら>>

The XX(ザ・エックス・エックス)

2005年に、幼馴染だったRomy Madley Croft(ロミー・マドリー・クロフト)とOliver Sim(オリヴァー・シム)の2人で結成しました。
そこにBaria Qureshi(バリア・クレシ)とJamie Smith(ジェイミー・スミス)が加わり4人体制になります。
2009年にデビューシングル「Basic Space」をリリースし、同年に1stアルバム「XX」をリリースしました。
しかし、2009年後半になると、体調不良を理由にBariaが脱退して3人体制になります。
2012年に2ndアルバム「Coexist」をリリースし、2017年には3rdアルバム「I See You」をリリースしました。

I Dare You

【公式】IslandsのPV動画はこちら>>

【公式】FictionのPV動画はこちら>>

SIA(シーア)

1975年12月18日、オーストラリア出身のシンガーソングライターです。本名はSia Kate Isobelle Furier(シーア・ケイト・イゾベル・ファーラー)。
1975年12月生まれ。オーストラリア・アデレード出身のシンガー・ソングライター。

シーア(SIA)は1990年代中期、アシッドジャズバンド・クリスプのボーカルとして活動していました。バンド解散後はイギリスに渡りデビュー。さらにニューヨークへ移り、デヴィッド・ゲッタの作品などで注目されるようになりました。
また、ソングライターとしてはニーヨやリアーナらへ楽曲を提供し、ヒットメイカーとしても知名度を高めています
2016年公開のアニメ映画『ファインディング・ドリー』のエンディングテーマ「Unforgettable」を歌っているのが、シーア(SIA)です。
「Unforgettable」の原曲はナット・キング・コール(Nat King Cole)が歌っています。
オリジナルも素晴らしい楽曲なのですが、シーア(SIA)のカバーバージョンもなかなかの味わいがあります。
2016年公開の映画『秘密 THE TOP SECRET』の主題歌「Alive」で、ファン以外にも知られるようになりました。
この曲は、2018年にもHondaオデッセイのCMソングに起用されています。
私達、シーア(SIA)の曲だと気づかずに聞かされていましたね。シーア(SIA)の歌声は、サビのあたりで声を張り上げるとかすれ気味になります。
あまりにもセクシーで、中毒性があります。ぜひ、体感してください。
SIAの経歴は、ジャズバンドのボーカリストから始まり、バンド解散後にイギリスに渡り、Zero 7のリードボーカルを担当していました。
2005年には、活動拠点をアメリカのニューヨークに移し、有名アーティストへの楽曲提供で活躍します。
その中にはBeyonce(ビヨンセ)やRihanna(リアーナ)など、そうそうたるメンバーです。
そんな中、以前から苦しんでいたアルコール依存症と薬物依存症が悪化、双璧性障害などからの活動休止を乗り越えて、世界的な大ヒットとなった「Chandelier」が創り出されました。「Chandelier」は多くの賞を受賞し、Official Videoの再生回数はなんと24億回を超えています。
2016年・2021年と女優の土屋太鳳と2度コラボしています。

Chandelier

【公式】Elastic Heart feat. Shia LaBeouf & Maddie ZieglerのPV動画はこちら>>

【公式】Alive feat. Tao TsuchiyaのPV動画はこちら>>

Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)

Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)はアメリカのシンガーソングライターで俳優です。
ジャスティンは1995年に結成されたアメリカの男性アイドルグループ、「イン・シンク」で最年少メンバーとして大活躍をしていました。
イン・シンクの解散後は、2002年にソロデビューをしています。
2003年に発表したアルバム「Justified」が全世界で約1000万枚の売り上げを記録し、大ヒットとなりました。同年には、この成功があってグラミー賞も受賞しています。
その後発表した2ndアルバム「FutureSex / LoveSounds」、3rdアルバム「The 20 / 20 Experience」は共に全米1位を記録し、スターとしての地位が揺るぎないものになっていきました。
ジャスティンはこれまでにグラミー賞10冠、エミー賞4冠を獲得しており、大人気エンターテイナーだと言えます。

CAN’T STOP THE FEELING!

【公式】MirrorsのPV動画はこちら>>

【公式】Cry Me A RiverのPV動画はこちら>>

ames Bay(ジェームス・ベイ)

1990年9月4日、イングランドのハートフォードシャー生まれのシンガーソングライターです。
2015年リリースの1stアルバム「Chaos and the Calm」で全英チャートの1位を獲得します。
同年、イギリスのBrit Awards(ブリット・アワード)で、批評家賞を受賞し、2016年は最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト賞を受賞しました。
同じく2016年には、初来日し東京・大阪公演を開催します。2018年には2ndアルバム「Electric Light」をリリースしました。

If You Ever Want To Be In Love

【公式】Let it GoのPV動画はこちら>>

【公式】Wild LoveのPV動画はこちら>>

Jonas Brothers(ジョナス・ブラザーズ)

Jonas Brothers(ジョナス・ブラザーズ)はアメリカのポップ・ロックバンドで、3兄弟で活動しています。

メンバーは長男のポール・ケビン・ジョナスII、次男のジョセフ・アダム・ジョナス、三男のニコラス・ジェリー・ジョナスです。
2005年にデビューし、2006年にはデビューアルバム「 It’s About Time 」をリリースします。
注目を集めたのは2007年、2ndアルバムの「 Jonas Brothers 」で、こちらはアメリカのビルボードで初登場5位を獲得し、人気となりました。
彼らは2013年に解散するも2019年に再結成をしています。
再結成の際に発表したシングル曲「 Sucker 」は全米1位を獲得し、さらに公開されたMVも公開初日で2千万再生されるなど、話題を集めたバンドでもあります。

Sucker

【公式】What A Man Gotta DoのPV動画はこちら>>

Shawn Mendes(ショーン・メンデス)

Shawn Mendes(ショーン・メンデス)はカナダのシンガーソングライターです。

彼は2013年から動画サイトにジャスティン・ビーバーなどの曲をカバーした動画を投稿し始め、1ヶ月で100万回再生されるなど、SNSで有名になっていきました。また、SNSのスター達で行われたツアーに参加したことで、現在のマネージャーと出会いデビューへとつながっていきました。
2015年のデビューアルバム「Handwritten」、2016年発売の2ndアルバム「Illuminate」、2018年発売の3rdアルバム「Shawn Mendes」は3作品連続でカナダのアルバム・チャートで1位を獲得し、3rdアルバムは80ヵ国の国と地域でiTunes第1位を獲得、さらに全米アルバム・チャートでも第1位に輝くという記録を残しています。

Treat You Bette

Stitches

【公式】There’s Nothing Holdin’ Me BackのPV動画はこちら>>

Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)

1966年5月16日、アメリカ合衆国インディアナ州ゲイリーにて、有名なジャクソン・ファミリーの10人の兄弟の末っ子として誕生しました。兄の1人はMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)です。

1982年にリリースされた1stアルバム「Janet Jackson」でシンガー・デビューしましす。1984年には2ndアルバム「Dream Street」を、続いて1986年にリリースの3rdアルバム「Control」で初の全米No.1を獲得しました。
その後も1989年に4thアルバム「Rhythm Nation 1814」、1993年に5thアルバム「Janet」をリリースし、次々と大ヒットさせて数々の記録を作っていきます。1996年には初のBestアルバム「Design Of A Decade 1986-1996」をリリースし、2020年には、通算12作目となるアルバム「Black Diamond」がリリースされました。現在も活躍するJanet Jacksonの音楽は、非常の多くのアーティストに大きな影響を与えています。

That’s The Way Love Goes

【公式】Rhythm NationのPV動画はこちら>>

【公式】ALL For YouのPV動画はこちら>>

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)

シングルとアルバムの売り上げは1億4000万枚を超え、最も売れたアーティストの一人とされているジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)。
1994年3月生まれ、カナダ・オンタリオ州出身のシンガー・ソングライター。
2007年12歳のジャスティンがYouTubeに投稿したカヴァー曲が話題となり、2009年14歳でアイランド・レコードと契約。2010年にリリースした「Baby」のヒット以降、ポップスターとして数々の記録を打ち立てます。
過去には「ヤンチャ」して、たまに騒動を起こしたりもしてきましたが、最近は結婚して落ち着いてきたイメージですね。
2019年、デビュー10周年のこの年はいろいろ考えることもあったのでしょう。音楽活動をちょっとお休みします。ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)にとっては必要なことだったのでしょうね。
「ヤンチャなセレブ」のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)ですが、良いことも積極的に行っています。

最近では、2020年5月アリアナ・グランデ(Ariana Grande)とのコラボ曲「Stuck With U」が配信リリースされています。この曲の売上の純利益は、すべて「First Responders Children’s Foundation」に寄付しています。
今20代、まだまだ伸びそうなジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)。今後の活動が楽しみです。

Love Yourself

Baby

【公式】Stuck with UのPV動画はこちら>>

シルク・ソニック(Silk Sonic)

ブルーノ・マーズとアンダーソン・パークがタッグを組んで結成されたグループです。グラミー賞を計11部門受賞しているブルーノ・マーズ。
グラミー賞を計3部門受賞しているアンダーソン・パーク。この二人がタッグを組むなんて、それは反則ですよ。ヒットしないわけがない。
2021年3月5日「Leave The Door Open」をリリースしました。
この曲は世界各国のチャートで1位を獲得しています。それに合わせて公開されたミュージック・ビデオは1日で1000万回再生を越えてしまうということで、世界中に大きな旋風を巻き起こしています。小さい男の子たちが悪だくみをしているような感じで結成されたシルク・ソニック(Silk Sonic)。
この二人のヤンチャぶりがわかるエピソードがあります。
「僕たち新曲をリリースしたばかりなんで、グラミー賞でのパフォーマンスで紹介させてください」とグラミー側に直談判したんです。そうしたら、なんやかんやでパフォーマンスできることになったという。
なんてことでしょうね、「OK!」出しちゃうんですね。その行動力に脱帽です。笑うしかありません。
シルク・ソニック(Silk Sonic)のデビュー・アルバム『An Evening With Silk Sonic』が発売される予定だそうで、そちらの作品も楽しみなところです。

Leave the Door Open

Skate

【公式】Silk Sonic IntroのPV動画はこちら>>

Superorganism(スーパーオーガニズム)

2017年からイギリスのロンドンを拠点に活動する、8人のメンバーで構成されるバンドです。
メンバーは、日本人ボーカルOrono(オロノ)をはじめ、韓国、イギリス、ニュージーランド、オーストラリアと多国籍で年代も様々です。
デビューシングルは「Something for Your M.I.D.」で、のちにソフトバンクCM Google Pixel「HAPPINESS」のCMソングに起用されました。
2018年に、1stアルバム「Superorganism」をリリースします。2019年には、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5都市の全国ツアーが行われました。

Everybody Wants To Be Famous

Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)

Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)はアメリカの歌手で、他にも女優業やユニセフの親善大使も担っています。
2007年に「ウェイバリー通りのウィザード達」に出演したことで知名度が大きく上がった彼女は、2008年から音楽活動を始めました。

2013年、自身初のアルバム「Stars Dance」を発表し、全米アルバム・チャートで第1位を獲得します。
さらに、事務所移籍後のアルバム「Revival」も全米アルバム・チャートで第1位に輝いています。
2020年にはアルバム「Rare」を発表し、こちらも全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得しています。
またアルバムだけでなく、2019年に発表したシングル曲「Lose You To Love Me」でも全米シングル・チャート1位を獲得しているなど、大人気ヒットメーカーとなっています。

Lose You To Love Me

【公式】Slow DownのPV動画はこちら>>

ダニエル・パウター(Daniel Powter)

1971年2月生まれ。カナダ・ブリティッシュコロンビア州出身のシンガー・ソングライター。

幼少期からヴァイオリンやピアノを習っており、彼が高校生になると初めてバンドを組んで自身はボーカルとして活動していきます。
高校卒業後は音楽大学へ進学しますが、楽譜が読めなかったそうで大学を中退しています。
その時に自分の音楽を作ろうと決意し、そのための第一歩としてバンクーバーで一人での生活を始めたそうです。
ライブハウス専属のバンドでキーボードを弾いていましたが、25歳のときにヴォーカリストに転向します。それと同時に曲を作り始めます。
デモ・テープを送ったワーナーと契約し、2005年にヨーロッパでデビュー。ファーストシングルの「Bad Day」が全世界で大ヒットしました。
バンクーバーでダニエルは音楽プロデューサーのジェフ・ドーソンと出会い、現在のダニエルのサウンドを確立させていきました。
この楽曲がフランスのコカ・コーラのCMに使用されたことでヨーロッパで大ヒットを記録し、その後全世界へと広まっていきました。
日本へも公演のために何度か来日しており、根強い人気を博しています。
ピアノの弾き語りで、味のある美しいメロディを聴かせてくれるダニエル・パウター(Daniel Powter)
帽子がトレードマークで、そのスタイルからピアノマンと呼ばれています。
最近では平原綾香とのコラボ曲「Save Your Life」が2021年2月3日に配信リリースされています。世界中がコロナ禍の大変な状況にある2020年に制作されました。歌詞の内容は「頑張っていこう!」的な応援歌ではなく、今誰もが感じている、心の中の言葉をそのまま歌詞にした感じです。
『何もよくならないこの世の中で、ただ僕らにできることは、しっかりとつかまることだけ』そう歌っています。ぜひ、聞いてください。

Bad Day

【公式】Lose to WinのPV動画はこちら>>

【公式】Save Your LifeのPV動画はこちら>>

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)

1989年12月、アメリカ・ペンシルベニア州生まれのミュージシャン、女優。
2016年に公開された映画『SING』の中で使われた曲「SHAKE IT OFF」で、新たな世代のファンを獲得したのではないでしょうか。
テイラー・スウィフト(Taylor Swift)は音楽だけでなく、綺麗な容姿やすらっとした長身を生かしたスタイリッシュなファッションも多くの若者に注目されていますね。2006年にシングル「Tim McGraw」でデビュー。当時はカントリー歌手として活動をスタートしました。
同じ年、デビューアルバム「Taylor Swift」をリリースすると、全米カントリー・チャート1位を獲得。全米で500万枚以上を売り上げました。
なんて可愛いカントリーシンガーなのだろうと思った記憶があります。
テイラー・スウィフト(Taylor Swift)はシンガーとしてもソングライターとしてもすばらしい才能をみせてくれています。
カントリーソングからポップスまで幅広くこなし、常にランキングに入っているというのは彼女の音楽性の高さを証明しています。
ファッションセンスも高く、ステージ衣装だけでなく私服のセンスも抜群です。
彼女を参考に、クローゼットを開けたり閉めたりしている女の子たちが目にみえるようです。30代になり大人の女性として、今後の活動が楽しみです。

You Belong With ME

【公式】BLANK SPACEのPV動画はこちら>>

【公式】Tim McGrawのPV動画はこちら>>

デュア・リパ(Dua Lipa)

1995年8月イギリス・ロンドン出身のシンガーソングライター、ファッションモデル。
デュア・リパ(Dua Lipa)がデビューしたきっかけは、YouTubeに有名な曲のカバーを歌い投稿していて、それが大手レコードレーベルの目にとまったことでした。2015年にシングル「New Love」でデビューします。なんと、14歳頃から投稿していたらしいですよ。
デビュー後は徐々にその名が知られていきます。
2017年にデビューアルバム「Dua Lipa」をリリース。このアルバムに収録されている「New Rules」で大ブレイクします。
2020年3月にセカンドアルバム「Future Nostalgia」をリリースし、このアルバムがUKアルバム・チャートで1位を獲得します。
デュア・リパ(Dua Lipa)はこの年の8月にもマドンナとミッシー・エリオットをフィーチャーした「Levitating (feat. Madonna and Missy Elliott)」を発表します。

さらに、セカンドアルバム『Future Nostalgia』全編をRemixした作品『Club Future Nostalgia』をリリースします。この作品には星野源さんが参加しています。音楽の道を目指し15歳で単身ロンドンに来たデュア・リパ(Dua Lipa)は、その魅力的なハスキーボイスと自身の感性を生かし、たった数年で世界的なスターとしての地位を確かなものにしました。今後の活動も注目していきたいアーティストです。

New Rules

One Kiss

【公式】IDGAFのPV動画はこちら>>

Disclosure(ディスクロージャー)

1991年5月25日生まれのGuy Lawrence(ガイ・ローレンス)と、1994年5月11日生まれのHoward Lawrence(ハワード・ローレンス)の兄弟によって結成された、イングランドのサリー出身のダンス・ミュージックデュオです。2010年にシングル「Office Dexterity」でデビューします。
そして2012年リリースの「Latch feat Sam Smith」が全英チャートで最高11位にランクインしました。
そこから2年後の2014年には全米チャートで最高7位にランクインします。
2013年に1stアルバム「Settle」をリリースし、全英アルバムチャートで初登場1位を獲得しました。
2015年には2ndアルバム「Caracal」をリリースして、全英チャート1位、全米チャート9位を獲得します。
そして2020年、待望の3rdアルバム「Energy」をリリースしました。

Know Your Worth feat. Khalid

Latch feat. Sam Smith

【公式】Douha(MaliMali) feat. Fatoumata DiawaraのPV動画はこちら>>

Charlie Puth(チャーリー・プース)

Charlie Puth(チャーリー・プース)はアメリカのシンガーソングライターです。

2015年にメーガン・トレイナーをフィーチャリングした楽曲「Marvin Gaye」を発表し、Billboard Hot 100 では第21位を記録しました。
その後、ゲストとして参加したウィズ・カリファの楽曲「See You Again」がBillboard Hot 100 で通算12週第1位を獲得し、涙を誘うようなチャーリーの歌声も話題となりました。
2016年に発表のデビューアルバム「Nine Track Mind」は全米アルバム・チャートで第6位を記録し、2018年に発表の2ndアルバム「Voicenotes」は全米アルバム・チャートで第4位を獲得しました。
さらに「Voicenotes」は2019年のグラミー賞の「最優秀アルバム技術賞(ベスト・エンジニア賞)~クラシック以外」にノミネートされ、音楽制作や技術の観点からも高い評価を得ています。

We Don’t Talk Anymore (feat. Selena Gomez)

【公式】AttentionのPV動画はこちら>>

【公式】Call AwayのPV動画はこちら>>

Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)

2009年にアメリカ合衆国オハイオ州にて、Tyler Joseph(タイラー・ジョセフ)とNick Thomas(ニック・トーマス)、Chris Salih(クリス・サリフ)によって結成されたロックバンドです。
現在はTyler Joseph(タイラー・ジョセフ)とJosh Dun(ジョシュ・ダン)の2名で構成されています。
2009年に1stアルバム「Twenty One Pilots」、2011年に2ndアルバム「Regional at Best」を自主制作でリリースしますが、低迷が続きました。
2012年にアメリカのメジャーレーベルと契約し、2013年に3rdアルバム「Vessel」をリリースし、世界的にヒットします。
2015年にリリースの4thアルバム「Blurryface」は全米1位を獲得し、2017年の第59回グラミー賞では見事に最優秀ポップデュオ/グループ・パフォーマンス賞を受賞しました。

Stressed Out

【公式】HeavydirtysoulのPV動画はこちら>>

【公式】RideのPV動画はこちら>>

Ne-Yo(ニーヨ)

1979年10月18日にアメリカ合衆国アーカンソー州生まれで、ネバタ州ラスベガス育ちのR&Bシンガーソングライター兼音楽プロデューサーです。
2006年、1stアルバム「In My Own Words」を、2007年には2ndアルバム「Because Of You 」、続いて2008年に3rdアルバム「Year of the Gentleman」をリリースします。2008・2009年の第50回・51回グラミー賞で3部門受賞しました。
Rihanna(リアーナ)をはじめ多くのアーティストへの楽曲提供や、Beyonce(ビヨンセ)との共同作曲など数々の名曲を生み出すソングライターとしての一面も持ち合わせています。

Because Of You

【公式】Sexy LoveのPV動画はこちら>>

【公式】Champagne LifeのPV動画はこちら>>

Nickelback(ニッケルバック)

カナダのロックバンドで1995年に結成されました。1999年にメジャーデビューを果たします。

※ロックバンドですが人気がとても高いのでPOPに含めています。2001年にリリースしたシングル「How You Remind Me」が大ヒットしました。
2005年にリリースされた5thアルバム「All The Right Reasons」が全世界で累計1900万枚のセールスを記録します。
2020年には「All The Right Reasons 15th Anniversary Expanded Edition」が15周年を記念して発売されました。
全世界で5000万枚以上のセールスを記録し、アメリカでは21世紀でThe Beatles(ビートルズ)に次いで2番目に売れた海外アーティストとなっています。

How You Remind Me

【公式】PhotographのPV動画はこちら>>

【公式】Far AwayのPV動画はこちら>>

バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)

1999年リリース「I Want It That Way」の大ヒットで有名になりました。この曲は2000年のグラミー賞で3部門にノミネートされています。
1993年に結成されたバックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)は、アメリカの5人組男性アイドルグループ。その美しい歌声で世界中の若者の心をとりこにしました。

・ニックは、メンバー1のイケメン。結構もてていたみたいです。
・ケヴィンは、グループの最年長メンバー。一度脱退しますが、数年後グループに復帰します。
・ハウィー・D.は、メンバーで一番、日本との繋がりが深く、ゴスペラーズ、BoA、などの日本のミュージシャンとコラボしたことがあります。
・A.J.は「ジョニー・ノーネーム」という別名を持っていて、バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)のメンバー意外と活動するときに使用しています。
・ブライアンは、デビュー後の1998年に持病の心臓病が悪化し手術を受けています。幸い手術は無事の成功し、現在も勢力的に活動しています。
デビュー当時は10代・20代のアイドルグループとして活動しはじめましたが、現在は40代になりそれぞれ家庭を持ち、大人の魅力が感じられるようになりました。今後の活動もたのしみです。

I Want It That Way

【公式】EverybodyのPV動画はこちら>>

【公式】Straight Through My HeartのPV動画はこちら>>

バナナラマ(Bananarama)

80年代のユーロービートと言えばなんといっても、「バナナラマ(Bananarama)」ですよ。

彼女たちのキュートな歌声とビジュアルは、当時の若者たちを魅了しましたよね。
バナナラマ(Bananarama)といえば「Venus」です。世界的な大ヒット曲になりました。不思議なことに、今聞いても古い感じがしません。
日本ではバブル絶頂期の1980年代後半、ディスコブームに乗り大ブレイクしました。
「Venus」のオリジナルはオランダのロックバンド『ショッキング・ブルー』が、1969年に発表した曲で、こちらも当時大ヒットした曲です。
バナナラマ(Bananarama)は1981年イギリス・ロンドンで結成された女性3人組のポップ・コーラス・グループ。
カレン、サラ、シヴォーンの3人は、平日会社で働き、休日にパブやクラブで歌っていました。
クラブのDJがレコード会社に彼女たちを推薦したことで、81年にデビュー。その後は1983~1988年のあいだに数々のヒット曲を連発しています。
そんな中、途中でメンバー交代もありましたが。最終的には幼なじみのカレンとサラの2人で活動を続けています。
楽しくなるし、ごきげんな曲ばかりの「バナナラマ(Bananarama)」は、いつ聞いても私達をバブルの頃につれていってくれます。

I Want You Back

【公式】I Heard A RumourのPV動画はこちら>>

【公式】Love In The First DegreeのPV動画はこちら>>

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)

2019年リリース「bad guy」の大ヒットで世界中から熱い注目を浴びている、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)。
同年「WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」を発売し、アメリカやイギリス、さらにヨーロッパの地域などのアルバム・チャートで第1位に輝きます。またこの時、5thシングルの「bad guy」を同時にリリースし、全米シングル・チャート第1位を獲得しました。
彼女が18歳の時に迎えた第62回グラミー賞では、最優秀新人賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀アルバム賞、そして最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞し、史上最年少で主要4部門を含む5冠を達成するいう記録を生み出しました。
2021年の第63回グラミー賞でも最優秀レコード賞、さらに最優秀映像作品賞を受賞しています。同年には彼女のドキュメンタリー映画も公開され、破竹の勢いで活躍するアーティストとなっています。ちょっとぶかぶかのファッションと、ころころと変わるカラフルな髪色がトレードマークの女の子です。11歳から楽曲作りを開始。2016年に「Ocean Eyes」をリリースしました。
デビューのきっかけは、13歳の頃(2015年)にSoundCloud(サウンドクラウド)(※世界最大級の無料音楽ファイル共有サービス)に、「Ocean Eyes」を投稿したことで注目を集めました。
すぐにレコード会社の目に留まり、翌年にはリリースされるという、なんともスピーディーなデビューです。
この曲は、彼女のお兄さんであるフィニアス・オコネルが作詞・プロデュースを担当しています。

ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)の家族は芸能一家で、お兄さんがバンド活動していたこともあり、早くから楽曲制作を積極的にやっていたそうです。そうしていくうちに、今の彼女のスタイルができあがったのでしょうね。
聞けば聞くほど、彼女の歌声によって「じわじわ」と彼女の世界観に引き込こまれていくこと、まちがいなしです。

Bellyache

【公式】when the party’s overのPV動画はこちら>>

【公式】ocean eyesのPV動画はこちら>>

P!nk(ピンク)

P!nk(ピンク)はアメリカのシンガーソングライターです。
10代の頃、LA Face というレコード会社の社長である、LA.リードと出会ったことでデビューをします。

2000年に発売したアルバム「Can’t Take Me Home」はアメリカのビルボード・アルバムチャートで59週連続のランクインを記録しました。
2003年発表の「Trouble」はグラミー賞を獲得したり、2013年に発表した「Just Give Me a Reason」は全世界で第1位を獲得するなど、様々なヒットソングが生まれています。
また2019年には、エンターテイメント界で活躍した人物の名前が刻まれているハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにその名が刻まれるなど、エンターテイメント界を盛り上げた人物だと言えます。

Trouble

【公式】Just Give Me A Reason ft. Nate RuessのPV動画はこちら>>

【公式】So WhatのPV動画はこちら>>

Blue( ブルー)

Blue( ブルー)はイギリスの4人組グループです。メンバーはアントニー・コスタ、ダンカン・ジェイムス、リー・ライアン、サイモン・ウェブです。

2001年にデビューシングルの「All Rise」を発表し、イギリスのチャートで初登場第4位、その後は5週連続で第1位を獲得しました。
後に発表したデビューアルバムの「All Rise」は、イギリスのデイリー・スター紙が選ぶベスト・バンド賞やイギリスのラジオ番組であるペプシ・チャートでベスト・ニュー・カマー賞に選ばれるなど、周囲から高い評価を得ました。
日本では、2003年に槇原敬之がブルーのために書き下ろした「The Gift」が有名で、日本の結婚式で使用された楽曲で第2位になっています。
2021年に20周年を迎えた彼らは、「The Gift」を日本のために再レコーディングし、新バージョンを公開しています。

The Gift (20th Anniversary)

【公式】All RiseのPV動画はこちら>>

【公式】Sorry Seems To Be The Hardest WordのPV動画はこちら>>

Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー)

Fifth Harmony(フィフス・ハーモニー)はアメリカの4人組ガールズグループです。
イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」のアメリカ版がきっかけで誕生しました。
メンバーはアリー・ブルック、ノーマニ・コーディ、ローレン・ハウレギ、ダイナ・ジェーンです。
デビューシングルの「Miss Movin’ On」はBillboard Hot 100で第76位、そして50万以上のデジタルダウンロードを記録しました。
2015年に発表した楽曲「Worth It ft. Kid Ink」は Billboard Hot 100で第12位を記録、さらに8ヵ国で上位10位にランクインするなど、世界的なヒット作を生み出しました。この楽曲を含むアルバム「Refletion(Japan Deluxe Edition)」で日本デビューを果たし、日本公演も行っています。
彼女達は確かな歌唱力を持っており、21世紀を代表する本格派ガールズグループと言われています。

Worth It ft. Kid Ink

【公式】That’s My GirlのPV動画はこちら>>

【公式】BO$$のPV動画はこちら>>

Florence + The Machine(フローレンス・アンド・ザ・マシーン)

1986年8月28日、イングランドのロンドン生まれのシンガーソングライターFlorence Welch(フローレンス・ウェルチ)を中心としたバンドです。

2007年に結成され、2009年にリリースの1stアルバム「Lungs」は、全英アルバムチャートで5週連続2位を記録し、2010年に1位を獲得します。
2011年に2ndアルバム「Ceremonials」、2015年には3rdアルバム「How Big, How Blue, How Beautiful」、2018年に4thアルバム「High as Hope」がリリースされました。

Shake It Out

【公式】Never Let Me GoのPV動画はこちら>>

【公式】What The Water Gave MeのPV動画はこちら>>

Phoenix(フェニックス)

フランスのヴェルサイユで育った幼馴染4人組のロックバンドです。
1999年にリリースしたシングルで注目を集め、2000年に1stアルバム「United」をリリースしました。
2004年に2ndアルバム「Alphabetical」、2006年には「It’s Never Been Like That」をリリースします。
そして、2009年の4thアルバム「Wolfgang Amadeus Phoenix」をリリースし、2010年の第52回グラミー賞において最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞しました。フレンチアーティストがこの賞を受賞したのは彼らが初めてのことでした。
2013年に5thアルバム「Bankrupt!」、2017年には6thアルバム「Ti Amo」をリリースしました。

Lisztomania

【公式】If I Ever Feel BetterのPV動画はこちら>>

Beyonce(ビヨンセ)

1981年9月4日に、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンで誕生しました。本名はBeyonce Giselle Knowes(ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ)です。
1997年にDestiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)のメンバーの1人としてデビューしました。
2002年に「Work It Out」でソロ・デビューします。そして、2005年にDestiny’s Childの解散発表がありました。
2010年の第52回グラミー賞では、女性アーティスト史上最多新記録の6部門獲得します。
2021年の第63回グラミー賞で、28個目のグラミー賞を受賞し、女性アーティストの最多受賞記録保持者となります。

Run the Wold(Girls)

【公式】Love One TopのPV動画はこちら>>

【公式】FormationのPV動画はこちら>>

BTS

2013年にデビューしたK-POPグループBTS(防弾少年団)です。
韓国出身の7人組のボーイズグループでシングル「NO MORE DREAM」でデビューしました。

メンバーは、RM(アールエム)、JIN(ジン)、SUGA(シュガ)、J-HOPE(ジェイホープ)、V(ヴィ)、JMIN(ジミン)、JUNG KOOK(ジョングク)の7人です。
2014年には、「NO MORE DREAM-Japanese Ver-」で日本デビューを果たします。
世界各国でも人気を集め2018年には、世界の15都市で32公演にもおよぶワールドツアーもおこなわれました。
2021年の第63回グラミー賞では、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス部門に、アジア人歌手としては初めてノミネートされました。

Blood Sweet & Tears

【公式】DNAのPV動画はこちら>>

【公式】Not TodayのPV動画はこちら>>

Black Pink(ブラック・ピンク)

Black Pink(ブラック・ピンク)は、韓国の芸能プロダクションであるYGエンターテインメント所属、K-POPガールズグループです。

メンバーは、JENNIE(ジェニー)、LISA(リサ)、JISOO(ジス)、ROSE(ロゼ)の4人です。
2016年に1stシングルアルバム「SQUARE ONE」をリリースし、その収録曲、「BOOMBAYAH」と「WHISLE」の2曲でデビュー をしました。
2017年に日本でのデビューは、新人としては異例となる日本武道館でのデビューショーケースが開催されました。
2019年には「KILL THIS LOVE」がリリースされ、公式MVでの再生回数1億回を史上最速で突破したことで話題となりました。また、「DDU-DU DDU-DU」のMV再生回数は10億回を突破しました。
2020年リリースの1stフルアルバム「The Alubm」は、米ビルボードで初登場2位を記録し、韓国の女性グループとしては過去最高位を記録しました。
2021年に日本1stフルアルバム「The Album-JP Ver.-」がリリースされました。

DDU-DU DDU-DU

【公式】KILL THIS LOVEのPV動画はこちら>>

【公式】HOW YOU LIKE THATのPV動画はこちら>>

ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)

「あっ!ミニオンの人だ」2013公開の「怪盗グル―のミニオン危機一発」に使われた曲「Happy」で、ファン以外からも知られることになりました。
この曲はいろんな場所で耳にするようになりましたね。ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)は、1973年4月生まれ。

アメリカ・バージニア州出身の歌手、プロデューサー、ファッションデザイナーです。
プロデュースチームの「ザ・ネプチューンズ」や音楽グループ「N.E.R.D」のメンバーで、2006年ソロデビューしました。
ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、とにかく肩書が多い。少しですが紹介しますね。
音楽プロデューサーとしては、ブリトニー・スピアーズやネリー、エド・シーラン、などなど、たくさんのアーティストと関わっています。
他にもNBAシミュレーション・ゲーム・シリーズの『NBA 2K15』でBGMの選曲を担当。
ファッションデザイナーとしては、自身のブランド「ビリオネアボーイズクラブ」、シューズブランド「アイスクリーム」を設立し、ファッションビジネスもかなり真剣です。さまざまな肩書を持つ実業家といったところでしょうか。
意外なところに「ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)」の名前が記載されているかもしれませんね。

Happy

【公式】I See a VictoryのPV動画はこちら>>

【公式】Marilyn MonroeのPV動画はこちら>>

ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)

2010年7月にリリースしたファーストシングル「Just The Way You Are」のヒットでその名を知られるようになりました。
今では、独特な甘い歌声で世界中のファンを魅了する人気シンガーになりましたね。
ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)はアメリカ・ハワイ出身のシンガー。

幼い頃から家族と一緒にナイトクラブのステージに出演していました。エルヴィス・プレスリーやマイケル・ジャクソンの物真似が得意で、人気もあったそうです。高校卒業後ロスアンゼルスに移住し、プロデューサー・チーム「ザ・スミージントンズ」を結成します。
2009年にヒットしたフロー・ライダーの「Right Round」を手掛け人気チームになります。
2010年に自身のファーストアルバム「Doo-Wops & Hooligans」を全米発売。
2011年のグラミー賞では6部門でノミネートされ、なんと「最優秀男性ポップ・ヴォーカル賞」受賞。
その後はグラミー賞を11回受賞、ギネス世界記録を2つ獲得しています。
ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)は、今や『世界一のメロディ・メイカー』として不動の地位を確立しいています。
ちょっと懐かしい70~80年代のR&Bからの影響が強いのかなとも思います。なので、若い世代から大人世代まで幅広いファンから支持されています。

Just The Way You Are【公式】Marilyn MonroeのPV動画はこちら>>

24K Magic

【公式】Talking To The MoonのPV動画はこちら>>

Mark Ronson(マークロンソン)

Mark Ronson(マークロンソン)はイギリスのDJ、シンガーソングライター、音楽プロデューサーです。
2007年には、ダニエル・メリウェザーをフィーチャリングした楽曲「 Stop Me 」やエイミー・ワインハウスをフィーチャリングした楽曲「 Valerie 」がイギリスの音楽チャートで2位を獲得しています。マークロンソンをさらに有名にしたのが、2015年に発表したアルバム「Uptown Special」です。
このアルバムにはブルーノ・マーズをフィーチャリングした有名曲「Uptown Funk」が収録されています。
こちらの楽曲は全米チャートで14週連続1位、グラミー賞を2つ受賞、さらに2015年に最も売れたシングルという称号を獲得するなど、大人気ヒットソングとなりました。

Uptown Funk ft. Bruno Mars

【公式】Nothing Breaks Like a Heart ft. Miley CyrusのPV動画はこちら>>

【公式】Stop Me ft. Daniel MerriweatherのPV動画はこちら>>

Maroon 5(マルーン5)

Maroon 5(マルーン5)はアメリカで結成されたバンドです。

もともとは現メンバーの一員であるアダム・レヴィーンとジェシー・カーマイケル、脱退したライアン・デューシックとミッキー・マデンが立ち上げたバンドで、カーラズ・フラワーズという名前で活動していましたが、2001年にジェームス・バレンタインが加入したのを機に、バンド名をマルーン5と改名しました。
現在はサム・ファーラーとマット・フリン、PJモートンが加わっています。
デビューアルバムの「Songs About Jane」は最初は注目されなかったものの、徐々に人気を獲得していき、発売から2年を経てBillboard 200で第6位を記録するまでになりました。
ヒットソングやアルバムを多く生み出しファンを増やしていった彼らは、トータルセールス1億1000万枚を記録し、2018年にウォール・ストリート・ジャーナルが発表した「史上最も人気のある100のロックバンド」で第14位になっています。

Sugar

【公式】Girls Like You ft. Cardi BのPV動画はこちら>>

【公式】One More NightのPV動画はこちら>>

マドンナ(Madonna)

1958年8月生まれ。アメリカ・ミシガン州出身のシンガー・ソングライター、女優、映画監督。
1982年デビューアルバム「Madonna」は、全世界で1000万枚のヒットを記録。

デビュー早々いきなり世界的な注目を集めました。1984年リリースした「Like A Virgin」が大ヒットし一躍「ポップの女王」として、人気を集めました。
そして現在、60代に入ってもまだまだ綺麗でパワフルなマドンナ(Madonna)です。
キャリアが長いだけあって、数々の賞にノミネートされたり、受賞したりしています。
有名なところでは、グラミー賞。ノミネート28作品。そのうち7作品が受賞。
映画関係ではアカデミー賞。1991年に、映画『ディック・トレイシー』に使われた曲「Sooner or Later」が歌曲賞を受賞。
また、この授賞式のあと「マイケル・ジャクソン」と「最高のデート」をしたとか。数年後のインタビューで話してくれています。
夢のような話で、どんなデートなのか想像もできません。
デビューしていきなり世界的なスターとなり、走り続け、今もトップに君臨しているマドンナ(Madonna)。
私達が知っている話題だけでも十分『波乱万丈な人生』を力強く生きてきたマドンナ(Madonna)。
これほど長く活躍しているということは、本当にすごいことですね。

Like A Prayer

【公式】Express YourselfのPV動画はこちら>>

【公式】Like a VirginのPV動画はこちら>>

Rihanna(リアーナ)

Rihanna(リアーナ)は、バルバトス出身のシンガーソングライターです。

彼女は15歳の時、休暇でバルバトスに訪れていたニューヨークの音楽プロデューサー、エバン・ロジャーズとカール・スターケンに出会い、彼らの協力もあってレコード会社と契約を結びます。
リアーナは2005年に発表したシングル曲「Pon de Replay」でアメリカとイギリスのシングルチャートで2位を記録します。
リアーナをさらに有名にしたのは、2007年に発表されたアルバム「GOOD GIRL GONE BAD」に収録されている「umbrella」という楽曲です。
この楽曲は全米のビルボード・チャートを52週連続で独占するなど大ヒットを記録し、グラミー賞も受賞しています。
この他にもグラミー賞8回、ビルボード・ミュージック・アワードを14回受賞しており、「史上最も売れたデジタルアーティスト」と言われています。

Umbrella

【公式】Pon de ReplayのPV動画はこちら>>

【公式】DiamondsのPV動画はこちら>>

Lorde(ロード)

1996年11月7日、ニュージーランドのオークランド生まれのシンガーソングライターです。
本名はElla Marija Lani Yelich-O’Connor(エラ・マリヤ・ラニ・イェリッチ=オコナー)です。
13歳でユニバーサルミュージックと契約します。2013年のデビューシングル「Royals」で、全米・全英の
シングルチャート1位に輝きました。同年に1stアルバム「Pure Heroine」をリリースします。
2014年の17歳のときに、第56回グラミー賞で4部門にノミネートされ、2部門を受賞しました。
2017年に2ndアルバム「Merodorama」がリリースされ、2018年の第60回グラミー賞では最優秀アルバム賞にノミネートされます。
2021年8月20日に待望の3rdアルバム「Solar Power」がリリースされました。

Green Light

【公式】Royals (US Version)のPV動画はこちら>>

レディー・ガガ(Lady Gaga)

2008年8月アルバム「The Fame」でデビュー。
このアルバムに収録されている「Just Dance」「 Poker Face」は世界中のチャートで1位を獲得しました。

レディー・ガガ(Lady Gaga)はアメリカ・ニューヨークの出身のシンガーソングライター。
2003年、ライヴステージを務めながら、ニューヨーク大学芸術学部に入学。20歳の頃レコード会社と契約し、初めのうちは専属のソングライターとして、同じレーベルのアーティスト達に曲を提供していました。
2008年にはアーティストとしても契約します。そのことでエイコンの目に止まり、彼女のボーカルとしての能力が認められ、エイコン自身のレーベルに迎え入れられてのメジャーデビューとなります。
レディー・ガガ(Lady Gaga)といえば、ファッションやメイクでも注目をあびていますよね。
独特のセンスで着こなすレディー・ガガ(Lady Gaga)のファッションスタイルは、いつも私たちを楽しませてくれます。
彼女のリクエストに応じて対応しているのは「ハウス・オブ・ガガ」と呼ばれるファッションやヘア&メイクのスペシャリスト軍団。さぞかし凄腕の方々がそろっているんでしょうね。本物のエンターテイナーとして、まだまだ私たちを楽しませてくれそうです。

Born This Way

【公式】Million ReasonsのPV動画はこちら>>

【公式】Rain On MeのPV動画はこちら>>

OneRepublic(ワンリパブリック)

2002年にアメリカ合衆国コロラド州コロラドスプリングスで結成されたポップ・ロックバンドです。

※ロックバンドですが非常に人気でPOPアーティストともコラボしているのでPOPにも含めています。
2007年にメジャーデビューし、1stアルバム「Dreaming Out Loud」をリリースしました。
2009年開催の第51回グラミー賞に、1stシングル「Apologize」がノミネートされて、大ヒットします。
同年に2ndアルバム「Waking Up」をリリースします。2013年に3rdアルバム「Native」、2016年には4thアルバム「Oh My My」がリリースされました。
この4枚目のアルバムは、全米アルバムチャートで過去最高の3位を獲得します。
そして5年ぶりとなる、2021年8月27日に5thアルバム「Human」がリリースされました。

Counting Stars

【公式】ApologizeのPV動画はこちら>>

【公式】SecretsのPV動画はこちら>>

ワン・ダイレクション(One Direction)

2010年にデビューした、イギリス・アイルランド出身のメンバーで結成されたボーイズグループ「ワン・ダイレクション(One Direction)」ですが、ただいま活動休止中です。

イギリスが生んだ21世紀最大のボーイズグループ「ワン・ダイレクション(One Direction)」として結成以来、世界各国で社会現象を巻き起こしました。
どこに行っても「キャーッ!キャーッ!」いわれ、それはもう大変な騒ぎでした。
彼らはイギリスのオーディション番組で出会いました。それぞれ別々に出場していたのですが、プロデューサーのひと声で、グループを結成することになります。
デビュー・アルバムの「Up All Night」はイギリス出身アイドルのデビュー・アルバムとして、ビルボードチャートで1位を獲得。その後はシングル、アルバムとも次々と大ヒットを連発していきます。
結成10周年を迎えた2020年7月には、彼らの活動をまとめた公式映像『10 Years of One Direction』が公開され、メンバー4人がツイッターやインスタグラムでファンへの感謝のメッセージを投稿しています。活動休止中なのに、こういった対応をしてくれるなんて、ファンとしては感涙ものです。

STORY OF MY LIFE

【公式】HistoryのPV動画はこちら>>

【公式】18のPV動画はこちら>>

まとめ:世界で人気のPOPアーティストを知ろう

いかがだったでしょうか?
POPの中でもジャンルや特徴ががそれぞれ違い、気分やシーンに応じて楽しむ曲も変わってくると思います。
レゲエ、ロック、カントリー、ラップ、HIP HOP、EDM、R&Bなど様々なジャンルとかけ合わさって進化しています。
更に驚くことは韓流のアーティストもビルボードの上位に出てくるなど、国や地域もいろいろクロスオーバーしており、どんどん進化しています。
この記事を読んでいただき、お気に入りのアーティストを見つけることにお役に立てれば幸いです!

洋楽魂LINE登録バナー

最初のコメントをしよう

必須